スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- --:-- | スポンサー広告
ヴァン・モリソン、プリンス、でもダメだった/FUJIROCK'06

「迷った。本当はヴァン・モリソンを考えてたんだが」「ひとつはプリンス。でも、ダメだった。」(FUJIROCKERS.org)


いやはや。ちょっと前の記事ですが、ヴァン・モリソンにプリンスだぁ?おいおい、そんなん超ステキじゃねえか!超ステキだけど、夢は夢のままで、結局かなうコトはありませんでした…。まあソレはソレとして、FUJIROCK'06第7弾出演者が正式に発表されましたねえ。今回の目玉はなんと言っても、なんと言おうと電気グルーヴでしょうなあ。

で、早速第7弾のご紹介…、といく前に、しばし冒頭のorgインタビューを。大トリ=ストロークスをフジ系列のスポーツ新聞&テレビにすっぱ抜かれたorg、事前に「すっぱ抜き返し」を予告していた通り、なかなか気合の入った内容ですね。中でも大トリ決定の裏話が興味深い。小粒だの新鮮味が無いだの言われている今年のFUJIですが、水面下ではイロイロやってたんですな。ヴァン・モリソンにプリンスですよ?更に2組ほど候補がいたようですが、ウワサの流れていたデビッド・ボウイも含まれているんでしょうかね。メンバー的には入ってた可能性も十分ありますな。うわあ、この3組が3日間やりゃあイイのに。イイのに、っつっても結局来ないんだから仕方ないですけど。んで、ストロークスに関しては、他候補からなかなか色好い返事を得られない中、悩んだ末に逆オファーに乗ったってカンジみたいですね。にしても、プリンスも観たいですが、ヴァン・モリソン来てたらねえ?キャリア40年にして、未だ来日経験ナシ、そして今後も恐らく来日ナシの「最後の大物」ですよ。カナリ話題になってたでしょうな。文字通りの一生ものだったんですけどねえ。

というコトで、かなわなかった夢をいつまでも語ったトコロで仕方あるめえ。第7弾出演者は以下の通りでございます。

電気グルーヴ
STORY OF THE YEAR
BAXTER DURY
FRONTIER BACKYARD
CONGO NATTY feat. REVEL MC
BIRDY NAM NAM
DJ BAKU
JENNY LEWIS
ハリー・ホソノ・クインテット
THE THRILL
Anais

電気グルーヴには期待がかかりますな。今年は6年ぶりの新譜を予定しているというコトで、確実にナイスステージを演出してくれるコトでしょう。レッチリ前のグリーン。ホワイトのトリあたりで観たい気もしますが、どこぞの何J.OZMAや何maru GTよりもアゲアゲで上々↑↑なライブをガッツリ決めて欲しい。

JENNY LEWIS、一瞬Jerry Lee Lewisかと思って↑↑ですよ。POSTAL SERVICEにヴォーカル参加してた人ですね。ソロ作は聴いてないんですが、声がステキって印象。ホント「柔らかい」という表現がシックリきます。苗場で観るにはもってこいでしょうな。晴れてさえくれてれば…

THE THRILL、一瞬THE THRILLSかと思って(´Д`;)ハァハァですよ。アイルランドのメロディーメーカーズじゃなくて、日本を代表するビッグ・ジャズ・バンドの方ですね。ソレはソレで(゜∀゜)ノキュンキュン!ですな。渋さ知らズもそうですが、苗場の開放的な空気にはこういうバンドが映えますよね。100%楽しいライブになるでしょうな。

Baxter Duryは知らない人でしたが、かのIan Duryの息子さんらしいですね。かの“Sex,Drags&Rock'n Roll”はこのパパDuryのアルバムですわい。パブロックの代表的存在であり、パンクの祖とも言われるパパの血を引いたBaxterさんですが、彼の音は浮遊感のあるサイケデリックなカンジみたいですね。ポーティスヘッドやパルプ、スピリチュアライズドといったバンドのメンバーが周辺にいるようで、それだけでも稀有の才能を持っているコトがうかがい知れます。個人的にはかなり気になる存在。

その他第7弾出演者に関してはそのうちorgで特集するでしょ、ってコトで割愛。今回は更にROOKIE A GOGO!15組も決定しています。我らがビイドロの名が無いのですが、どうなんでしょうか。まだ1枠空いているので、逆転ホームランに期待ですよ。ちなみにorgではROOKIE特集の予定もあるようなので、例年予備知識が薄くなりがちなROOKIE対策も今年は万全ですな。んで、その他プチ情報としてMoon Caravanが復活、しかもタダ!ってな話やホワイトステージのスクリーンに流す映像の募集なんかも発表されてます。まあね、誰がなんと言おうと、日本のフェスでいえばFUJIが最高なのは目に見えてますから、後は追加出演者に一喜一憂しつつ、指折り数えてその日を待つだけです。みなさん、準備はもう…出来てますよね?

電気グルーヴとはどんなミュージシャンか?と問われるトキが来たら、こいつを聴かせてやればよい。2枚組の2枚目の方を特に。聴かされた方は大いに悩むコトでしょう。
B0001FAAYKSINGLES and STRIKES (CCCD)
電気グルーヴ
ソニーミュージックエンタテインメント 2004-03-24

by G-Tools

JENNY LEWISのソロデビュー作。調べたらRilo Kileyのヴォーカルやってたんですね。って言うか、Rilo Kileyのヴォーカルがソロデビューって方が正しいのか。音はRilo Kileyよりもポップ寄りみたいですね。再度繰り返しますが、声がステキ。
B000CQQHPYRabbit Fur Coat
Jenny Lewis with the Watson Twins
Team Love 2006-01-24

by G-Tools

名盤との評価を受けるBaxter Duryの2nd。聴いてみたいなあ。
B0007L7TP6Floor Show
Baxter Dury
Rough Trade 2005-08-22

by G-Tools

スポンサーサイト
2006-06-02 02:32 | FUJI日記 | Comment(0) | Trackback(0)
すっぱ抜きつ抜かれつ/FUJIROCK'06

ひゃあぁぁぁ… すっぱ抜かれました……(FUJIROCKERS.org)


驚きましたねー。まさかドコよりも先に「めざましテレビ」でFUJIの大トリを知るコトになるとは。ホントひゃあぁぁぁ…ってカンジでした。冒頭の記事を読む限り、orgの人たちも寝耳に水ってトコだったんでしょうか。まあ、FUJIのすっぱ抜きがテレビや新聞で報道されたりyahooのヘッドラインに流れたりするんだから、世間的な認知度、関心度も大したもんだと思います。

しっかし、ストロークスでしたかあ。こりゃ意外というか、正直アレっていうか…。初日にフランツ・フェルディナンドをブッキングしてますので、ある意味、全3日間のうち2日のトリが「大抜擢」枠ってトコでしょうか。こうなると逆にレッチリが浮いてしまってるような。いっそのコトハイヴスとかが2日目に来てたらシックリいくのに。まあ去年のグラストンフェスもトリはキラーズでしたから、別に格がどうこうっていうものじゃあないのかもしれませんが、にしてもストロークスは予想外でしたな。10周年ってのもあるんで、ぶっちゃけもっとビッグネームがセットされるもんだと思ってました。ソレこそ去年ポシャったボブ・ディランや、招聘のウワサがあったデビッド・ボウイ、新譜絡みでガンズ、レディオヘッドあたり。それともアレでしょうか、ケミカル・ブラザースじゃなくて良かった、と思うべきなんでしょうか。

別にストロークスは嫌いじゃない、つーかスキな方ですけど、FUJIのトリってのはまだ荷が重過ぎる気が。ホワイト・ストライプスには随分差をつけられた感もありますし…でもフランツと比べてどうか?っていうと妥当なような…。うーん、難しい。例えばロッキンオンフェスでビートクルセイダーズがトリを取るとしたらどうか?サンボマスターと比べるのはアレな気がする、けど初日のトリはレミオロメンだしなあ…みたいな感覚?違う?違うっていうか例えになってませんよね。ビークルはトリを取りませんし、取れませんし。エロバンドですからね。まあソレは置いておくとして。だ。

公式発表はまだですけども、とにかくストロークス。以前サマソで観たときは正直イマイチだったんですが、本来ポテンシャルはガンガンあるバンドですし、1stの頃の輝きっぷりは近年マレに見るものがありましたので、決して落胆するようなものではありませんね。確実にカッコいいライブを見せてくれるハズ。最新作の3rdでは結構いろんなコトにチャレンジしてて、バンドとしての奥行きも見せてくれました。最初はメンツが微妙だと思ったけど、終わってみたら大満足、みたいな、そんなFUJIになると思います。まあそもそもFUJIの魅力はメンツじゃありませんのでね。あの苗場の空気を吸えば、何もかもどうでも良くなってビール飲んで川で遊んで昼寝して、気がついたら星空の向こうからナイスミュージックが漏れてくる…っていうあの感覚は、何物にも代えがたいものがありますよ。ホントに。

で、ストロークスに関してはひゃあぁぁぁ…ってなっちゃったorgですが、当然このままで終わるワケが無く、近日中の「すっぱ抜き返し」を宣言してますので期待して待ちましょ。んで、ソレと同時に先ほどラジオで流れたバカリの第6弾発表が早くもupされております。ストロークスも含め全18組。orgでは何やらよく分からんクロスワードみたいなカタチになってますが(つーか最近orgはハッキリ名前を出さずにヒントだけ出してAmazonに飛ばそうとしたり、こういうのココロから鬱陶しいと思う)、ご紹介いたしましょ。

THE STROKES
BLACK BOTTOM BRASS BAND
THE COOPER TEMPLE CLAUSE
DIRTY PRETTY THINGS
MADNESS
TOMMY GUERRERO
MARTHA WAINWRIGHT
SANDII
SAKEROCK
10-FEET
BACK DROP BOMB
RYUKYUDISKO
ROCK'N ROLL GYPSIES
BIG WILLIE'S BURLESQUE
FISHMANS
ORSON
THE RACONTEURS
TRANSIT KINGS

だそうで…。だそうで、ってネットで見つけてきたんですけど。ラジオ聴くの忘れちゃいましたテヘ♪その上orgのあんなのに付き合う気も無く。いやはやイイメンツ。イイメンツじゃないですかねコレ?TOMMY GUERREROは去年がサマソの海で、今年がFUJIの山ですか。過去素晴らしいライブをみせたコトも、キャンセルかましたコトもあるTHE COOPER TEMPLE CLAUSEは注目ですね。THE RACONTEURSはストライプスのジャックのバンドですな。音は聴いたコトないんですが、どうなんでしょう?SAKEROCKやRYUKYUDISKOはFUJIの出世街道を驀進中ですねえ。何にせよ、ややマイナー目に入ってきたこのあたりの発表からが面白いですな。

今年はウドーストックがリニューアルしてますし、サマソもますますパワーアップ。でもFUJIROCKってのは日本の夏フェスを引っ張ってきた存在なワケですから、10周年という節目の年はあくまでも節目として記憶されるべきものであって、コレからのますますのご発展をココロから願うばかりでございます。アレですよ、僕はいつ如何なるときも、誰の前でも言えますよ。FUJIROCK最高!って。そういうフェスであり続けてくれるコトを信じていますし、信じるまでもなくそういうフェス。今年もアツくなりそうですな!

当時、このアルバムを聴いて「何かショボい。音スカスカだし。」って感想を漏らした友人に「お前は音楽的にイ○ポだから○ンポ切っちまえ。」って言った覚えがあります。ちなみに椎名林檎の1stに関しても似たような逸話があるような無いような。音楽が絡まなければこんな暴言を吐くような人物じゃありませんですコトよ、僕は。
B00005MI8Dイズ・ディス・イット
ザ・ストロークス J.カサブランカス
BMG JAPAN 2001-08-22

by G-Tools

2006-05-14 23:51 | FUJI日記 | Comment(6) | Trackback(0)
フジヘッドライナーズカップ(GⅠ)/FUJIROCK'06

今年で10周年を迎えるFUJIROCK。スデに第5弾までの出演者、そして日割りも発表され、28日(金)はFranz Ferdinand、29日(土)はRED HOT CHILI PEPPERSがヘッドライナーを務めるコトが明らかになっていますが、30日(日)のトリ、つまり大トリだけが今のトコロ不明となっておりますね。やはり皆さん気になるご様子で、2chの「フジロッカースを潰すスレ」でも喧々諤々の議論が繰り広げられております。

で、その「フジロッカースを潰すスレ」で面白いものを見つけました。無断で勝手に紹介するのもアレですが、FUJIROCK'06の大トリ候補によるフジヘッドライナーズカップ(GⅠ)でございます。全18頭フルゲートで開催されるこのレース。♪パーッパパパーパパパー(パパパパーン)、コチラがその馬柱でございますよ。マサに国際GⅠの名に相応しい各国の精鋭がが揃っております。この表でいうと、本命プライマル・スクリーム、対抗にケミブラ、差が無い三番手にイマワノキヨシロー、妙味があるトコロはアンダーワールドでしょうか?つーかコメント欄が面白過ぎ。マニックス「条件合わず」、アンダーワールド「またおまえか」、パールジャム「ギャラ高い」、あたりがイイトコついてますねえ。個人的にはケミブラこそ「またおまえか」ですが。

とはいえ、ココに挙がってるメンツの中から本当に登場するとなると、正直厳しいのも確か。タダでさえ、世間的には今年のFUJIはイマイチだ、みたいな空気がありますし。まあFUJIの魅力は出演者というよりあの独特の雰囲気にあるので、あんまり出演者どうこうって気にはなりませんが。しかし、規模が大きくなるにつれ、その雰囲気が変わってきているのもまた事実。グダグダ言う気はありませんけど、昔は良かったなあ、みたいに思うコトもあります。って、何か分かってる/分かってないみたいなコトを言ってる自分は何様だ?だってFUJIがスキなんです。そして、今なお大トリはRadio Headだと信じて疑っておりません。デビット・ボウイについてはもう諦めましたけど…。

何にせよ10周年。大将のコトですから、何かしらのサプライズは用意しているハズ。2chの住民にキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!言わせるような、代打逆転サヨナラ満塁ブッキングを期待しております。

※ちなみに同じ2chのSUMMERSONICスレではDir En Greyの参戦がマコトしやかにささやかれておりました。マジっスか?

2006-05-04 22:41 | FUJI日記 | Comment(0) | Trackback(0)
はい。最高。FUJIROCK最高。

今年も7月28日(金)~30日(日)に新潟県苗場スキー場にて開催されるロックフェス大本命、〈FUJI ROCK FESTIVAL '06〉。その第4弾出演アーティストが発表された。(bounce)


はい。はーい、はいはい。はい。最高。FUJIROCK最高。昨日ウドーストックの記事を書いたばかりですが、ごめんなさいFUJI圧勝。ヤバい更にヤバい、バリヤバいってなもんだ。

FUJIの第4弾発表があったワケですよ。ヒント的なものはちょっと前からorgに出てましたけれども、名前を見るにつけ、やはりとんでもないワケですよ。少なくとも僕にとっては・・・流石10周年、史上最高の夏になるコトは確実です。では、早速ですが今回追加された14組をご紹介。

THE BENEVENTO/RUSSO DUO
THE CRIBS
FIELDS
JET
KEN YOKOYAMA
MO'SOME TONEBENDER
NATSUMEN
小野リサ
SNOW PATROL
SONIC YOUTH
TRISTAN PRETTYMAN
UA×菊地成孔
矢野顕子
THE ZUTONS

おらっしょおおおい!ごらっしょおおおい!アツい、アツ過ぎるこのメンツ!せっかくだからいくつか語ってみますね。

まずTHE BENEVENTO/RUSSO DUOですが、オルガンのJoe RussoとドラムのMarco Beneventoによるユニットですね。僕は正直名前を聞いたコトがあるようなないようなってなもんだったんですが、コレかなりカッコイイですねえ。公式ページで音が聴けますので是非。
続いてTHE CRIBS。コチラは最近の注目バンドですからご存知の方も多いのでは。メロディは非常にポップですが、確信犯的に作りこまれた「音」にこそ注目すべし。
FIELD OF HEAVENは知ってますが、FIELDは知りませんでした。コチラで音を聴けますが、カナリ個性的というか、正直生で聴かないと判断しづらいバンドかと思われます。個人的には結構スキ。
JETは語る必要無いでしょう。タンバリンのリズムと、ァゴー!のシャウトだけで一躍スターダムに上り詰めた彼ら。久しぶりの苗場登場ですね。
遂にハイ・スタンダードとしては参加しなかったKEN YOKOYAMAが、満を持してFUJIに登場。ココのトコロ、元ハイスタの面々が活発に動き回ってて嬉しい限りですな。
BOATのメンバーが中心となって活動している、恐らくは日本屈指(ROVOがいるので最高とは言い切れない)のインストバンド、NATSUMEN。堂々苗場へ出陣でございます。フィールド・オブ・ヘブンの夜をぶっちぎってくれるコト請け合い。
UA×菊地成孔は今回のFUJIで、間違い無く最もアツい視線を受けるでしょうね。この組み合わせったら、好事家喜び庭駆け回るでしょ、きっと。個人的には最近のUAは妙に明るくて違和感があります。本人には申し訳ないけど。
矢野顕子ですかー。遂にというか、やっとというか、苗場にこの人の歌声はある意味凶器です。素直にKOされて、大の字に寝そべりながら空を眺めて聴くが吉。

まあ、ココまでは所詮前フリですけどね。SONIC YOUTHですから。出ますから、出ちゃいますから!ジム・オルークも来ちゃいますから!残念!なワケがないキャッホホーイ!って、この人たち結構FUJIに来てる気もしますが、それでもやっぱ血沸き肉踊るのは流石というベキか。いやあ、今度こそ生SUNDAYを聴かせていただきたいもの。そして生TEENAGE RIOTをやってくれたら、そのトキは・・・覚悟出来てます。

なんだかんだ言っても日本の夏はFUJI無くして始まりませんね。上記した他もモーサムに小野リサ、SNOW PATROLにTHE ZUTONSと、全国各地からキャッホホーイ!の声が聞こえてきそうな面々です。10年やってるだけあって、完全にツボを突いたというか、FUJIのセレクトはココロから安心できますね。次は誰かなー?

NATSUMENワールドは生でこそ、ってな気もしますが、生で観られない人はこのアルバムを。Endless Summer Recordというタイトルがズボリとハマった大傑作です。
B0007QRBVSEndless Summer Record
NATSUMEN
インディペンデントレーベル 2005-03-03

by G-Tools

個人的にはTシャツのカッコ良さに定評のあるズートンズ。サイケかつユルユル、そして奇跡的なメロディーワークが結実した、ココ数年でもカナリ衝撃を受けたアルバムです。客先に謝りに行くときのマスト。
B000666VJM誰がザ・ズートンズを殺ったのか?
ザ・ズートンズ
ソニーミュージックエンタテインメント 2004-11-17

by G-Tools

デート・コース・ペンタゴン・ロイヤル・ ガーデンとしてはFUJIの常連と言ってよい菊地 成孔。文筆業も好調のご様子。というコトで、あえて本をオススメ。菊地 成孔の人柄、そしてジャズという音楽のフトコロの広さをコレでもかというくらい感じられます。
4944124201東京大学のアルバート・アイラー―東大ジャズ講義録・キーワード編
菊地 成孔 大谷 能生
メディア総合研究所 2006-03

by G-Tools

ジム・オルークを向えてから、持ち前の実験精神がウズウズしちゃったのか、いかにもファン好みというか一般ウケしなそうな局ばかりやっていたソニックスが、再び彼らなりのロックというものと向き合った歴史的作品。1曲目から爆音で聴くべし。
B000255LAMSonic Nurse
Sonic Youth
Geffen 2004-06-08

by G-Tools

2006-04-11 00:19 | FUJI日記 | Comment(4) | Trackback(0)
FUJIROCK'06、第二弾出演者発表!

いやあ、こうしてちゃんとしたカタチで更新するのは2月24日以来ですから、いったい何日ぶりでしょうか?とにかく、やっとネット環境も復旧し、再び駄文を世に垂れ流すコトが出来るようになりました。今までお世話になってた方も、初めて読んだって方も、今後ともひとつよしなにお願いいたしますよ。

さて、復帰一発目の記事ですが…何を書きましょうかね?この休止期間の間に起こった大きな出来事というと、やはりFUJIとサマソの出演者発表でしょうかね。もう余りにも時期を逸しているので詳細には触れませんが、FUJIにレッチリ、サマソには日本の夏フェスにおける「まだ観ぬ大物」の一つであるメタリカが!登場するコトに相成りましたな。まあ僕個人の興味でいえば、サマソのフレイミング・リップスとマッシヴ・アタックですわ。主催のクリエイティブマンにはくれぐれも言っておきたい。くれぐれも、くれぐれもこの二組を室内に配置するなよ。絶対マリンかビーチ、いや、ビーチ一択だ。この二組をビーチで観られるなら一日券に5万払ってもイイ。いや、しかしそれは…やっぱ3万…ごめんなさい、2万5000で何とか。

というコトで、今年もFUJIROCKとSUMMERSONICの国内二大フェスの情報を追っかけていく所存でございますよ。と、そんな折、FUJIROCK.org他にて、公式より先に第二弾の出演者が発表されておりますよ!なんてタイミングが良いのでしょうか。早速ご紹介いたしましょう。FUJIROCK'06、第二弾出演者はコチラ。

The Spinto Band
Mumm-ra
STRAIGHTENER
THE REFUGEE ALL STARS
Super Furry Animals
Trashcan Sinatras
CLAP YOUR HANDS SAY YEAH
Jason Mraz
Johnny A.
Kula Shaker
Mystery Jets
THE LIKE
Yeah Yeah Yeahs

さあさあさあ!本来なら一つ一つのバンドに触れたいところですが、そうはクリスピアンが許しませんよ!復活クーラ・シェイカーが苗場の地に降り立つうわあああああ!あの狂気のグルーヴが遂に!いやいやいや、コレ、うわ、超スゲえ。超観たい。だって、彼らが登場してきたときの興奮を覚えている方は20台も半ばになっていると思いますが、相当なもんでしたよ。でしょ?違いますか20台半ばの人?それこそ今年の夏フェスに参加するアークティック・モンキーズやらクラップ・ユア・ハンズ・セイ・ヤー!(カタカナで書くとダサく感じますね)とか、それどころじゃない盛り上がりだったと。近年だとストロークスのデビュー時と同じかそれ以上の衝撃と盛り上がりだった…とまで書くとさすがに大ゲサですかね。にしても、苗場の空にあのぶっといベースラインが鳴り響くと思うと…うっわ。うっわ!

そしてSuper Furry Animalsも久々の登場ですねー。前回FUJIに参加したのは“ゲリラ”あたりでしたか。あのトキはレッドマーキーでしたが、流石に空気が違い過ぎるので、フィールド・オブ・ヘブンあたりで観たいなあ。ベストはドラゴンドラで登ったトコ(名前忘れました)。デビュー以来、日本ではどうしても地味というか、好きな人は好きだけど、そうじゃない人は名前も知らないみたいな位置づけですが、イイ機会ですからもっともっと多くの人に聴いてもらいたい、触れてみて欲しいバンドですね。

はぁ…アレですね、やはり音楽は素晴らしい。第二弾発表の時点で、スデになんだかのぼせ上がっちゃってますわ。このまるめてポイ。ってのはホント大したコトの無いblogではありますが、あなたの音楽生活に少しでもお役に立てればと思って駄文を書き連ねて参りますので、繰り返しになりますが、何卒よしなにお願い致します。

以上

“ヘイ・デュード”、“グレイトフル・ホエン・ユア・デッド”の2曲を聴いて腰が動いてしまわない人とは永遠に分かり合えないかもしれません。“ハッシュ”もステキですね。
B00008454Aザ・ベスト・オブ・クーラ・シェイカー (通常盤)
クーラ・シェイカー
ソニーレコード 2003-03-05

by G-Tools


ホントにどのアルバムも素晴らしすぎる彼らですが、やはりイマイチ知名度が低い気がするので、とりあえず聴いてもらえるならベスト盤ですな。コレを聴いて顔がニヤけない人とは一生分かり合えないかもしれません。
B0002ZEYY6ソングブック・ザ・シングルスVOL.1
スーパー・ファーリー・アニマルズ
ソニーミュージックエンタテインメント 2004-11-17

by G-Tools

2006-03-14 00:07 | FUJI日記 | Comment(0) | Trackback(0)
<Prev
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。