スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- --:-- | スポンサー広告
これが若さか…/t.A.T.u

20050126224742s.jpg

「クロコダイルの赤ちゃんがほしかったが、娘のバスルームが狭いから……」


ミュージシャンなんてのは所詮人気商売。
昨日の大スターが今日はタダの人、なんてよくある話。
人は「一発屋」なんて呼ぶけど、そんな流れ星のような輝きかたもまた美しい。
そんな彼、彼女らに再び光を。音楽供養

レズビアンのような振る舞い、制服姿、ドタキャンに問題発言、シングルマザー。
2003年、ロシアから彗星の如く登場し、世界を席巻した女性2人組、t.A.T.u。
音楽性より話題性。テクよりノリ
行く先々でトラブルを巻き起こし、ソレがまた彼女たちの人気を押し上げ、
若者たちの間に熱狂の渦を巻き起こしたのも記憶に新しい。
ペット・ショップ・ボーイズらを手がけた大物プロデューサー、
トレヴァー・ホーンを迎えて作られた1stは世界で1000万枚を超える超ヒット。
SNOOZERあたりはベタボメでしたな。

日本でそんなお二人さんの名を知らしめたのが、
「ミュージックステーションドタキャン騒動」
生音楽番組への出演というコトで、放映前から大きな話題となり、
当日もOPでは大歓声の中、颯爽と登場。
ところがいざ本番、っつーところで突然の出演拒否
司会のタモさんが謝罪、代わりにTHEE MICHELLE GUN ELEPHANT
予定外の曲を演奏する、という前代未聞のハプニング。
話題づくりって意味じゃ大成功でしたが、いかんせん相手が悪かった。
タモさんだもの。タモさんっつったら日本コメディ界の至宝だもの。
そりゃ無茶だ。下調べ足りないよ。
結局、この事件を境に日本における彼女らのスターダムは終わった感があります。

ちなみに冒頭のクロコダイル発言は、レナ(ジャケ写左)の父親が、
娘の誕生日プレゼントにトラを贈ろうとして捕まったときのコメント。
うーん、スキャンダラス。

そういや、調べてるうちにt.A.T.uのアニメなんてものに行き着きました。
「時代のカリスマ、t.A.T.uの二人が、
自身の『心の葛藤』と向き合い、闘う事で、新たな世界と自分を手に入れる」
という話らしいんですが、
いかんせん公式サイト見る限りじゃ、明らかにコレ現在進行形で放置プレイ中
ちゃんと公開されたんでしょうか?
それともコレもヤツらの手…?してやられちゃった?また。
知ってる人、教えてください。

一応2ndアルバムのウワサもあるみたいですが、今んトコよく分かんないです。
ちなみに写真取るために買ってきた1st、
¥1150→¥950→¥750→¥250、と手荒に値札が四重貼りされてました。
なんかもう、ものすごく平家物語的なアレを感じます。
あの栄光からわずか2年…
タモさんをナメた罪は、とてつもなく重い。
南無阿弥t.A.T.u。

スポンサーサイト
2005-01-31 23:11 | 音楽日記 | Comment(0) | Trackback(0)
スターでヒーローな男/リンゴ・スター

20050129212351.jpg

「スーパーヒーロー、リンゴ・スターには、今まで人々に知られないよう隠し続けてきた秘密の力があるのさ。」


あの史上最も偉大なバンド=ビートルズの元ドラマー、リンゴ・スター
世間的にはスデに十分スーパーヒーローなハズですが、
齢60を超え、どうやら本格的に目覚めてしまった模様。
なんとまあ、「スパイダーマン」「X-メン」「ハルク」の原作者である、
アメコミ界の超巨匠スタン・リーと組み、
リンゴを主人公としたアニメを全米で放映するんだそうだ。
んで、リンゴは今まで隠してきた秘密の力を使って、悪を倒し平和を守るらしい。
アニメは今年中に放映開始され、来年にはDVD化するコトまで決まってるみたいです。

隠された能力って何よ?しかも60超えるまで隠し続けてたって。
よっぽどスゴいかよっぽどしょうもないかだな。
そんなリンゴ、『サンタになりたい』なんてクリスマスアルバム出してると思ったら、
実際サンタ追跡協会の名誉メンバーだったり、
ナビゲータ役を務めた映画「WALKING AFTER MIDNIGHT」の邦題が
『丹波哲郎の霊界ワールド』だったり。
アルバムジャケでこんなステキにピースサインできる人もそうそういません。
おじいちゃんジャンルで分けると、津川雅彦あたりと同じ雰囲気。

ビートルズ解散後、リンゴにだけは他のメンバーがわだかまりを持たなかったってのも、
よく分かる気がしますなあ。




2005-01-29 22:06 | 音楽日記 | Comment(0) | Trackback(2)
愛と青春の青筋/HUSKING BEE

20050128234844s.jpg


HUSKING BEEの解散ツアー日程が発表されたようで。
解散なんだなあ。知らなんだわ。
ハスキンさん、正直あんまり聞いたことないんだけど、
彼らと言えば何つってもアレだ。
青筋だ。
あの首の青筋具合、ダテじゃない。
とにかく太くたくましく、
「俺は生きてんだ歌ってんだ血がたんねーんだよ!!」と
雄弁に語るような素晴らしい青筋。
もう青筋が立派にメンバーの一員、
つーか青筋とその仲間たちと言っても過言ではないような、
俺があいつであいつが俺で、卵が先かにわとりが先か、
そんなバンド、HUSKING BEE。
僕もこっそりバンドやってるんですが、やっぱある意味バンドの理想系。
青筋が立つか立たないか。バンドってのは結局ソコですよ。
だって青筋はウソつかないもん。かっけぇっス。
解散かあ、残念だ。

ちなみにうちのバンドは女の子がボーカルですが、
昔、「青筋立ちそう?」って聞いたら、
「もちろん立てますよ!」って答えが返ってきました。
それ以来、クララを見守るハイジの、
またはジョーのセコンドについた丹下段平の心境で、
その日を待ってます。

2005-01-28 23:49 | 音楽日記 | Comment(0) | Trackback(0)
今日は墓場で運動会

そういや今日からココでセールやってますよー。
廃盤CDが驚きの70%オフ!CD墓場の大運動会みたいなもんで。
登録必要なのがめんどいけど、でもソレさえしちまえばもう。
あっちでハッスルこっちでハッスル、よろしくハッスルさよならハッスル。

ガガガガッついてこーぜー!うがおー!

2005-01-27 23:59 | 音楽日記 | Comment(0) | Trackback(0)
クリエイション・レコーズ物語

20050126224719s.jpg

要は外に出て、騒いで、ビールを10杯飲めればよかった。僕とジョーは大酒を飲み、それで「ちくしょう、レーベル始めようぜ」ってことになって、僕らはクリエイションを始めたんだ。


クリエイション・レコーズ。
80年代後半から90年代半ば、世界の頂点に立ったUKインディーレーベル。
ダテに頂点とか書いてるワケじゃないですよ。
24hourPartyPeopleで画かれた「マッドチェスター」の宴のあと、
反動のようにイギリスを覆った「シューゲイザー」
そして世界を席巻した「ブリットポップ」
その中心にあったのがクリエイション。
有名どころをほんのちょこっと抜き出しても、

プライマル・スクリーム
ライド
マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン
ティーンエイジ・ファンクラブ
スーパー・ファーリー・アニマルズ
オアシス

どういうメンツだコレ。もっかい書くけど、インディーレーベルですよ。
で、この本では、そのレーベル創設から終焉までを、
クリエイション主催者アラン・マッギーや中心スタッフの証言からたどっていく。

ダメだわぁ、コイツら。読めば読むほど、ホントダメ。
実際成功してる、名声も得た、金もある。
なのにダメ。なんてドラッギーなあなたたち。
レーベルがデカくなるにつれ、コイツらのアレも本調子。
どこまでも同好会。超ノリ重視。
お前ら、お前らなー、大スキだ

そんなクリエイションは、オアシスと共に頂点を極め、
オアシスと共に「死ぬ」

「僕はオアシスを『見つけてしまった』」という
アラン・マッギーの言葉の意味、LIVE FOREVER観ただけじゃ分かんないっしょ。
コレを読んでぜひ知ってください。


2005-01-27 23:32 | 音楽文庫 | Comment(0) | Trackback(0)
INU/エルトン・ジョン

20050126221611.jpg

「エルトンは犬が大好きで、いつも店の犬たちと遊んでいた。だから、首輪を買ってやろうと思いついたんじゃないかな」


エルトン・ジョンっつったら大御所も大御所で、
日本で言う誰?サブちゃん?違う!さだまさし?大御所か?
山下達郎?んー。まあ誰でもイイんだけども、
買ってやった首輪、ティファニーですよ。
しかも自分のじゃないです。店で飼ってる犬。
他人の犬に、ティファニーの首輪をプレゼント。
一般人にとっては指輪でさえ、アレがアレしてアレする意気込みじゃないと、
手に入んないものだと思ってたんですが。
さすが大御所。「犬好きだから」でポポポーンと。
まあエルトンっつったら1公演で1億稼ぐ男ですから。7回公演すれば7億。
大魔神佐々木(年俸6億5千万)をプライベートで雇い、
草野球でパーフェクトリリーフさせる事も可能。

エルトンの犬と比べて、どんだけショボい生活してんのかな、俺

2005-01-26 22:45 | 音楽日記 | Comment(0) | Trackback(0)
サンタが嫌いな人/オアシス

20050125224943.jpg

「“サンタクロースなんて、この世にはいない”って娘に言いたくて言いたくて仕方なかった。2年後にこのニュースを伝えるのを楽しみにしてんだよ」


日本でもおなじみブリティッシュロックの雄、オアシス
Gのノエル・ギャラガー(眉毛太い)は、
愛娘に容赦なくビシッと言ってやるみたい。
この大人げの無さ、さすが。
「恋人はサンタクロース♪」なんて歌ってる人がいると知ったら、
コイツどうしてくれるんでしょう。楽しみです。
大人気ないと言えば、
「大きくなったらパパのお嫁さんになる☆」
という娘の言葉に喜ぶ父親を、
大人気ないと笑う人がいますが、
アレは男子の本懐なので、笑うなどもってのほか。
俺だったらその場で娘の直筆誓約書と拇印を要求する。

ちなみに弟、Voのリアム・ギャラガーは、
息子に「レノン」と名付けてますが、
ジョン・レノン→レノン・ギャラガー
名前・苗字→苗字・苗字
「島崎藤村」みたいなもんでしょうか?

2005-01-25 23:00 | 音楽日記 | Comment(0) | Trackback(0)
ヒマの過ごし方/スチャダラパー

blogね。流行ってるね~blog。
やってみるかね俺も。
ヒマだしね、ヒマ。
「この世の多くのデカい物の、発想自体ヒマの賜物」
スチャダラパーも言っていた。
そういうワケで何かデカいコトをしようとした結果が、
コレですよ。
ヒマ人は所詮ヒマ人でしかないという事か。

カテゴリをこんな風に分けました。

【音楽日記】  音楽に関するニュースとか。それを駄文で。
【音楽文庫】  音楽に関する小説とか雑誌とか。それを駄文で。
【音楽映画】  音楽に関する映画とか映像とか。それを駄文で。
【音楽供養】  音楽に関する可哀想な魂を供養。それを駄文で。
【音楽無関係】 音楽に関係ないこととか。それを駄文で。

以後、構ってやってください。

2005-01-25 22:46 | 音楽無関係 | Comment(2) | Trackback(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。