スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- --:-- | スポンサー広告
旅行から帰ってきました

プーケットより恥ずかしながら帰ってまいりました。
天気にも恵まれ、きれいな海でさんざん遊び倒し、
バケーション・オブ・ザ・イヤー決定の呼び声も高い楽しい旅行でした。

現地でお世話になったプーケットハッピーツアーのモモエさんに、
感謝感謝でございます。もしプーケットに行くならココを使うべし。
何より安いし、日本語OKなのでとても安心。おススメですよ。


がしかし…

ライブ8のチケットコネ━━━━━ヽ(`Д´)ノ━━━━━━

って、どうやら自分が振込をミスったせいらしく。
抽選に外れたなら納得もいくが、コレはいただけません。
いただけませんよコレは!

FUJIにギャング・オブ・フォーがやってくるだの、
iPodが全機種カラーかつPhoto・ポッドキャスティング対応だの、
いろいろふれたい話題もあったのですが、
なんか出鼻くじかれたカンジですわ…

でもまあしゃあない。心機一転頑張りますので、よしなにどうぞ。

スポンサーサイト
2005-06-30 18:37 | 音楽無関係 | Comment(0) | Trackback(0)
旅行に行ってきます

6月26日朝から30日朝にかけて、旅行に行ってきます。
俗にいう、プーケット島というトコロ。
その間の更新はありません。数少ない常連の方はご注意。
帰国第一弾の記事、予定では、
「ライブ8のチケットキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ 」です。
あくまでも予定です。

ちなみにコレ、HISの格安キャンペーン
「21世紀のミスタープロ野球」ことSHINJOYに感謝。

2005-06-26 00:55 | 音楽無関係 | Comment(2) | Trackback(1)
ココへきて大放出の第17弾発表/SUMMERSONIC'05

第17弾出演アーティスト発表!!


いやあライブ8申し込みとグラストン・フェス生中継のおかげでスッカリ忘れてましたが、
そういや24日にSUMMER SONIC'05の第17弾出演者発表があったのでした。
しっかし、毎回書いてる気もしますが、第17弾ねえ…毎回書いてるからツッコミませんが。
ちなみに第16弾は大阪のみ1ミュージシャン追加だったのでスルーしてました。

で、今回の第17弾ですが、何と第17弾にしてステージ3つ、ミュージシャン18組もの
追加が行われるという前代未聞の内容となっております。こんだけ追加があるなら、
今までの流れからすれば第30弾くらいまでいってもおかしくないのですが、
ソコはさすがのクリエイティブマンにも分別があったようで、助かりました。

じゃあご紹介してまいりましょうかー。

■東京:8/14 大阪:8/15
++ISLAND STAGE++
ATTACK HAUS
BEAT CRUSADERS
DOPING PANDA

POLYSICS
ZAZEN BOYS

++HMV DANCE STAGE++
AFRA & INCREDIBLE BEATBOX BAND
DJ AKAKABE
アルファ
HALFBY
TUCKER

++NEW STAGE++ (大阪のみ)
TOMMY GUERRERO
CITIZEN COPE

■東京:8/15 大阪:8/14
++BEACH STAGE++
TUFF SESSION

++ISLAND STAGE++
detroit7
FREENOTE
GREAT ADVENTURE
NATSUMEN
MO'SOME TONEBENDER
RADWIMPS

++NEW STAGE++ (大阪のみ)
SLIGHTLY STOOPID
BLUE-EYED SON


というワケで、日本人のおいしいどころを集めた「ISLAND STAGE」に、
サマソ初のダンスに絞ったステージとなる「HMV DANCE STAGE」
そしてついに大阪にも、東京でいうBEACH STAGEにあたる「NEW STAGE」が追加。
ちなみに「NEW STAGE」は仮名みたいですね。なんにせよ大阪にもああいう
いかにもフェスっぽいステージができるのはとっても良いコトだ、うん。

ただ…今年は東京のビーチステージが無料開放じゃなくなるんですよねえ。
前も書きましたが、去年のあのビーチステージというのは、
サマソが唯一FUJIを上回れるところだと言っても過言ではないほど、
とにかくピースフルかつハッピネスな空気が漂っていて、個人的にかなり
高く評価していたのですが、無料開放ではなくなってしまうと、
当然近所の子供や家族連れがふと音につられて立ち寄ってみる、なんて絵も
なくなってしまうワケで、コレは非常に心苦しい。去年トラブルでもあったのかな。
やっぱり一般の海水浴客からすれば迷惑だったのだろうか。
あの一体感は、単なる俺の勘違いだったのかな…

まあ今回コレだけのメンツが一挙襲来したワケですが、
もう少し枠が残ってるので、あと2、3回は発表があるのでしょうかね。
今回追加されたメンバーの詳細は公式ページでどうぞー。


2005-06-26 00:43 | サマソ日記 | Comment(0) | Trackback(0)
音楽は世界だ!/ライブ8&グラストンベリーフェス

「経済的にも道徳的にも救える手段を知っている私たちは、これ以上貧困に苦しんでいる人々を放って置くことはできない。ギターを持ったミュージシャンたちが世界を動かす時が来た」
(LIVE 8創立者 ボブ・ゲルドフ)


以前お伝えしたライブ8日本開催、ついに概要が出てきましたがね!
開催日は7月2日、場所は私甘木のお膝元というべき幕張メッセでございます。
注目の参加者ですが、現在のところ、海外からBjorkGood CharlotteMcFLY
日本からはDREAMS COME TRUEDef Tech、RIZEがアナウンス済。
後は誰かなあ?とりあえずミスチルは鉄板かと思うんですが。

ただね…チケットの入手方法が…6/25(土)0:00~6/29(水)12:00
エキサイトチケットへ登録し、6/29(水)15:00までに指定口座へ入金した人から
抽選で1万名サマご招待というコトで、なかなかハードル高いかも。
でもコレやっぱ参加したいなあ。単にライブが観たいってだけでなく、
やっぱこう、ライブ・エイドにはどう転んでも参加できなかったワケですし、
せっかく与えられたチャンスを逃したくありませんもの。

つーか俺明日から30日まで旅行だから、実質今日中が手続き期限。急がな。
もし、もしもしもし当たったりしたら、そしたら、そしたら…
って、旅行中も気が気じゃありませんなこりゃ。スデに気もそぞろ。

そんな自分を落ち着かせるため、魔法のリンクをポチっとな。
するとどうだろう。「webcasts」をたどった先はいつかどこかで見たステージ、
演奏しているのはピート・ドハーティ率いるベイビー・シャンブルズ
今年最大のUKニューカマーとの呼び声高いブロック・パーティの姿も。
爆音の"Praise You"をバックにガッツポーズで登場してきたのは、
今年のFUJIにも参加するファットボーイ・スリムことノーマン・クック。
コ…コレはいったい…?

さあわざとらしい前置きはココまでとして、世界におけるフェスの代名詞、
グラストンベリー・フェスネット中継、もう始まってますよー。
現時点で上記3ミュージシャンのライブが視聴可能。
つい今しがた追加されたファットボーイ・スリムはややつながり難いですが、
ベイビー・シャンブルズとブロック・パーティは(ときどき止まるけど)スムーズ。
まあとりあえずご覧なすって。モチベーション高まること火の如し
一応グラストン配信のラインナップを下に挙げときますので、
「PLAYLOUDER GLASTONBURY」のサイト名通り、
ココぞとばかりの大音量で聴くがよかろう。さあ観ろやれ聴け!

■6月24日(金)
Babyshambles
Bloc Party
The Doves
Fatboy Slim

■6月25日(土)
The Futureheads
Interpol
Roisin Murphy
New Order

■6月26日(日)
The La's
The Wailers
Garbage
Basement Jaxx

2005-06-25 10:25 | 音楽日記 | Comment(0) | Trackback(3)
NWウォークマンのコラボモデル/NWウォークマン

ソニースタイル・ジャパンは6月23日、ネットワークウォークマン「NW-HD5」の“digmeout”コラボモデルを販売すると発表した。(ITmedia)


ソニーのネットワークウォークマンがかなり好調だって話、最近そこかしこで
聞くようになってきましたね。少なくともフラッシュメモリタイプのプレーヤーでは
圧倒的な売れ行きで、ライバルiPod shuffleを押さえ込んでいるんだとか。
そのshuffle、日経MJ「2005年上期ヒット商品番付」では、
見事関脇の座に納まってましたが、果てさて、下期はどうなるやら。
ちなみにヒット商品番付の横綱は「富裕層向けサービス」「生鮮100円コンビニ」
僕は後者の方にしか縁がありませんので、富裕層向けなんて言われても、
あまりピンと来ませんが、まあお金持ちがお金を使うのはイイコトでしょう。

で、ネットウォークマンのアーティストコラボモデルが発表されたそうで。
アーティストって言ってもミュージシャンではなく、本物のアーティストさん。
何でもソニーとFM802が主催するクリエイター発掘プロジェクト
「You are the NEXT!Project」のアート部門「digmeout」に所属している
二人の若手アーティストがデザインを担当したんだそう。

そのネットワークウォークマン、コチラが「大谷リュウジ」モデル
コッチが「形部一平」モデル。どちらもポップなデザインになってますね。
こんだけド派手だと、見せびらかしたいような、見られたくないような、
何とも微妙な気持ちになりますなあ…

個人的には、NW-HD5の場合、あの質感とシンプルな外見がスキなので、
こうして全面にデザインされてしまうとちょっともったいない気がします。
それにポップさだったらNEW ORDERモデルiPodの方が…
ああ、今思い返してもやっぱ欲しかったなあアレ。やっぱ赤い、実に赤いよ。
ちくしょう、ドイツ人の嫁が見つからなかったばかりに…

このコラボモデル、Sony Styleでの数量限定発売で、本体に加え、
アーティストデザインTシャツ、Moraの5曲無料ダウンロード券付きで36,800円
ノーマル版が32,000円くらいですから、希少性やオマケを考えると、
まあ若干お得なカンジになるのでしょうか。第二弾にちょっと期待。

B0009AFOKMSONY ネットワークウォークマン HDDプレーヤー
20GB ブラック [NW-HD5 B]

ソニー 2005-04-21

by G-Tools


2005-06-23 22:47 | 音楽林檎印 | Comment(0) | Trackback(0)
「当方スマパン再結成希望」の全面広告/ビリー・コーガン

ビリーはシカゴ・トリビューン紙の21日付けの朝刊に全面広告を掲載し、スマッシング・パンプキンズの再結成計画を発表した。(MTV)


今日僕が考えていたコト…

「フザけんなおこ」っていうギャグで流行語大賞をとれないだろうか。
・「まるめてポイ。」より「まるめたホイ。」の方が良かっただろうか。
・MステのCM、Def Techとミスチルはナレーション付きなのに、
 バックストリートボーイズはその他扱いなんだなあ…

(※三段オチが出来るほど論理的な思考回路は持っていません)

海の向こうには、もっと大それたコトを考えた男がいたようです。
その名もビリー・コーガン。言わずと知れたスマッシング・パンプキンズ
元フロントマンにして、ちょうど今日初のソロアルバムを出したばかりの男。

一世を風靡したバンドのフロントマンであり、新バンドをはさんでソロデビュー、
と、まさに順風満帆のように見える彼が考えていたコトとは?
それは、「実はね、俺スマパン再結成したいんスよ~、いやマジで。」
という内容の全面広告を、地元シカゴの新聞に出すというコトでした。

「今、僕はスマッシング・パンプキンズを再開し、復活させる計画を立てたということを、みんなに最初に知ってもらいたい。僕は自分のバンドや曲、夢を取り戻したいんだ。ロック・オン、神のご加護を!  ビリー・コーガン」


キミのハートに、ロック・オン☆
萌え…いや違う、そうじゃなくて。かつてこんなに大胆な形でファンのココロを
煽った人がいたでしょうか。何ともまあどストレートですな。
こうなりゃ、イヤが応にも再結成の機運が高まらざるを得ません。

ただ、人気バンドの解散という出来事には宿命の如くつきまとう、
メンバー間の不和という問題。スマパンもまた、その例外ではありません。
ビリーとGrのジェイムズ・イハの確執が解消しない限り、
果たしてスンナリと、ビリーが考えている華麗な復活ができるかどうか…
結局ストーン・ローゼズも復活しませんでしたしね。
今回の広告にも、メンバーについての言及は無いようです。

しっかしねえ…最近の再結成ブーム、嬉しいこたもちろん嬉しいんですが、
どうなんでしょう?ぶっちゃけ元スマパンでそれなりに成功してるのは
ビリーだけですし、他のメンバーに「もう一旗」って思いがあるなら、
オリジナルメンバーでの復活もないコトはないって気もしますが。
ただ、先ほども書いたように、確執が残ったまま、
あくまでも利害一致で、とりあえず復活…なんてコトになるのはねえ?
微妙に復活、スグ解散、ってなハメにはなってほしくありませんし。

…って、良く考えたらジェイムズ・イハって、
確か今ア・パーフェクト・サークルやってるんでしたっけか。
そう考えると、ビリーより成功してると言えるのかも。
てコトは、オリジナルメンバーでの復活はほぼ無いんだろうな。

まあこの話は冒頭のMTV以外にもBARKSCDJournalでも紹介されてますし、
世間の耳目を集めているニュースであるコトは間違いないんですが。
まあ何にせよ誰にせよ、近いうちのリアクションを待ってみましょうか。

B000024JHZMellon Collie & The Infinite..
Smashing Pumpkins
Hut 2002-01-28

by G-Tools

B0009G018QThe Future Embrace
Billy Corgan
Warner Brothers 2005-06-21

by G-Tools

2005-06-22 21:17 | 音楽日記 | Comment(0) | Trackback(1)
グラストン・フェス、ネット生中継決定!

フェスの模様がネットでも生中継で配信されることになりました!(CDJournal)


6/18深夜のFUJIROCK特番で発表された「ベリー・スペシャル・ゲスト」に対し、
あちらこちらで悲喜こもごも、喧々諤々の盛り上がりを見せているようですね。
プライマル、確かにフェス常連の方は多少見飽きた感もあるかと思いますが、
個人的にはまあ妥当なんじゃないかと思います。コレ以上の大物を求めても、
キリがありませんしねえ。ココは素直に喜んどきましょ。

で、今回は海外フェスのニュース。コチラはみな諸手を挙げて万々歳でしょ!
今週末の6/24~26にかけて英国で行われる世界最大級のロックフェス、
グラストンベリー・フェスティバルの模様が、
なんとネット上で、世界に向け生中継されるコトになったそうです。
つまり「グラストンのガービッジさ~ん」「はぁ~い」ってな具合に、
日本にいながら現地の生ライブを体験できてしまうという、
コ…コレはマサに驚天動地の出来事。さすがは21世紀!サンキューIT革命

肝心の配信元は、コチラの「glastonbury.playlouder.com」
観覧はもちろん無料で、Windows Media Playerにて観覧可能。
中継される出演者は全12組で、そのパフォーマンスは全て配信されるとのコト。
いやあ素晴らしい。実にジェントルメンな計らいではありませんか。
というワケで、現時点で決定している出演者ですが…

■6月24日(金)
M.I.A.

■6月25日(土)
フューチャーヘッズ
インターポール
ニュー・オーダー

■6月26日(日)ガービッジ
ベースメント・ジャックス

で、計6組。カナリ豪華なラインナップと言えるんじゃないですかね?
こうなってくると今後追加されるミュージシャンにも期待しちゃいますね。
初日ヘッドライナーのホワイト・ストライプスとか配信されないかな~。
配信されちゃわないかな~…なあ英国紳士淑女諸君よ、
ココは一つ、騙されたと思って配信してみないか?

そういえばまだあのトキのチケット、まだ届かないなあ。
もうサスガに時間無いのになあ。おかしいなあ…

B000803EPKグラストンベリー・アンセムズ
~ザ・ベスト・オブ・グラストンベリー~ 1994-2004

オムニバス フランツ・フェルディナンド他
東芝EMI 2005-06-08

by G-Tools

2005-06-20 22:48 | 音楽日記 | Comment(2) | Trackback(1)
Musical Batonとやらが

そういえば、健全ツイストのloomerさんから回ってきていたのでした。
Musical Batonって知らなかったのですが、今随分流行ってるんですってね。
音楽に関する質問についてblog上で答え、次の人に回していくというものらしい。
面白そうだし、せっかく回してくださったので回答してみます。

■Total volume of music files on my computer
(コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量)

とりあえずiTunesのライブラリでは2740曲12.27GBでした。
整理しきれていない音楽ファイルがあと500MBくらいあると思います。
自分としては意外と少ないな、という印象。

■Song playing right now (今聞いている曲)

iTunesでシャッフルしながらコレを書いていたのですが、
今この瞬間、LINDBERG"ROUTE 246"がかかりました。どひゃー。

■The last CD I bought (最後に買った CD)

Morphine "The Best of Morphine"
B00007FPHPThe Best of Morphine: 1992-1995
Morphine

by G-Tools
あまり有名ではありませんが、サックスに2弦ベース、ドラムの
変わった編成で、ジャズ、ファンク、ブルース全てを飲み込み、
まるで深海で鳴らしてるかのような独特の音を出す、
とてつもなくカッコいいバンドでした。でした、というのは、
フロントマンがステージ上で心臓発作を起こし他界してしまったため。
返す返すも残念で仕方ありません。

■Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me
(よく聞く、または特別な思い入れのある 5 曲)

前にもJapanMusicBlogの企画のトキに書きましたが、
この手のって、ホント難しいんですよね…
まあでも「思い入れ」というか「思い出」のある曲をサクっと。

Bob Marley "No Woman No Cry"
B0000669JLLegend [Bonus Tracks]
Bob Marley & the Wailers

by G-Tools
言わずと知れたレゲエの伝説超人。
何故何故思い入れがあるかというと、受験生のときにこの曲を聴き、
こんなところでセコセコ勉強して、俺はなんて小さい人間なんだ…
って勉強が手に付かなくなったから。

Andrew W.K "Party Hard"
B00005RY7XI Get Wet
Andrew W.K.
Universal 2002-03-26

by G-Tools
一斉を風靡したアンドリュー兄さん。
何故思い入れがあるかというと、車でこの曲を聴いていて、
事故を起こしたコトがあるから。しかも入社式前日。
おかげで入社式の休憩時間は、同期と交流を図るどころか、
損保との対応に追われていました。

BUMP OF CHIKEN "ガラスのブルース"
B0001J0BUOFLAME VEIN [+1]
BUMP OF CHICKEN 藤原基央
トイズファクトリー 2004-04-28

by G-Tools
同い年で同郷、今や日本を代表するバンド、バンプ。
何故思い入れがあるかというと、彼らは高校時代から壮絶なモテっぷりを
誇っていたから。また、代ゼミでメンバーの一人と同じクラスだったから。
大学時代、飲むたびにサークルの仲間と歌ってました。

遠藤憲司 "満足できるかな"
B0001N1LUE純音楽一代 遠藤賢司厳選名曲集 (2枚組み)
遠藤賢司 木田高介
ミディ 2004-04-21

by G-Tools
日本ロック史はある意味この人の歴史。エンケン。
何故思い入れがあるかというと、子供の頃に親が観ていた、
「なつかしのフォーク」みたいな番組で、明らかに一人浮いていたから。
その後、クアトロでPANTA(頭脳警察)とのライブを観たのですが、
フォークシンガーにあるまじき爆音、シャウト、客席乱入、期待通り。

JUDY AND MARY "DAY DREEM"
B000056UUBFRESH
JUDY AND MARY
ERJ 2000-03-23

by G-Tools
いわずと知れたジュディマリ。
何故思い入れがあるかというと、初めて組んだバンドで最初にやった曲だから。
当時僕はドラムで、まあ演奏は酷いもんでしたが、それでも楽しかった。
このバンドはジュディマリにニルヴァーナ、ミッシェル・ガン・エレファントに
スマッシング・パンプキンズと、まあ欲望に忠実な曲ばかりやってましたね。

■Five people o whom I'm passing the baton (バトンを渡す 5 名)

blog友達なんてロクにいないので、指名しようにもどうにも。
また、結構もう回っちゃってる人も多いようですねえ。
とりあえず勝手に「この人のを知りたい」って人を挙げてみます。
正直やりとりゼロで、僕が単に読ませてもらってるだけの人もいるので、
もしご迷惑でしたらスルーしていただければ…

402号室Orvilleさん
Soft & MellowMusicmanさん
音楽の時間ロケットさん
Eriko's Roomいだえりさん
Trance Copingロニーさん

そういうコトで、あのどうぞお手柔らかに…

2005-06-19 16:18 | 音楽企画モノ | Comment(7) | Trackback(0)
ベリースペシャルゲスト他発表!/FUJIROCK'05

予想が当たった皆さん、おめでとうございます! そして残念な情報も。(FUJIROCKERS.ORG)


僕は以前の記事で、「ギターウルフ出演で新ベースウルフお披露目だ!」と
予想いたしましたので、まあアレですね、大ハズレでした。

というコトで、昨日深夜に放送されたFUJIROCK特番内で、
今年のクロージングバンド、いわゆる「ベリースペシャルゲスト」
発表されましたね。いやはや、まさかこう来るとは。
ベリースペシャルゲストはホントにベリースペシャルでしたよ。
何を隠そう、その正体は…プライマル・スクリーム!なんとまあ!
実はちょうど今日レンタルで"XTRMNTR"を借りてきたトコだったんですよ。
アレか、コレが虫の知らせってヤツなのか。

正直アレですね、まさかこんな大物の名前が出てくるとは思いませんでした。
いくら「ベリースペシャル」といえど、例年のクロージングバンドを考えれば、
こんなヘッドライナー級のバンドが登場するなんてねえ。
冒頭のORGの日高大将インタビューでは、

大トリ、大トリ言うけど、海外では日曜のヘッドライナーは早い時間にやっちゃうんだ。だから大トリなんていうのは、落語か紅白歌合戦の発想なんだよ。


なんて言ってますが、まあそういうならそうなんでしょうな。
しかし、実際予想当たったって人どれくらいいるんでしょうかね?

しかし、考えてみれば最終日のトリはNEW ORDERですから、こりゃまた
嬉しい流れになりますね。しかし、日高大将インタビューによれば、

「実はハッピー・マンデーズ~ニュー・オーダー~プライマル・スクリームっていうアイディアもあったけど、スケジュールが合わなくてダメだった」


という、なんとも残念なコメントも。確かにもしこの流れが実現していたら、
あのマッドチェスターの狂騒が再現されると言っても過言ではないワケで、
すなわち苗場はマンチェスターに、GREEN STAGEは"ハシエンダ"に、
ってなカンジで、ああ…今となっては妄想ですか。

と同時に番組内およびインタビュー内で、いくつか追加情報も。
まず追加出演者の発表。以下の通りとなっております。

■7/29(金)
++GREEN STAGE++
THE HIGH-LOWS

++RED MARQUEE++
Night Snipers

++FIELD OF HEAVEN++
TOKYO No.1SOUL SET

■7/31(日)
++GREEN STAGE++
KEMURI

FUJIの似合う日本人3組が追加ですね。Night Snipersはロシアのバンドで、
何でも「ロシア版プリテンダーズ」だそう。想像付かんな。
また、この他Gypsy AvalonParace Of Wonderの出演者も一挙発表。
一応ピックアップしてみると、DOUBLE FAMOUS白井貴子Eddi Reader
YOUTH、バンドじゃないけどLONDON NITEあたりでしょうか。結構豪華ですね。
全て紹介すると長くなってしまうので、詳細はFUJIROCKERS.ORGで。

で、もう一つはQueens Of The Stone Ageがメンバーの怪我により
キャンセルとのコト。僕の周りでも結構期待している人が多かっただけに、
残念なお知らせですね。代替となるバンドですが、日高大将いわく、
「海外のバンドで、知ってる人は知ってるベテランのバンド」だそうで。
うーん誰だろう?もう予想は懲りたので、発表まで待つとしようかな。

そして…特番を観ていての感想はタダ一つ。
「今年も、やっぱFUJIROCKは最高に楽しい!!」
コレに尽きるね。確信しちゃったよもう!

B00003W7ZPXTRMNTR [UK]
Primal Scream
Creation 2002-08-12

by G-Tools

2005-06-19 12:59 | FUJI日記 | Comment(0) | Trackback(5)
「幻のロック・フィルム」DVD化/フェスティバル・エクスプレス

日本でもその公開とともに話題となった本作が、2枚組DVD(PCBP-51499 \3,990(税込))とVHS(PCVP-33451 \16,800(税込))で早くも7月29日にソフト化!(CDJournal)


今年の2月に公開され、かなり大きな話題となった映画、
"フェスティバル・エクスプレス"が、ようやくDVD化されるというコトで。
気づいたときには上映が終了してしまっていたので、コレはありがたいお話。

時は1970年。ジャニス・ジョプリングレイトフル・デッドザ・バンドなど、
当時の音楽シーンを彩った最高のロッカーズたち、そしてスタッフ、機材をも
全て同じ列車に載せ、カナダを横断しながらライブを行っていくいう、
他に類を見ないフェスツアーが行われ、その模様をフィルムに収めたのが
この映画なのですが、なぜそんな昔の映像が今更映画化されるのかというと、
当時のカメラマンが勝手に映像を持ち帰ってしまったり、
プロデュース・チームが内部で衝突してしまったりで、
いつの間にかフィルムの行方が分からなくなってしまっていたそうなんですね。

しかし、長いコト放置され続けていたそのフィルムを当時の制作者が見つけ出し、
どうにか作品として仕上げまして、実に35年の時を超え、
こうしてお披露目されるに至ったという、まあいわく付きの作品であります。

この映画を知るまで、こういうフェスがあったというコト自体知りませんでしたが、
なんともココロを振るわされるというか、きゅーんとなってしまいますよねえ。
だってこのフェスの設定ったらねえ?街から街へと旅をしながら音楽を奏でる、
まあそう言ってしまうと単なるツアーじゃん、てな気もしますが、
なんてったってメンツがメンツですもの。ジャニスにデッドにバンドですよ?
その他もトラフィックバディー・ガイまでいるんですから、
音楽伝説超人の超人オリンピックみたいな内容ですわ。

この映画の見所はステージでなく、タイトル通り列車の中にあるようで。
列車の中でミュージシャンによる自然発生的なジャム・セッションが発生、
その姿がバッチリ撮られているんですよ。いわゆる「キター」てヤツだ。
ジャニスやデッドのジェリー・ガルシアが酒に酔っぱらいながら、
嬉しそうにジャムしている姿がスクリーンに映し出された日にゃあ、
もうどうなっちゃう?どうなっちゃうって、そりゃ天国行き確実ですわな。
だってこう書いてるだけでもハァ…って、タメ息付いちゃいましたもん。
ハッキリ言って奇跡です。もう一回言いますよ、コレは現代の奇跡です!

そんな"フェスティバル・エクスプレス"ですが、日本を代表するフェス、
FUJIROCK'05でも深夜上映されるコトが決定しております。
FUJIでの音楽映画上映は恒例となっておりますが、
僕はまだ参加したコトありません。が、がしかし。
今年はねえ、こりゃゼヒとも、是が非でもお願いしたいですね!

B0009NW59Mフェスティバル・エクスプレス
ドキュメンタリー映画
ポニーキャニオン 2005-07-29

by G-Tools

2005-06-18 23:07 | 音楽映画 | Comment(0) | Trackback(1)
「アメリカで最も成功した日本人ミュージシャン」ではなかった/PUFFY

明治維新以来、日本が常に羨望の視線を投げ続け、目指し続けてきた、
「欧米」という存在。福澤諭吉がいわゆる"脱亜論"の中で説いた、
「アジアの一国ではダメ。欧米の仲間入りをして、アジアを感化すべし」という論調は、
戦前戦後を通し、形を変えて日本人の潜在意識に横たわっており、
ある種のイデオロギー化しているとさえ言えるでしょう。
もっとも、最近はかつて日本が嫌った「アジア」の代表国であった中国が台頭し、
その巨体をちょっと振るわせるダケで、日本に激震が走るという事実が、
良くも悪くも分からされた気もしますが…

柄にもなく固い話になってしまった上、コレから書こうとしている話には、
イマイチそぐわない内容だったのでどうしよう。スゲえ書きにくいよ。
でもココまで書いちゃったから載っけちゃえーエィエィ。

スチャダラパーに"YO!国際派"という、過度に「あっちの方」を意識する人を
からかっている曲があるんですが、なんだかんだいって、やっぱ日本人の目は
「あっちの方」に向いてしまうもので。あっちってどっち?
曲の歌詞を引用させてもらえば、「あっちの方っつったらそっちの方」です。
で、今日の話題は「あっちの方」で最も成功した日本人ミュージシャン。
まあタイトル通り、パパパパPUFFYのコトですが。

PUFFYがアメリカでブレイクし、彼女らをメイン・キャラクターとしたアニメ
アメリカン・キッズを釘付けにしているという話は、結構ニュースでも
取り上げられましたので、ご存知の方も多いかと思われますが、
その人気は留まるところを知らず、ついにゲーム化にまで至ったようです。

CDJournalの記事によれば、「SIMPLE2000」で知られるD3PUBLISHER
アメリカ子会社が、アニメ"Hi Hi Puffy AmiYumi"のゲームライセンスを、
カートゥーン・ネットワークと結んだとのコト。ゲームはGBAのソフトで、
まず北米で販売され、その後日本などで販売されるようです。

ミュージシャンのゲーム化っていうと、僕はメガドライブの伝説的ソフト、
あの人が「ポゥッ」と叫びながらポーズを決めまくり、敵とダンスしながら
誘拐された子供を助け出していく"マイケル・ジャクソンズ ムーンウォーカー"か、
おそらく史上初の恋愛アドベンチャーゲームであり、
なんとクリア特典が「アイドルの電話番号」という凄まじさの
"中山美穂のトキメキハイスクール"くらいしか思い浮かびません。
まあ、どっちもバカゲーですわな。

PUFFYのゲームがどんなものになるのかは分かりませんが、基本的には
アニメをベースにした内容になるのでしょうね。残念ながら僕はこのアニメを
観たコトがないので、あんまり詳しくお伝えするコトができないのですが。

にしても、日本人ミュージシャンにとって欧米、特にアメリカという国は
やはり永遠の憧れの地であるようで。
ドリカムやヒッキキなど、あっちへの進出を計る人たちは後を絶えません。
ですがヤハリ、日本人にとって鬼門である英語が壁となり、
日本ほどの成功を収められた人たちはほとんどいないというのが現状なワケです。
そんな中でこのPUFFYの成功は稀有というか、例外といってもよい。

もちろん海外で活躍している日本人ミュージシャンが皆無である、
というワケではありません。例えばハイ・スタンダードは、
世界で100万枚売っていますし、少年ナイフボアダムスも人気。
他にパッと思いつくのは、チボ・マット、ゴリラズの羽鳥美保がいますね。
それにクラブ系なら、世界的な大物とされている人がたくさんいます。
しかし彼らの場合、まず海外で火がついてから日本に逆輸入されたケースが
大半といってイイかと。日本から海外へ輸出されて成功した人というのは、
PUFFYくらいなんじゃないでしょうか。しかもアニメ化、ゲーム化ですから、
単なるミュージシャンとしての枠を超えた活躍っぷりですね。

ちなみに日本人ミュージシャンがアメリカで番組を持ったコト自体は、
PUFFYが初めてではありません。何をかくそう、第一号はピンクレディー
コチラもそこそこ人気があったようです。いや、調べたら結構人気あったみたい。
しかも坂本九以来のビルボードランクイン(37位)も果たしてるんですね。
って、坂本九は日本人というかアジア人で初めてのビルボードランクイン、
しかもベスト10入り(9位)を果たしているんだから、こりゃ別格なのか?
そもそも先ほど挙げた羽鳥美保、チボ・マットとして全米カレッジチャート1位、
ゴリラズとしてビルボード1位&世界で600万枚のセールスを上げているワケで…

あれあれ?ひょっとしてPUFFYよりスゴいんじゃないですか?

というワケで今回の記事は破綻いたしました。
頭に脱亜論を持ってきておきながらPUFFYの成功を記事にしようとした時点で、
内容が破綻するのは目に見えていましたが、ヤッパリですわ。
PUFFYには、まだまだ目指すべきが存在しておるワケですね。
長々と書いてきて、結論はそうなりました。なっちゃったよ。

ココまで読んでくれたアナタ。アナタはとてもイイ人だ、ありがとう。
そんで、そんでね、ごめんなさい…

B0006A9GF4Hi Hi Puffy Amiyumi: Music From the Series
Puffy Amiyumi
Epic 2004-11-16

by G-Tools

2005-06-17 23:33 | 音楽日記 | Comment(0) | Trackback(1)
ハッとしてGoo/Sonic Youth

彼らを“NYシーンで最も重要なバンドのひとつ”として位置付けられることになった、ロックの歴史に残る重要作でありますが、その『GOO』のデラックス・エディション盤がリリースされることになったそうです。(CDJournal)


いやはや、1980年結成だから、今年でキャリア25年目、
いわゆるひとつの四半世紀ですか…

父さん、彼らは僕の生まれた頃に結成されたワケで、
つまり彼らと共に僕も人生を歩んできたワケで、
そんな彼らにシンパシーを感じずにはいられないワケで、
僕は「北の国から」って生まれてから一度も見たコトがないワケで、
だから「北の国から」ってのは純と蛍の恋愛を軸にした話だと思ってたワケで、
そのせいで課長に小一時間、説教されたコトがあるワケで…
「~なワケで」って言えば北の国からになると思ってるワケで。

彼らって誰だ!?誰かと問うならば教えましょう。
その名もソニック・ユース。Excite翻訳で直訳すると、「音の若者」。
またの名を「N.Yアンダーグラウンドの帝王」。なんかチープなまたの名ですが。
まあ、とにかくソニック・ユースなのです。彼らはスゴいんです。

しっかし、ソニック・ユースってえのはどうもアレなバンドなんですよね。
名前はそれなりにビッグなのに、どうにも聞き手を選ぶというか、
ハッキリ言えば一般ウケしないというか。
まあ非常にアート志向が強いバンドなので、そもそも一般ウケなど
狙っていないんでしょうけれどもね。誰だったかは忘れてしまいましたが、
「ソニック・ユースにポップセンスがあったら、スゴいコトになるのに…」
って真顔で語ってたので、一般的には実験的な音楽ばっかりやってて、
ポップセンスがないバンドだと認識されているのでしょう。

実際曲を聴いていただければ分かりますが、彼らの音、本質はノイズです。
そのアタリ、フロントマンのサーストン・ムーア自身が、
「『至高のノイズ』こそ自分たちの求める音」だと言い切っていますから、
ぎゃりーんぐわーんびょよよわーんって音が大スキでたまらないんでしょう。
その上アングラ帝王なんて異名ですから、確かに敷居が高いと言わざるを得ない。

だが俺は知っている!コイツらがテレビで「ノイズ人生相談」なんてやってたコトを!
視聴者からの悩みに対し、全てギターノイズオンリーで回答していたコトを!
b,Voのキム・ゴードンが実はキティちゃん大スキ(超マニア)だと言うコトを。
そして…"GOO"は、ロック史上に残る素晴らしいアルバムだというコトを!

さあやっと冒頭の記事にふれられます。
スデにインディー界ではその名を轟かせていた彼らのメジャーデビュー作であり、
それまで実験精神に隠れていたメロディーワークのセンスが爆発した作品であり、
90年代を席巻したオルタナティブ・ムーブメントに多大な影響を与えた記念碑であり、
大多数のファンが、ソニック・ユースを聞いたコトがないという友人に、
まず手始めにオススメするアルバムNo1であるトコロの大傑作"Goo"が、
デラックス・エディションにて、ついにリリースされますぜワッショイショイ!

記事によれば、03年にデラックス・エディション盤化された、"Dirty"同様に、
オリジナルマスターから新たに制作されたリマスターディスクにデモ、
シングルBサイドに、リハーサル・トラック、未発表ヴァージョンなど、
とにかくてんやわんやのしっちゃかめっちゃかに詰め込んだボーナスディスクが
セットされているとのコトです。つまりもスンげえってコトなのですよ。

実際このアルバムは、ホンの少しでもソニック・ユースが気になるなら、
今スグにでも聴いて欲しい、そして、ロックが如何に懐の広い音楽なのか、
如何に都合のイイ音楽なのかを知っていただきたい、そう僕に思わせる、
どうにも例えようのない、文字通り「純粋な」傑作なのですよ。
ぶっちゃけデラックス・エディションでなくてもイイから、
デラックス・エディションなんてマニアにしかウケないの分かってるから、
むしろ通常盤で聴いていただきたい。騙されたと思って。ね?
きっと騙されたと思うにきまってるケド、こんな音楽さえも、
「歴史に残る重要作」なんて言われてしまうトコロがロックの凄みなので、
あああ、もう書いてるだけで酔っ払っちまったよ。とにかく聴けよ。
聴いて、その上で異論反論オブジェクション、どしどしお待ちしております。

B000003TA2Goo
Sonic Youth
Geffen 1990-06-15

by G-Tools



2005-06-16 23:19 | 音楽日記 | Comment(3) | Trackback(1)
マイケル無罪を年表で振り返る/マイケル・ジャクソン

子どもに対する性的虐待罪などに問われた米人気歌手、マイケル・ジャクソン被告(46)に対する裁判で、米カリフォルニア州サンタバーバラ郡地裁陪審は13日、10の罪状すべてで無罪評決を下した。(nikkansports)


ついに判決!マイケルイズイノセントでございました。
が、ホントにコレで収束するやらしないやら。
どう転んでも、もう少し面白くなりそうです。

思えばいろんなコトがありました…以前お伝えしたのはホンの一端。
せっかくですから、今日はマイケル無罪までの歴史を
年表形式で振り返ってみましょう。

2003/11/18
カリフォルニア州のサンタバーバラ郡警察署と同郡検察局の捜査員が
ネヴァーランドの家宅捜索を実施。

2003/11/19
サンタバーバラ郡地区検察、
14歳以下の児童に「みだらな性的行為」を働いた疑いで逮捕状を発効

2003/11/20
マイケル逮捕。しかし、わずか45分後、300万ドル払って保釈。

2003/11/26
児童性的虐待容疑を否定するサイトを立ち上げる。

2003/12/18
郡司法当局が各報道機関に対し情報発信サイトを設立するのに時間をとられ、
逮捕より1ヶ月遅れでサンタバーバラ郡上級司法裁判所に起訴される

2004/01/16
サンタバーバラ郡上級司法裁判所の罪状認否で全面的に無罪を主張
ファンも裁判所の前で無罪を訴える大規模な集会を実行。

2004/01/22
被害者の少年が、過度のストレスで体調を崩す

2004/02/11
ニューヨーク・タイムズが、累積する債務でマイケルは破産寸前と報道。
記事中で一ヶ月に約700万ドル(約7億3,500万円)使う豪華生活を紹介。

2004/04/13
AP通信など、ロサンゼルス警察が別件の児童虐待容疑を調査していると報道。

2004/04/30
大陪審、十分な証拠が揃ったとし、正式にマイケルを起訴

2004/06
マイケル、刑務所の中で死ぬコトを想像し、ビビる。
また、この頃ロサンゼルスの容疑は棄却

2004/07/22
マイケル、4つ子の父親になるとの報道。本人サイドは否定。

2004/09
父親が胃潰瘍で入院。手術を受け、無事に退院。

2004/10
エミネムのPVでバカにされる

2004/11
ルイジアナ州の男性が、20年前にマイケルから虐待を受けたと提訴。

2004/11
ロサンゼルスの骨董品店が代金未払いでマイケルを提訴

2005/01/31
初公判が行われる。ホワイトスーツに身を包み、Vサインで入廷。

2005/02/15
マイケル、インフルエンザで緊急入院。
また、裁判の証人候補として多くのセレブが名乗りを挙げる。

2005/03/17
USA TODAYが、「それでもネヴァーランドへの訪問希望者が後を絶たない」と報道。
また、この日元家政婦がネヴァーランドで酔っ払った子供たちを見たと証言

2005/05/11
以前から関係をウワサされていたマコーレー・カルキンが証言。当然虐待を否定。

2005/06/13
「ウイルスに最も悪用される有名人」の第6位に。ちなみに1位はブリトニー。

2005/06/13
全ての容疑において無罪の判決。マイケル思わず涙を流す。



それなりに割愛したツモリですが、こうして改めて見てみますと、
やっぱりイロイロとあったんですよねえ。
何はともあれ、とりあえずはまあ、よかったよかった…んだよな?

ちなみにコレ以前のマイケル年表はコチラのBARKS記事にありますよー。

また、コチラMTVの「マイケルはどうやって復活すべきか?」という記事も
なかなか面白いのでご参照あれー。

B00006HBCUベスト・オブ・マイケル・ジャクソン
マイケル・ジャクソン
ユニバーサルインターナショナル 2002-09-21

by G-Tools

2005-06-14 08:16 | 音楽日記 | Comment(1) | Trackback(7)
デスチャ解散表明にかこつけて/デスティニーズ・チャイルド

現地時間の11日、スペイン・バルセロナで開催されたコンサートのステージ上で、デスティニーズ・チャイルドのメンバーが思わぬ発表でファンを驚かせた。(MTV)


今日は人気絶頂の3人娘の解散話が飛び込んできましたよ。しかもステージ上から。
この構図、日本人ならどこかで見た覚えがあるような…気がしません?
そう、日本でいうトコロの「キャンディーズの衝撃」というヤツですね。
実際そんな言葉があるのかは知りませんが。キャンディーズ世代じゃないし。
そもそもステージ上で発表したんですよね?で、3人娘ですよね?
ランちゃんスーちゃんミキちゃんだから、3人で合ってるな。そうだよな。
まあ「キャンディーズの衝撃」でググったら、「南海キャンディーズ」しか
ヒットしなかったので、多分そんな言葉無いのでしょう。うん、無いよ無い。

いや、むしろココはヒットした南海キャンディーズを誉めるべきだと思おう。
確かにヤツらのファーストインパクトはスゴかった。あのキャラは明らかな反則
マサに「衝撃」と言わざるを得ない。「反則キャラ」と言えば安田大サーカス
忘れてはならぬ。昨年のSUMMERSONICでチラっと見ましたが、スゴいっつーかヒドい。
ヒドいよ、あの汗の量。小ぶりなナイアガラだもの。軽く荘厳な雰囲気さえ…

「俺、何書いてんだ…?」って自分でも思うときはありますよ、タマには。

MTV他によれば、コレまでの累計売り上げ枚数が4000万枚を超えるなど、
名実共に世界No1女性ポップ・ヴォーカル・グループであるトコロの
デスティニーズ・チャイルドが、現在行われているワールド・ツアーを最後に解散、
ビヨンセ・ミシェル・ケリーの3人は、今後ソロ活動に専念するんだそうで。

ステージ上での発言に加え、本人たちのコメントも出ている模様。
それによれば、

「9歳の時からデスティニーズ・チャイルドとして一緒に活動しており、14歳の時から一緒にツアーをしてきた。」
「話し合いと自己分析の結果、今回のワールド・ツアーが、友情私たちに有終の美を飾らせてくれると気付いた。」
「ファンの皆さんに感謝すると共に…またお会いできることを願っている」


んだそうで、まあ円満な解散というコトになるのでしょうね。
ソロ活動にしても、3人ともスデにソロアルバムを出した実績がありますし、
特にビヨンセはソロでもマルチプラチナをゲットしていますから、
それぞれ今後の活躍に期待、ってトコですか。

でですね、デスチャというと多くのヒット曲があるワケですが、
僕はチャーリーズエンジェルの"Independent Women, Pt.1"や、
"Survivor"くらいしか知りません。聴けば分かるとは思いますけれども…
しかし、純粋なデスチャの曲ではないのですが、
彼女たちがカラんでる曲で、完全にヤられてしまったのがあるのですよ。
デスチャサイドとしても、ある意味ヤられた曲といえるかもしれません。
デスチャ解散にかこつけて、紹介してみたいと思います。

2 Many DJ'sというベルギーのDJユニットがおりましてですね。
昨年、一昨年とエレクトラグライドに出演していますので、ご存知の方も多いかと。
コイツら、古今東西ジャンルを問わず、まあ何でもmixしてしまう。
最近ではこういうの「バスタードポップ」なんていうんですかね?
とにかくその2 Many DJ'sの1st作品に、デスチャのmixがあるのですが、
驚くなかれ、その名も"Nirvana vs Destiny's Child"というのですわ。
かの名曲"Smell's Like Teenage Split"にデスチャをかぶせてしまったという、
南海キャンディーズ・安田大サーカスもビックリの、超ド級の衝撃ですよ。
もう、何も言いますまい。手に入るかどうか微妙ですが、
機会があればとにかく聴いてみてください。
コレを初めて聴いて爆笑しない人、僕は信用できません。

B00005B5ZUSurvivor
DESTINY'S CHILD
Sony/Columbia 2001-05-01

by G-Tools

B0007WG9BAAS HEARD ON RADIO SOULWAX PT. 2
2 MANY DJS
インディペンデントレーベル 2003-11-15

by G-Tools

2005-06-13 23:21 | 音楽日記 | Comment(0) | Trackback(1)
超有名「カルト」ミュージカル/ロッキー・ホラー・ショウ

唐突ですが、僕の6畳間には、周囲のボロさと不釣合いなソファがありまして。
濃茶のレザーで、ちょいレトロ風な、質実剛健なヤツです。
何というか、部屋の基点となるような、とりあえずドカっと腰を落ち着けられる
場所が欲しくて、冬のボーナスで奮発して買ったのはイイのですが、
いかんせん冬の間は寒くて。フローリングだから足元が冷えるんですよね。
結局、部屋の基点は布団の中になってしまい、本来そうあるべきハズのソファは、
ホコリをかぶったまま、荷物置き場のようになっていました。

しかしイイ加減そんな扱いにしておくのも不憫で仕方ない。どうにかならんものかと、
とりあえず今日、ソファに腰掛けて本を読んでみたら、コレがなかなかイイ塩梅で。
別段、座り心地がいいワケではありませんが、やっぱこう、落ち着くね。ソファは。
何ででしょうね?ほったらかしにしていたのに、部屋に馴染んだというか、
以前座ったときの妙な落ち着かなさがなくなり、非常にゆったりのんびりと。
で、思いがけずテンションが上がったので、次は映画でも観てみようと思って、
借りてきたのが、この"ロッキー・ホラー・ショウ"。超有名「カルト」映画ですね。

本当は"ウェイキング・ライフ"、"永遠のモータウン"、"レイ"のどれかを
観たかったのですが、どれも貸し出し中のため、都合三回目となるこの映画を
借りてきたのでした。ソコまで大スキなワケじゃないんですが、なんとなく…

いや、なぜなんとなく借りてしまったかというと、とにかく頭を空っぽにして、
ベロロ~ンと酔っ払ってしまいたかったのですね、というのも、
実は前の日も朝まで飲んでまして、日中余りにもグダグダだったため、
こうなったら迎え酒でとっとと寝てしまおう、なら酔いが回る映画にしよう、と。
そして酔いが回る映画なら、コレの右に出る作品はありません。

あらすじ…

友人の結婚に触発され、婚約したブラッドとジャネット。
恩師スコット教授に報告に向かうが、途中道に迷った挙句、車はパンク。
おりしも外は雨、仕方なく二人は不気味な城で電話を借りようとする。
しかし、城では狂気のごときパーティの真っ最中。それもそのはず、
この夜は、城主フランク・フルター博士の愛の結晶、
人造人間ロッキーが誕生する特別な夜だったのだ…


って、あらすじを書けば一応格好のつくストーリーがあるのですが、
基本的にストーリーを意識する必要はなし。城で起こる全てが
その場の成り行きで進んでいきます。だから頭空っぽでOK。
また、ホラーと銘打ってはいますが、実際はコメディ。怖いコトはありません。
ロッキーも、いわゆるフランケンシュタインみたいなああいうのではなく、
ブロンドマッチョの超美男子。そして生まれたばかりのため、純真無垢。
倒錯しきったフランク・フルター博士とのコントラストが冴えています。
タイトルになってるにもかかわらず、イマイチ活躍の場が少ないのがアレですが。

そしてこの映画、もともとはミュージカル生まれなんですね。
70年代前半のロンドンで作られたというと、ああなるほど、と思うかも。
当時のロンドンと言えば、マサにグラムロックが隆盛を極めていたワケで、
当然キャラクター造形や劇中の楽曲にも大きな影響が見受けられます。
要するにノリノリで、モラルにとらわれない世界観が広がってるというコト。
それはスクリーンの外にも広がっており、映画館で観る場合は、
「スクリーンに向かって物を投げない。スクリーンには触らない」
このルールさえ守ればあとは何でもOK、とさえされており、
みな思い思いにダンスしたり、歌ったりして楽しむと。
映画館で観た事はないのですが、そんな感じらしい。

とはいえ、ドギツい衣装、コテコテの性倒錯や下品な台詞など、
やはり好き嫌いが分かれるのは仕方ないでしょうね。
むしろ、大スキと大キライに分かれるといった方が正しいかもしれません。
頭を空っぽにして映画をみるのであれば、例えばスターウォーズのような、
ハリウッドの超大作もイイのですが、たまには一風変わったこの映画で
悪趣味な笑いに任せてみるのもまた一興…かもしれません。


B000793D9Eロッキー・ホラー・ショー
ティム・カリー ジム・シャーマン
スーザン・サランドン バリー・ボストウィック
20世紀フォックス 2005-02-18

by G-Tools

2005-06-12 03:46 | 音楽映画 | Comment(0) | Trackback(0)
国際スパイ アレックス・ハントリー/フランツ・フェルディナンド

フランツ・フェルディナンドのフロントマン、アレックス・カプラノスが、モスクワの空港で国際スパイと間違われたという。'92年、カプラノスと同じ名を使用し、ミサイルの極秘情報を盗んだMI6のエージェントがいたらしい。(BARKS)


フランツ・フェルディナンド。フランツ・フェルディナンド、スキなんですよ。
そう、最初に"Take Me Out"を聴いたとき、そのトキ僕はまるで
白馬の王子様を前にした乙女のように、魂持ってかれるような衝撃を…
って、そりゃちと言いスギですが、でも大スキなのは本当です。
強引極まりない構成、胡散臭いルックス、一発屋スレスレの危険な香り。
もちろんコレ、誉め言葉で書いてるんですよ?言い訳すると余計嘘っポイかな…

でも。でもアイツら胡散臭いんだもん。何というか、ギリギリボーイズですよ。
特にVoのアレックス。日本で言えば岡村靖幸及川光博
英国だとモリッシー…?まあ、その系譜の正統後継者的存在ですな。
ギリギリ感が逆に魅力なんですよね。アレはカワイイ言われるよ。モテる
モテるってコトの何たるかを知ってるね、アイツは。あざといヤツめ。
…何かフランツファンに怒られそうな文章だなあ。ホントにスキなんですってば。

で、冒頭の記事。
BARKSによれば、アレックスが母親の旧姓"ハントリー"を使って旅行していたら、
同姓同名の国際スパイと間違われて尋問されたんだとか。
その国際スパイは「007」で有名な英国の諜報機関「MI6」の諜報員で、
92年にミサイルに関する極秘情報を盗んだらしいです。
いるんですねえ。こういう、映画みたいなスパイらしいスパイ。
そしてアレックス。間違われる相手が、よりによって国際スパイとは。さすが。
記事を読む限り、本人はかなり動揺したようですが。まあそりゃそうでしょ。
ゴッツいロシアの警備員に「お前スパイだろ?正直に吐け!」って迫られたら、
そりゃあビビりもしますわな。かくいう僕も、以前オランダ・ベルギーに
一人旅したとき、オランダの空港で入国時に捕まったコトがありまして…

別にカミングアウトではありません。僕は何も悪いコトしてませんよ、当然。
係員と「この時間電車はもうないぜ?」「なら名物の自転車で街まで行くよ」なんて
コジャレたトークを交わしていたら、イキナリ個室に連れて行かれ、
2mはあろうかというオランダの大男がこんにちは。マンツーマントーク開始。
やれ職業だの持ってる金額だの入国目的だのさんざん聞かれた挙句、
拘束の理由を問いただしたら、あの大男め、こう言いやがりました。

「金持ちの日本人が、深夜に一人モスクワ経由でやってくるなんて怪しすぎる」

金のない日本人だっているっつーの。ココに。だいたい周りを見てみろよ。
俺以外に拘束されてるヤツら、みんなスキンヘッドだわタトゥー入りまくりだわ、
そもそも尋問してるお前自体スキンヘッドだし、明らかに俺一人浮いてるだろ!
などと英語でツッコめるハズもなく…ソコは怒りをグッとこらえ、
日本人らしいファジーな笑顔で切り抜けたのでした。

ええと、何の話でしたっけ?ああ、そうです、フランツ・フェルディナンド。
ロシアってコトは、おそらくソールドアウトした公演のトキでしょうね。
まあ、散々な目に会いながらも何とか無事に戻ってこれた彼ら。
現在ニューヨークでマスタリング中の2ndアルバムについて、

「ある曲では、ニックが超ご機嫌なコード進行を聞かせてくれるよ。まるで(ニルヴァーナの)『Smells Like Teen Spirit』みたいにね。」(MTV)


とまあコレ、嬉しいコトを言ってくるじゃないのよさ~!
その2nd、今のところ9月下旬のリリースとなる予定だそうです。
あの変態的な進行は顕在なんでしょうか?そしてアレックスの前髪は?
まだまだ楽しませてくれよ、頼むぜフランツ!ホントにスキなんだぜ!

2005-06-09 22:53 | 音楽日記 | Comment(0) | Trackback(1)
第15弾発表とキャンセルのお知らせ/SUMMERSONIC'05

icon0202_r09_c1_f2.gif

第15弾出演アーティスト発表!!


しっかし「第15弾」て。細切れスギでしょいくらなんでも。
というワケで、今回追加されたのはHipHopから一組。大御所です。

■東京:8/14 大阪:8/15
++MOUNTAIN STAGE++
PUBLIC ENEMY

むむ、パブリック・エナミーときましたかー。
80~90年代初頭のHipHopを語る上で外せない、大御所というか重鎮というか。
RUM DMCあたりと並んで、HipHop伝説超人候補最右翼の人たちですね。
政治的、社会的な歌詞(そもそも名前が「大衆の敵」ですからねえ)を
HipHopに持ち込み、「黒人のロック」と言わしめるまでにした立役者。
この参戦決定は結構嬉しいなあ。

と同時に、FINCHのキャンセルも発表されました。
何でも、自身のツアーと重なってしまったためだそうで。
確かコイツら去年もキャンセルしてたような。
ぶっちゃけ僕は余り思い入れのないバンドなので、特に感慨はありませんが、
ファンにしてみたら、まったくやってられませんな。
まあ、例年どのフェスも誰かしらキャンセルするものなので、
仕方ないのかもしれませんけれども。にしても2年連続はちょっとねえ。

で、今年のサマソも9割がた固まりましたね。
まだ未定なのが3枠、プラスFINCHの代替で、合計4枠ってトコですか。
まさか第19弾まで引っ張る気かなあ。引っ張っちゃいそうな気もするなあ…

B00005LMKS20th Century Masters - The Millennium Collection:
The Best of Public Enemy

Public Enemy
Def Jam 2001-06-19

by G-Tools

2005-06-08 22:11 | サマソ日記 | Comment(0) | Trackback(0)
いや、ホントに8月開始なんじゃないの?/iTunes Music Store

Apple ComputerはiTunes Music Store(iTMS)サービスを8月から日本でも提供し始める――日本経済新聞が6月7日、報じた。(ITmedia)


先に言っておきますと、この報道に対し、Appleは正式に否定のコメントを出してます。
また、記事中で楽曲提供に合意したとされる東芝EMIエイベックスも同様。
現在「条件面で合意に至っていない」とされたソニーミュージックも、
「協議しているのは事実だが…」とのコトで、今のトコロこの報道の真偽は闇の中
でも、このニュースに反応してエイベックスや音楽配信会社の株価が上がったり、
世間の期待の大きさをうかがわせております。

そういや以前もこんなコトありましたね。あのときは毎日新聞の報道でした。
まあ、そもそもiTMSが今年の3月に開始される、いや4月だ、なんて
随分と前からやってたワケで、正直またか、ってな感想ではありますが。
ただ今回は日経ですしねえ。まったく根拠のない話ではないのでしょう。
毎日にしても「今年中に開始」と報道したワケで、別に誤報と決まってはいません。

むしろ、少なくとも毎日に関しては当たっているんじゃないでしょうかね。
それどころか、8月の日本iTMS開始、かなりあると考えてるのは僕だけですか?

一応根拠を挙げてみますと…

①数日前から「レコード会社から連絡がきた」との噂があった
②日経新聞の記事がかなり詳細な内容である
③各レコード会社とも「協議しているのは事実」と認めている
④8月あたりに第5世代iPodの発表がありそう


うん、根拠弱い!弱いなあ…まともって言えるのは①②くらいですかね…

①は、ココ数日ちょろちょろとネット上で見かけてました。
「大手ショップにレコード会社から8月開始との連絡があった」んだとか。
出所がドコなのかは、よく分からないのですがね。
大して信じてなかったんですが、実際報道があった今日になってみれば、
話は別ですよねえ、コレ。

②の方は、コレまでの、ただ「開始される」という報道とは異なり、
合意したレコード会社名を複数挙げた上で、ソニーだけ合意していないとか、
1曲の値段は150円だとか、かなり細かく、具体的な内容が書かれている点。
この①と②を組み合わせるに、ごく最近、何らかの進展があったとは
考えられないでしょうか。考えたってイイじゃないかー。

③は…、こう、協議しているって各社が足並そろえたのは初めてな気が。
今まではノーコメントばっかでしたし、何より「足並みそろえた」のが重要。
発表するなら大手各社のコンセンサスを得てからでしょうから、
少なくともレコード業界として、ある程度、認識の一致があったのでは?と。

④は完全に僕の憶測、というか妄想。AppleといえばIntelプロセッサの採用が
大きな話題になっていますが、この話がMacに留まらず、iPodにも波及するのは、
アレです、自明の理ってヤツ。んで、提携第一号は動画iPodって話があって。
第4世代の発表から1年経つコト、動画サポートは規定路線であるコト、
iPodの在庫がダブつき始めている現状、その一因であるmp3ウォークマンの脅威…
と考えていくと、そろそろ発表があってもイイのでは?などど思ったのです。
ぶっちゃけ、コレはこじつけに近い発想かもしれませんが、この次世代iPodと共に、
日本でのiTMS開始がアナウンスされたり?しないかな。


まあ、8月開始はあくまでも個人的にありえるのでは?というだけで、
今のところ期待8:願望2の、単なる妄想でしかないのですけれども。
ただ、最早日本でのiTMS開始への障壁はレコード会社との値段交渉だけですし、
国内音楽ダウンロードサービスの起爆剤としての役割を、業界を挙げて
期待しているのも事実。ソニーからも今回そんなコメントが出てます。

その値段なんですが、Appleは報道通りの1曲150円、レコード会社は300円
せめぎ合っているようですね。着うたフルが300円で売れているという事実が、
一部のレコード会社側を強気にしているのだとか。まあ気持ちは分かるけど。
でも米国が約105円、高いとされる英国でさえ約160円ですから、
もし300円となれば、こりゃちと法外な金額。足かせとなる可能性も十分あります。

とまあ、長々と妄想混じりの文章を書き連ねてきましたが、
結局、「何でもイイから早く始めてくれよ」てのが本音ですよね。
ホント、早く。早くぅってばー。

2005-06-07 23:25 | 音楽林檎印 | Comment(0) | Trackback(3)
第7弾発表にあのバンドの名が!/FUJIROCK'05

出演アーティスト第7弾発表!ROOKIE A GO-GO出演者決定!!
(FUJI ROCK FESTIVAL'05)


おらっしゃあああ!なんとなんと、あのバンドがついに苗場の地に降り立つ!
この状況に興奮を隠しきれるワケがありません。いやあ、スゴいコトだよコレは。
アジカンや、彼らにとっての先輩格であるサンボマスターも通ってきた道を、
ついに我らがかまボイラーが!ゴーイングゴーイングサクセスロード!

ええ…少し冷静に状況を説明いたしますと、FUJIROCK'05の第7弾出演者が
発表されまして。メインステージのほか、今回は恒例ROOKIE A GO-GO
メンバーも一挙に公開されました。で、でですよ。かまボイラーもその中に
ドドーンと、バシーンと名を連ねたワケですね。嬉しいったらありゃしねえよ。
かまボイラーって?何をそんな盛り上がってるの?って人はコチラの記事を。

いや、実際そう深いつながりのある人たちではないんですけれども、
やはりこう、昔から知ってますしね。Voの清水(兄)さんは、
むかーし僕らのライブを観にきてくれたコトも。本人は覚えてないでしょうが。
スキなバンドがブレイクしたとたん、急に冷めちゃうようなコトって
良くありますが、彼らにはがっつんがっつんブレイクして欲しいです。
やっぱね、いいバンドはちゃんと認められにゃあいけませんよ。

しっかしこうなるとどうしても、もう一方の雄であるビイドロにも期待が。
来年こそFUJI出ちゃって、ほんでマーキーあたりで度肝抜くライブして欲しい!
ビイドロも着実に活動の場を広げてきてますから、あながちなくもない話。
ちなみにかまボイラー、ビイドロが出演するライブが近々にありますのでご紹介。
絶対損はさせませんのでゼヒ!もし損した金返せってコトになったら…
ええい、そしたら俺が払ってやるよ!だから行ってみってば。

2005/7/3(日) 新宿 red cloth
かまボイラー、ビイドロ、大森元気(残像カフェ)、ニーネ
open 18:00   start 19:00
前売り \1800  当日 \2100 



で、なんだかとってつけたようになってしまいますが、その他の追加はコチラ。

■7/29(金)
++FIELD OF HEAVEN++
風味堂

++ALLNIGHT FUJI++
YOUTH
DIMITRI D.K.N (SOLSTICE MUSIC)
VJ : UKAWA NAOHIRO

++ROOKIE A GOGO++
dub 'n'rush
Lucky13
マッカーサー・ア・コンチ
The Cherry Coke$
ワッツーシ ゾンビ

■7/30(土)
++ROOKIE A GOGO++
Herish
MOTOR MUSTANG
pocketLife
the CHICKEN masters
understatements

■7/31(日)
++ROOKIE A GOGO++
ジャズネコ
かまボイラー
QUATTRO
ロザンナ
STAN


ルーキーと共に、オールナイトフジのメンツも揃いましたね。
個人的にはYOUTHに興味があります。あのKilling Jokeの元ベーシストにして、
今やハウスの大御所。YOUTHとしての曲は聴いたことないのでこの機会に。
タイムリーなコトにKilling Jokeのリマスター盤も出るようですので、
こちらもこの機会に買っちゃおうかな。

例によって、追加メンバーの詳細はFUJI公式FUJIROCKERS.ORGでどうぞー。

B0006U0HGGファースト
かまボイラー
インディペンデントレーベル 2005-01-19

by G-Tools

B0002B58EK星の方から~初期ビイドロの軌跡&新曲~
ビイドロ
インディペンデントレーベル 2004-07-07

by G-Tools

B00016ZR3Sキリング・ジョーク
キリング・ジョーク
東芝EMI 2004-02-25

by G-Tools

2005-06-06 20:30 | FUJI日記 | Comment(2) | Trackback(3)
クリスさん大胆発言/コールドプレイ

「いろんな人からパクってるよ。みんなが思う以上にね」(BARKS)


3年ぶりとなる待望の新作アルバム"X&Y"からのシングル"Speed Of Sound"が、
英国バンドとしてはビートルズ以来となる「発売1週目のベスト10入り」を果たし、
着実に「英国を代表する大物バンド」の地位をoasisから奪いつつある
コールドプレイ。米国に限って言えば完全に世代交代済かもしれませんな。
"X&Y"、日本ではスデに先行発売されておりますが、僕はまだ聴けてません。
といいますか、コールドプレイというバンド自体、実はあんまり聴いたことが…
聴きたい気持ちはスゴくあるんですケドね、巡り合わせが悪いというか。
"X&Y"も友達が貸してくれるって言ってるんですが、コイツは前作も
貸してくれるって言ったまま、スデに1年近く経過。もうキミは信じてあげません。
って、要は自分で買えってコトですよね。とりあえず試聴でもしてこようと思います。

で、冒頭のはそんなコールドプレイのフロントマン、クリス・マーティンの発言。
なんとまあ大胆だコト…。「参考一覧を載せるべきだった」とまで言ってます。
海外では、パクリを公言するミュージシャンってタマに見かけますが、
売れてから実は…ってパターンが多くて、発売前のアルバムについて
堂々とこういう発言をする人ってあんまり覚えがありません。
ニルヴァーナのカート・コバーンの、「ピクシーズをパクった」発言も
かなり売れた後でしたし。まあ、和訳の上での「パクった」なので、
参考にした、とか引用したといった意味である可能性も否定できませんが。

日本では以前からパクリ疑惑を指摘されていたこの人たちが、
やはり同様の「参考にしている」発言をして、一部で注目を浴びました。
って、この記事のトラックバックのホトンドがパクリ関連ですね…
また、最近ではこの人も疑惑が持ち上がっているようです。
以前「"さくらんぼ"は『近鉄の選手の応援歌』のパクリ」っていう
なんて話を聞いたコトも。まあ、ソレはないんじゃない?と思いますが。

個人的には、「パクリ」っていう響きがアレなんですが、先人の模倣から
オリジナリティが生まれるっていうコトは少なからずあると思っているので、
別段そう公言したところで気にはならないのですが、中には糾弾する声も
あるんじゃないでしょうかね。でもソレを言い出したら…ねえ?
アレもコレも、結びつけて考えればパクリの連鎖になってしまいます。
そもそもロック自体が「ブルースのパクリ」と言えてしまうかも。

そういうワケで、クリスさんの発言としては、前述の"Speed Of Sound"が
クレイジー・フロッグ"Axel F"に英国1位を阻まれたコトについての、

「俺たちは奴を“あのリトル・フロッグ”って呼んでるんだ。俺たちはカエルが嫌いだ。俺なんかじんましんが出て、真っ赤になるんだよ。あの小さなものの足をぶち切って、レストランで食ってやりたいね」(BARKS)


の方が気になります。確かに非常にロック臭のする発言ではあるんですが。
なんと言いますか、そもそも、そもそも論として。
「クリス・マーティンってこんなロックな発言をする人だったか?」
っていう疑問が。僕の記憶では、もっと繊細というか細っこい人だったと
思ったのですが、勘違いでしょうか?曲から勝手に想像していただけ?
まあ「俺はあのカエル好きだよ。いい曲だ」なんて大人の発言するよりは、
ストレートに「食ってやる」って言ってくれる方がスキです。

ちなみにその「カエル」ことクレイジー・フロッグ、欧州では大人気キャラのようですね。
この"Axel F"って曲、何がスゴいって「携帯の着メロ」であるというトコロ。
クレイジー・フロッグ自体が着メロ会社のイメージキャラらしいですね。
海外でも着メロの人気は出てきているものの、先行した日本に比べ、
まだ大きなビジネスにはなっていないという印象があったのですが、
いやはや、ひょんなトコロで目からウロコが落っこちました。
日本にはまだ上陸していないカエルくんですが、いずれ話題になるでしょうねえ。
ちなみに画像は↓コチラ。カワイイっちゃカワイイ…かな。

05012901.jpg


B0006L16N8X&Y
Coldplay
EMI 2005-06-07

by G-Tools



2005-06-05 09:38 | 音楽日記 | Comment(2) | Trackback(1)
いろんな「歴代ベスト○○」/v.a.

世の中ランキング大SUKI☆な方々が大勢いらっしゃるようで、
音楽の世界でも、売上ランキングを始めとする様々なランキングが
存在しております。中でも「歴代」と名が付くものは、毎年毎月のように
くるくると入れ替わりながらも、多岐に渡って発表されておりますね。
その中のいくつかをピックアップして一挙大公開~というのが今日のネタ。

マズは"MuchMoreMusic"による、歴代ベスト“お騒がせアーティスト”

1.トミー・リー(モトリー・クルー)
2.エミネム
3.ジーン・シモンズ(KISS)
4.50セント
5.リアム・ギャラガー(オアシス)
6.ジム・モリソン(ドアーズ)
7.アクセル・ローズ(ガンズ・アンド・ローゼズ)
8.キース・リチャーズ(ローリング・ストーンズ)
9.ジョニー・ロットン(セックス・ピストルズ)
10.スヌープ・ドッグ

RockとHipHopで独占しておりますね。やはり「ワル」というと、
この2ジャンルの専売特許でしょうか。
ワルと言えば、「悪そうな奴らだいたい友達」でおなじみのZEEBRAさんは、
慶応幼稚舎に通っていたカナリのお坊ちゃまだそうですね。軽いトリビア。

続いては"RateTheMusic"の歴代ベスト“ミュージックTシャツ”

1.アイアン・メイデン
2.ジョイ・ディビジョン
3.ニルヴァーナ
4.ラモーンズ
5.ローリング・ストーンズ
6.クラフトワーク
7.プライマル・スクリーム
8.メタリカ
9.パブリック・エナミー
10.インスパイラル・カーペッツ

残念ながら上位10着、いずれも持っておりません…
僕が持っている中でのお気に入りは、ベック、ダイナソーJr、ステレオラブ
アタリでしょうか。マッドカプセルマーケッツのTシャツはカッコいい。欲しい。

さてお次は、"Mojo"による歴代ベスト“ロック映画”

1. This is Spinal Tap
2. The Last Waltz/ザ・バンド
3. A Hard Day's Night/ビートルズ
4. Gimme Shelter/ローリング・ストーンズ
5. Pink Floyd: The Wall/ピンク・フロイド
6. Ray/レイ・チャールズ
7. The Filth and the Fury/セックス・ピストルズ
8. さらば青春の光/ザ・フー
9. The Clash: Westway to the World/ザ・クラッシュ
10. HELP! 四人はアイドル/ビートルズ

1位の"This is Spinal Tap"は伝説のメタルバンド"Spinal Tap"の
ドキュメンタリー映画。って、実際は架空のバンドを描いたコメディらしい。
日本では未公開なのですが、ビデオでその雄姿が観られるようです。

音楽に関するランキングではありませんが、"アーゴス"による
歴代ベスト“ヘア・スタイル”ではミュージシャンが大健闘しております。

1.エルヴィス・プレスリー
2.デヴィッド・ベッカム
3.ボブ・マーリィ
4.ビートルズ
5.ヒュー・グラント
6.ジョージ・マイケル
7.ダヴィド・ジノラ
8.ジェームス・ディーン
9.ボーイ・ジョージ
10.ウィリアムス皇太子

上位10名の半分をミュージシャンが占めておりますね。エルビスは偉大だ。
ボーイ・ジョージのランクインはネタと考えるのが正しいんですよね…?

さて、もうちょっと純粋な音楽方面のランキングをみてみましょう。
"The List"による歴代ベスト“スコティッシュ・バンド”は以下の通り。

1.ベル・アンド・セバスチャン
2.トラヴィス
3.アイドルワイルド
4.ウエット・ウエット・ウエット
5.センセーショナル・アレックス・ハーヴェイ・バンド
6.シンプル・マインズ
7.ティーンエイジ・ファンクラブ
8.ベイ・シティ・ローラーズ
9.プライマル・スクリーム
10.ザ・プロクレイマーズ

10位以下にもスノウ・パトロール(14)、フランツ・フェルディナンド(15)、
ジーザス&メリー・チェイン(19)、モグワイ(20)と、ステキなバンドが目白押し
スコットランドが如何に素晴らしいバンドを生み出してきたかの証明ですね。

さて、歴代○○の花形と言えば、やはり“最優秀ソング”でしょう。
サスガにこの手のランクはみなさんつけ難いようで…割れますねえヤハリ。

"Carling"の歴代ベスト“ソング”
1.ニルヴァーナ「Smells Like Teen Spirit」
2.ジョン・レノン「Imagine」
3.ジョイ・ディヴィジョン「Love Will Tear Us Apart」
4.ザ・ヴァーブ「Bitter Sweet Symphony」
5.ザ・ビートルズ「Hey Jude」
6.クィーン「Bohemian Rhapsody」
7.オアシス「Wonderwall」
8.U2「One」
9.ロビー・ウィリアムス「Angel」
10.R.E.M.「Everybody Hurts」

"ヴァージン・ラジオ"の歴代ベスト“ブリティッシュ・ソング”
1.オアシス「Wonderwall」
2.クイーン「Bohemian Rhapsody」
3.レッド・ツェッペリン「Stairway To Heaven」
4.ビートルズ「Let It Be」
5.ジョン・レノン「Imagine」
6.ポリス「Every Breath You Take」
7.ザ・ジャム「Going Underground」
8.ヴァーヴ「Bitter Sweet Symphony」
9.ロビー・ウィリアムス「Angels」
10.ザ・ストラングラーズ「Golden Brown」

"Kerrang.com"の歴代ベスト“ロック・シングル”
1. ガンズ・アンド・ローゼズ「November Rain」
2. ニルヴァーナ「Smells Like Teen Spirit」
3. グリーン・デイ「American Idiot」
4. コーン「Freak On A Leash」 
5. マリリン・マンソン「Tainted Love」 
6. キングス・オブ・レオン「The Bucket」 
7. フー・ファイターズ「Learn To Fly」 
8. ヴェルヴェット・リヴォルヴァー「Slither」 
9. メタリカ「One」 
10. クイーン「Bohemian Rhapsody」 

個々のランキングについて言うコトはありません。どれも名曲だよ。ホントに。



それぞれに個性あふれるランキング。
また(ネタ切れの時にでも)別のランキングもご紹介いたしますね。

2005-06-03 00:14 | 音楽日記 | Comment(0) | Trackback(1)
FUJI日記とサマソ日記

何と言いますか、特にサマソの方が余りにも小出しにしてくるのですよ。
気づく限り逐一記事を書いてきたのですが、イイ加減管理しきれなくなってきたので、
FUJIROCKとSUMMERSONICに関して、カテゴリを新たに作成しました。

FUJIROCK情報→FUJI日記
SUMMERSONIC情報→サマソ日記

まあ、どちらもあらかた出演者の発表は済みましたので、
この先ガンガン記事が増えていくコトはないと思いますが、マトメとして。

2005-06-02 22:16 | 音楽無関係 | Comment(0) | Trackback(0)
第14弾発表はビーチ多め/SUMMERSONIC'05

icon0202_r09_c1_f2.gif

第14弾出演アーティスト発表!!


日本での"ライブ・8"開催に向けて気がはやるトコロですが、
マズは足元から固めていきませんとね~。
昨日、SUMMERSONIC'05の第14弾出演者発表がありましたよ。
今回はビーチ多め、と言いますか、ビーチ以外は1組だけです。

■MARINE/OPEN AIR STAGE
ASIAN KUNG-FU GENERATION

■BEACH STAGE(東京のみ)
BLUE-EYED SON
Steph Pockets
Keison&Caravan
Magnolia
THE MICETEETH
SAKEROCK
orange pekoe

ビーチに日本人の気もちぃ~ドコロが集まってきました。
THE MICETEETHSAKEROCKあたりは旬な人選と言えましょう。
個人的には、diskunionのレビューで

ジャック・ジョンソンのオーガニック・アコースティックにエリオット・スミスの青い憂鬱をブレンドしたかのような驚くべき才能の持ち主。」


と大絶賛されているBLUE-EYED SONが聴いてみたい。
にしても、ソレっぽい音の人を、誰それかまわずジャック・ジョンソンと比較して
プッシュするのは、イイ加減飽きてきた感もありますなあ。
唯一のメインステージ追加となったアジカンは、
去年がハコの中のアサイチだったコトを考えると、マサに大出世。
彼らが主催するNANO-MUGEN FESもありますし、ファンにとって、
今年の夏はアツいものになりそうですね。

去年経験して以来、やっとサマソにもFUJIの「自然」に対抗できる
「ウリ」が出来たなあと思っているんですが、ホントこのビーチステージ、
東京だけなのが残念です。そのアタリのコトは以前も書きましたが、
今回のメンツを見てもねえ。なんともったいない。
大阪の地理は詳しくないのですが、何かこう、欲しいですよ。「ウリ」が。
最近日本でもフェスが増えてきましたが、やっぱFUJIとサマソが顔ですから。
単なる「便利な都市フェス」じゃあ、終わって欲しくありませんもの。

B00022355SWest of Lincoln
Blue-Eyed Son
Eenie Meenie 2004-06-01

by G-Tools

B0002ZY6YEソルファ
ASIAN KUNG-FU GENERATION
KRE 2004-10-20

by G-Tools

2005-06-02 00:52 | サマソ日記 | Comment(0) | Trackback(1)
"ライブ・エイドⅡ"開催決定!日本でも?/ライブ・8

ライヴ・エイドIIともいわれる<ライヴ・8>の開催が正式に決定した。コンサートにはマドンナ、ポール・マッカートニー、エルトン・ジョン、コールドプレイらが出演。7月2日にロンドン、フィラデルフィア、パリ、ローマ、ベルリンの5会場で行なわれる。(BARKS)


今をさかのぼること20年前、飢餓に苦しむエチオピアの人々を救うコトを目的として、
ボブ・ゲルドフ(ブームタウン・ラッツ)を中心に、多くのミュージシャンが参加し、
作成された、ある種伝説の曲"Do They Know It's Christmas?"
昨年末に「バンド・エイド20」版が発売され、大きな話題となりましたね。

その"Do They Know It's Christmas?"の反響の大きさに影響されたアメリカの
ミュージシャンたちは、「USA For AFRICA」として"We Are The World"を作成。
コチラも当然の如く大ヒット。♪うぃあ~ざわ~ うぃあ~ざちるどれ~ん のクダリは、
みなさんもご存知でしょ。未だにTVなんかでかかってたりしますね。
ちなみに僕はこの曲のメイキングビデオを高校の授業で観させられた覚えが。何故?

その両者の参加メンツを一同に集めて行われたのが「ライブ・エイド」であり、
その規模といったら、「全世界約170ヶ国に衛星生中継され、約15億人が視聴した」と
言われているホド。マサに音楽は世界共通語、ってヤツですねえ。

で、前からウワサには挙がってたんですが、この度「ライブ・エイドⅡ」こと、
"ライブ・8"の開催が正式に決定したそうです。おお~。
現在のトコロ、出演が決定しているのは…

■ロンドン:ハイド・パーク
マライア・キャリー、コールドプレイ、ダイド、キーン、エルトン・ジョン、
アニー・レノックス、マドンナ、ミューズ、レイザーライト、シザー・シスターズ、
ポール・マッカートニー、ジョス・ストーン、ステレオフォニックス、スティング、
ロビー・ウィリアムス、U2、R.E.M.、ヴェルヴェット・リヴォルヴァー、
ボブ・ゲルドフ、ザ・キラーズ、ザ・キュアー、スノウ・パトロール

■フィラデルフィア
ウィル・スミス(司会)、ボン・ジョヴィ、マルーン・5、P.ディディ、
スティービー・ワンダー、ジェイ・Z、ザ・デイヴ・マシューズ・バンド、
サラ・マクラクラン、ロブ・トーマス、キース・アーバン、
50セント、カイザー・チーフス

■パリ
ジャミロクワイ、クレイグ・デイヴィッド、ユッスー・ンドゥール、
ヤニック・ノア、アンドレア・ボチェッリ、カロ・ゲロ、キョウ、プラシーボ、
アクセル・レッド、ジョニー・ハリデイ、マヌー・チャオ、ルノー

■ベルリン:ブランデンバーグ・ゲイト
A-ha、クロスビー・スティルス&ナッシュ、ブライアン・ウィルソン、
ローリン・ヒル、バップ、ディ・トーテン・ホーゼン、ピーター・マッフェイ

■ローマ:サーカス・マキシマス
デュラン・デュラン、フェイス・ヒル、イレーネ・グランディ、
ジョヴァノッティ、ティム・マッグロウ、ネック、ローラ・パシーニ、
ヴァスコ・ロッシ、ズッケロ

アレですね、こういうのを「そうそうたるメンバー」と言うのでしょうな。
ちなみに前回も出演しているのはエルトン・ジョン、マドンナ、
ポール・マッカートニー、スティング、U2あたりですね。
今後追加されていきそうなのは、再結成がウワサされるスパイス・ガールズ
前回参加しているオジー・オズボーン&ブラック・サバスサンタナ
チャリティーに熱心なレディオヘッドグリーンデイあたりでしょうか?

このライブ・8は、7月にスコットランドで開かれる「G8サミット」に対して
第3世界の債務軽減についてのプレッシャーをかけるコトが目的。
チャリティーですから、当然ながら入場料はタダ。いわゆるロハです。

また、ココからが重要なのですが、主催者側の発表によれば、
上記以外のG8諸国(日本、カナダ、ロシア)での開催も検討中」
だそうなんですよ!開催までの期間が短いとはいえ、検討中ってコトは
水面下では動いてるってコトですから、こりゃアンタ、アリますぜ日本でも。
そうなると誰が出るんでしょうか?おそらく日本人中心ですよね。
サザンミスチルドリカムあたりは鉄板でしょうな。
宇多田ヒッキーあゆ浜崎の「共闘」も観られるかもしれませんね。

まあ、現時点では公式アナウンスされているワケではないので、
あんまり盛り上がりすぎるのもアレですが。
何はともあれ、今後の展開が見逃せません。俺らも歴史作れるかもよ!

B0000075DZDo They Know It's Christmas: Merry Christmas
Various Artists
Spectrum 1994-11-07

by G-Tools

B000001FCXWe Are The World: U.S.A For Africa
Various Artists
PolyGram 1990-10-25

by G-Tools

2005-06-01 22:47 | 音楽日記 | Comment(5) | Trackback(8)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。