スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- --:-- | スポンサー広告
音楽と香りで四季を演出するトイレ

「音楽を聴いたり、テレビを見るなど、居室での行為の延長をトイレにも求めている人が増えている」(impress watch)


まあ分からんでもない。トイレにテレビがあればなーなんて思ったコトは、
確かにありますね。ただ、あくまでもトイレという「部屋」に欲しいワケで、
それはリフォームの達人の仕事です。じゃあ音楽ならどう?っていうと、
ソレも壁にスピーカー埋め込むとか、ねえ?ミニコンポ持ち込んでもイイし。

なんて、そんな保守的な思考回路では、現代という弱肉強食の時代は
乗り切れないのですよ。常に攻めの姿勢、アグレッシヴに行かないといけません。
ということで、業界で圧倒的なシェアを確保し、名実共にNo1である、かのTOTO。
新製品として発表したのが、なんとMP3再生機能つき便座。しかもそれだけでなく、
「せっかくステキな音楽聴いてても、クサけりゃ台無しだろう」というコトで、
消臭すると同時に香りを放出、音楽と合わせて「四季の移ろい」を演出するという、
マサに「圧倒的じゃないか!我が軍は」的なアグレッシヴ極まりない便座です。

「春=野ばら」、「夏=風鈴」、「秋=古都」、「冬=真綿」というテーマで、
4種類の香りと、クラシックを中心にした16曲の音楽ファイルを標準で装備。
「冬が真綿?」で、「そのイメージが石鹸の香り?」と、個人的には何だか
よく分からんトコロもありますが、まあ香りはともかく音楽の方については
SDカードを使えばスキな曲をかけるコトが可能となってますから、
それぞれお好みの演出でトイレタイムを過ごせるワケですやね。

しかしまあ、いよいよそういう時代ですか。用を足すにも「選択」を迫られる、
そういう時代ですよ。勝ち組/負け組がトイレにまで存在していまいかねません。
トイレタイムなんてのは、時間的にも1曲聴ききるのは難しい気がしますし、
場合によっては精神的余裕を失った、極限状態での選曲を求められさえします。
そんなハメに陥らないためにも、やはり平時のうちから選曲を済ませておいて、
イザというトキにはおもむろにSDカードを手に取り、「ちょっとお花摘みに」なんて
笑顔で話せるような事前準備が必要でしょう。ちなみに僕はもう決まってます。
RANCIDの“Blood Clot”。コレね。イントロからしてHey!Ho!連発のドPUNKよ。
コレで用を足せば、便秘なんかになりようがない、健康間違いなしの一曲です。
また、一風変わったトコロではC-C-B“ROMANTICが止まらない”。
お腹を壊して長々とトイレに入っていても、この曲を大音量で流しながら、
「いや~ROMANTICが止まらなくって」とサワヤカに語れば確実に高感度アップ。
逆に絶対聴きたくないのがA.ハチャトリアンの“つるぎの舞”。
こんな忙しい曲を聴きながら用を足す事態にはくれぐれも遭遇したくありません。

多少酔っ払ってるので下らない話になってしまいました…まあ言い訳ですが。
とにかくオモシロい製品ではありますね。にしても、トイレなんてのは
基本的に家族で共有するものですから、一人一枚のSDカードは必携ですね。
くれぐれも便座のインサイドにドロップするコトだけはご注意くださいませ…

スポンサーサイト
2005-10-26 23:24 | 音楽日記 | Comment(0) | Trackback(2)
世界で最も不幸なiPod

カナダのトロント出身の学生、イェゴー・シンプソンさん(19歳)は、『スマッシュマイiPod・コム』(『iPod』(アイポッド)をぶっ壊す)というウェブサイトを運営している。(HOTWIRED JAPAN)


イェゴーさん、19歳というコトで、思春期も終わりに近づいているワケなんですが、
何とも衝動丸出しというか、若さゆえというか、ツッパるコトが男のホニャララというか。

HOTWIRED JAPANの記事によれば、「何かを叩き壊したい衝動を満足させる」ため、
この若人が標的に選んだのが他でもないiPod。寄付金を募ってお金を集め、
地元のアップルストアで購入したてのiPodをぶっ壊すという、マサに100%思いつき
プランをWebで表明したところ、予想外の反響があったんだそうで。そりゃそうだろな。
そしてプランは実行に移され、近々その模様を収めた動画を公開する予定。
件のSmashMyiPod.comを見てみれば、そこには無残に叩き壊されたiPodの写真が…

サイト開設以来、様々な意見が寄せられたそうですが、結構支持もあったようで。
まあ確かに気持ち良さそうではありますよねえ。ステージでギター叩き壊すのと
似た感覚かもしれません。iPodという、ある意味今最もスノッブなグッズを、
彼らの本拠地でためらいもなく叩き壊すぶっ壊す。贅沢でもありますし、
アウトロー的な快感も得られそう。ふむ…コレ、意外と悪くないかも…?

悪いに決まっとるがな!後味超悪いよ!壊すなら俺にくれよ。大事にするからさあ。
この時期に新品で購入したってコトは動画対応の第5世代なんだろうし。
イイよなあ~アメリカさんはよう。消費社会を満喫していらっしゃるわ。
そしてかわいそうなiPod。こうなったら祟ってやれ。毎晩枕元に現れて、
大音量でJETやU2やGollirazを流しまくってやれ。そんくらい許されると思うぞ。

今回の成功に勢いを得たシンプソンさんは、新たに『スマッシュマイXbox・コム』『スマッシュマイPS3・コム』『スマッシュマイレボリューション・コム』というサイトを立ち上げた。米マイクロソフト社の『Xbox 360』、ソニーの『プレイステーション3』(PS3)、任天堂の『レボリューション』という次世代家庭用ゲーム機を標的に、現時点でそれぞれ70ドル、17ドル、75ドルの寄付金を集めている。


…勝手にしやがれ(唇を指でなぞりながら)。

B000A40NH6Apple iPod 30GB ホワイト [MA002J/A]
アップルコンピュータ 2005-10-20

by G-Tools

2005-10-25 23:16 | 音楽林檎印 | Comment(2) | Trackback(1)
「あ、いたねー」禁止/PULP・DEEN

元パルプのフロントマン、ジャーヴィス・コッカーとレディオヘッドのメンバーが、映画『Harry Potter The Goblet Of Fire』にThe Wyrd Sistersというバンド役で出演する(BARKS)


んですよ。ちょい前に話題になってですね、まあスルーしてたワケですが。
レディオヘッドのジョニー・グリーンウッド(Gr)、フィル・セルウェイ(Dr)、
そして元パルプのジャーヴィス・コッカーがハリポタの映画中でバンド組むと。

その名もThe Wyrd Sisters。意味は周りの英語が得意な人に聞いて下さいね。
とにかくそういうバンドがあって、ハリーとコラボレーションするのです。
で、ジャーヴィス。ジャーヴィス・コッカーっつったらあなた、一世風靡した人ですよ。
ブリットポップを振り返ったらオアシス、ブラーの次に必ず名前が挙がる、
あのパルプのフロントマン。“Common Peaple”は、ある意味ブリットポップの
テーマソングと言っても過言ではない、マサに時代が生んだ/生ませた名曲、
そういう曲を歌ってしまった、そういうバンドのフロントマン。

シーンを共に盛り上げていた仲間が次々と第二の人生を歩み始める中、
最近はソロ活動をしていたようですが、ほとんど名前を聞くことも無く、
そういう意味でも…ブリットポップの象徴と言える存在だと思えます。
しかし、ソレで寂しく消えていくんじゃあ余りにもセツナ過ぎる。
「あー、いたねー」なんて言われてたまるか!まだまだイケる、もう一花!
なんて、ソコまでせっついてるのかどうか知りませんが、少なくとも意気込みは
相当なものがあっただったろうに。ああジャーヴィスよ君を泣く。

こっちの記事ではカナダの「元祖」The Wyrd Sistersに訴えられ
で、冒頭の記事ではThe Wyrd Sistersとしての映画以外での活動を禁止され
「ジャーヴィスはガッカリしてたよ。」そりゃそうだろ。俺もガッカリだよ。
イイじゃんローリングー。やらせてやれよ。やらせてあげて下さいよ。
アンタはそりゃイイさ。今が絶頂だもの。まだしばらくはてっぺんにいるもの。
でもジャーヴィスは違うよ。コレからもっかい登り始めるトコなんだよ。
なのに山道に入ったとたん、「あ、ココ私有地なんで」は酷すぎる。

同時期の日本のバンド、すなわち「J-POP」のミュージシャンで言えば、
オアシス=ミスチルブラー=スピッツ、パルプはDEENあたりでしょうか。
「あ、いたねー」なんて言ってはいけませんよ。まだまだ活動中ですよ。
31thシングルは“このまま君だけを奪い去りたい”。あれ、僕知ってるよこの曲?
この曲もある意味時代が生ませたというか…浮かれてたのかなあ、みんな。
まあ、とにかく、ジャーヴィスもDEENも俺も、みんな頑張れよってこった。

B00007A3GEHits
Pulp
Island 2003-06-24

by G-Tools
B000B63F28このまま君だけを奪い去りたい/翼を広げて(初回生産限定盤)
DEEN 上杉昇 岩田雅之
BMGファンハウス 2005-10-26

by G-Tools

2005-10-24 22:48 | 音楽日記 | Comment(0) | Trackback(0)
セレブの憂鬱/MTV

細かいところは覚えていないのですが、アイドルだかなんだかを助けるために、
男を殺すのですね。銃でパンパンパンと撃ったワケです。
何で僕がアイドルを助けにゃあならんのか、何で人殺しまでせにゃならんのか、
そのアタリは理由があったハズなのですが、忘れてしまいました。
で、僕が死体を見つめて立っていると、電話を聞いた友人が駆けつけてきた。
僕は「男を殺す」と事前に伝えていたのですね。友人は何故か松葉杖ついてました。
「殺してしまったものは仕方ない。でも、この後どうする?」友人の問いかけに、
「大丈夫」と一言だけ応えますが、人殺しといて大丈夫なワケがない。
僕は考えます。生き返らせるコトはできない。それでは殺した意味がない。
何とか「自分が殺した」コトだけを無かったコトにできないか。
タイムマシンで過去に戻って、殺す前の自分を思いとどまらせ、
別の作戦を練るとか。いっそのコト、アイドルも含め、全て無かったコトに
してしまえないか…全て。アイドル?悪い男?殺人?俺が?

で、無かったコトになりました。お分かりのコトと思いますが、
夢の話です。そんな夢を見ました。久し振りに実家に帰ったというのに。
まあそれはそうと、実家に帰ったとき最も嬉しいのは、CATVが観られること。
MTVとかスペースシャワーTVを流しっぱなしにしてぼーっとしてる。
イイですね~こういう時間はホントに大事ですね。のんびりしております。

しかし、まあ、前からそうっちゃそうなんですけど、MTVはホント
セレブ大スキですね。音楽界映画界のセレブが勢揃いの感。
セレブの愛車自慢に豪邸自慢、愛犬自慢に家族自慢。自慢でしょコレ?
今この瞬間流れているのは、パリス・ヒルトン密着24時。
パーティの司会者に「パリスは歌も歌うんだよね?」なんて聞かれて
「ええ、新しいアルバムを出すわ。ブロンディみたいなカンジ。」
って答えても何のツッコミも入らないんですが…イイのかなあ?

昔(っていっても5、6年前)のMTVはもっと音楽が全面に出てて、
個人的には、ステキな音と出会える重要な情報源だったのですが。
“The Osbones"がヒットしてからというもの、セレブ情報の発信にご熱心。
まあ実際に需要があるからその方向に向かってるんでしょうけれども、
MTV(Music Television)というよりはSTV(ShowBiz Television)って
カンジですな。やっぱ音楽だけじゃジリ貧なんでしょうかね?
PV流してるだけじゃ、ネットでもできるって言われかねませんしね。
そうなると、レコード会社のコンテンツを提供するサービス事業者から、
自前で番組を製作して、コンテンツホルダーに、つまり提供する側に、
って戦略も頷ける気はします。で、選んだコンテンツがセレブライフだと。

アイドルを助けるためなら人殺しも辞さないほどの僕ですけれども、
26歳ともなれば、セレブの生活を観て素直に憧れるほど純真じゃないです。
MTVがコンテンツホルダーに変身しようとしているのはイイのですが、
せめて「ブロンディみたい」なパリスに、ツッコミくらい入れないと。
「ゆず 満喫スペイン旅行」の方がまだアレですよ。アレ。

2005-10-23 13:43 | 音楽日記 | Comment(0) | Trackback(0)
The Beatles meets ・・・

The Beatles meets おSUMOさん20051021-00000563-reu-ent-view-000.jpg


B000002UB3Abbey Road
The Beatles
Capitol 1990-10-25

by G-Tools


オマケ「陪審員に指名されたKing of POP、驚きの表情」

2005-10-21 02:23 | 音楽日記 | Comment(0) | Trackback(1)
めざせストップ高!/ビイドロ

ビイドロがセカンド・コンパクト・アルバム『スウィートエモーション』を11月23日にリリースする(bounce)


おおおー遂に出ますか!11月23日というと勤労感謝の日であり、
かついい兄さんの日、というコトで、マサに私甘木のためにあるような日。
この良き日に良き音楽とめぐり合える、なんと素晴らしいコトか。

ビイドロっつったらそもそもタワレコ限定シングル“ハヤビキマスシス”
衝撃の1位デビューを飾ったのであって、bounceの記事もノリノリですね。
「青柳崇のポップセンスが全面開花」とありますが、ヤギさんのポップセンスは
ハッキリ言って尋常じゃありませんよ。ソレが全面開花ともなればもう、
前キング・オブ・ポップがミッキキの格好で人を脅かして喜んでるうちに、
暫定キングとして世界に君臨するコトも夢ではない。そして宇宙へ。

てなワケで、最早友人でも知人でもなく単なる一ファンになってしまいましたが、
ヤギさんにはこの勢いでガシガシ音楽界を席巻しまくって欲しいです。
僕は“ハヤビキマスシス”どころか先代(先々代?)ビイドロの手作りMDまで
持ってますから、ヤギさん頑張る=お宝度アップ。目指せストップ高。
ヤギさんとビイドロが音楽の頂点を極めたアカツキには、甘木ファンド
横浜ベイスターズ買収騒動くらい起こしてやりますわ。

もう一度書いておきますが、ビイドロの2nd“スウィートエモーション”
11月23日の発売ですよ。また今なら初期音源集“星の方から”や、奇跡の1st
“魔法の時間”も手に入るハズ。お前ら絶対買え。ヤギさんと俺への投資。
って書くと何かキナ臭いですかね。とにかく、いわゆるイマドキのロックとは
ひと味もふた味も違う、言うなれば「ポップの結晶体」ビイドロの音、
本当の音楽好きにこそ聴いて欲しい。確実に10年後には伝説になる存在ですから。

B000657P3E魔法の時間
ビイドロ
インディペンデントレーベル 2004-11-10

by G-Tools

B0002B58EK星の方から~初期ビイドロの軌跡&新曲~
ビイドロ
インディペンデントレーベル 2004-07-07

by G-Tools

2005-10-19 00:09 | 音楽日記 | Comment(0) | Trackback(0)
ライブバトンだそうです

何だか、知らないうちにライブバトンとやらが回ってきてたみたいです。
402号室のorvilleくん、気づかず申し訳ない。今年の朝霧は良かったみたいね。

まあ~アレだ。ライブバトンってコトで、ライブに関する質問ですな。
やはり音楽ってのはライブで聴くのが一番ステキですからね。
大して気にしてなかったミュージシャンをライブで聴いてスキになる、
よくあるコトですよね。僕の場合、The Coralなんかそんなカンジ。
ええ…こうしている間にも回答を考えてるんですよ。ドレがアレだろうなあ?と。
うーむ、意外と難しいなあ。とにかく書いてみましょうか。

■生まれて初めて行ったライブは・・・
いくつだったか覚えてませんが、家族で行った森山良子さんのコンサートですね。
とにかく歌が上手かった。あと笑顔がやたら優しかった。化粧もかなり濃かった。
「この広い野原いっぱい」は名曲です。このトキもこの曲だけは知ってました。
調べてみたら、実はこの人ムッシュかまやつとイトコなんですね。軽いトリビア。
B0000633YX森山良子 ベスト・コレクション
森山良子
テイチクエンタテインメント 2002-03-29

by G-Tools

■一番最近のライブの感想は・・・
コレねえ、ホント不本意なんですが、FUJIROCK以来ライブ行ってないのですよ。
いや、マジでこんなんじゃいかん。こんなんじゃいかんざきですよ。
FUJIROCKの感想はちこちこと書きましたが、今年はとにかく雨に祟られました。
そんな中、とんでもなく素晴らしいライブを見せてくれたのがGANG OF FOUR
ホンっと良かった。ありゃあヤバかった。新作まだ聴けてないのが残念。
B00003WG0MEntertainment!
Gang of Four
Emi 1995-01-23

by G-Tools

■ライブでの定番の服装は?アーティストTシャツは着る?
定番って言われても、普段通りの服装でしょ。動きやすさくらいは考えますが。
アーティストTシャツもライブに限らずしょっちゅう着てますね。
Jon Spencer Blues Explosionのとか、Dinosaur Jrのヤツがお気に入り。
僕はなかなかのあまのじゃくさんなので、有名すぎるバンドのとか、
人が着てるヤツはあまり手を出しません。そういう意味で言えば、
デジタル・ハードコア(いわゆるDHC)の雄、Alec EmpireのTシャツなんて
誰も着てないので素晴らしい。Tシャツを重ね着するときのインナーとして
大変重宝しております。そんなカンジですが如何でしょうか?
B00005JIXGThe Destroyer
Alec Empire
Digital Hardcore 2000-07-04

by G-Tools

■ダイブ賛成派?反対派?
コレはですね、賛成/反対で答えられる質問ではないと思います。
楽しいのは確かです。でも迷惑なのも確かです。突き詰めて考えるなら、
ダイブが許される雰囲気があるかどうかです。結局空気を読むって話。
ちなみに僕は以前、GLAYの“HOWEVER”でダイブを試みたコトがあります。
結果はあえて書きませんが。要は空気を読めてなかったってコトです。
B00005HXS3REVIEW~BEST OF GLAY
GLAY
ワーナーミュージック・ジャパン 2001-04-11

by G-Tools

■あなたにとってライブは?
なんとまあどストレートな問いですな。ライブとは…うーむライブとは…
ライブドア。はい。ライブとは「誰もがヒーローになれる場所」だと思います。
やってる方にしても観てる方にしても、ソコにいる限りみなヒーローなんですよ。
Oasisの曲に“Rock'n Roll Star”というのがありますが、マサにコレ。
「今夜は俺がロックンロールスターだ!」という、そういう感覚ですよ。
あるいは批評家ぶって聴くことに専念してみたり。とにかく「主役は俺」です。
B000002AS3Definitely Maybe
Oasis
Epic 1994-08-30

by G-Tools

■思い出に残っているライブは…
またズルい質問だなあ。ドレもコレも思い出に残ってますってばー。
ただ、最も思い出深いライブというと、LINDBERGのラストライブでしょうねえ。
僕は千葉県生まれLINDBERG育ちですから、そりゃ感慨もひとしおってもの。
ヤフオクで18,000円出してチケを買いましたが、人生で一番イイ金の使い方です。
この日は友人の誘いを断り、一人で朝まで飲んでましたよ。しみじみと。
B000657MH8ゴールデン☆ベスト
リンドバーグ
徳間ジャパンコミュニケーションズ 2004-11-25

by G-Tools

■見逃し含み見ておきたかった(行きたい)バンドのライブ…
コレもたくさんありますな。FUJIのJane's AddictionとかPixesとか。
椎名林檎の生やーよを聴けなかったのは返す返すも残念でなりません。
今行きたいというと、The Bad Plus。「史上最轟音ジャズ」を体験したい。
過去のものでもイイなら、My Bloody Valentineのライブを観てみたい。
あの超絶スタジオワークをどうステージで再現するのか?復活しないかなあ。
B000087N0VThese Are the Vistas
The Bad Plus
Columbia 2003-02-11

by G-Tools

B000002LRJLoveless
My Bloody Valentine
Sire / London/Rhino 1991-11-05

by G-Tools

■次のライブ予定を教えて
仕事が忙しいのもあって、今んトコ予定が無いのです。情けなや。
今週末には山中千尋のライブがあるんですよねえ。行きたかったなあ…
B000A89TA4アウトサイド・バイ・ザ・スウイング
山中千尋
ユニバーサルクラシック 2005-09-07

by G-Tools

■次にバトン渡す人
バトンにはうんざりしてるかもしれませんが、loomerさん
RAW LIFEの感想を交えつつどうぞ。ヤなら別にかまいませんが。

2005-10-18 23:47 | 音楽企画モノ | Comment(3) | Trackback(0)
地獄戦隊KISSレンジャー!/KISS

1978年に制作され、TVでのみ放送されたキッス主演の映画『Kiss Meets the Phantom of the Park』が米国でDVD化されることに(CDjournal)


KISSなんですけど、この人たちって解散したんですかしてないんですか?
確か解散ツアーをずーっとやってたと思うんですが、どうなんでしょ。
もう終わったんですか?それともまだどっか回ってる?誰か教えてください。

人に聞く前に自分で調べろ、ってそりゃ当然なんですけれどもね、
「KISS」でググったら、「Kiss official website」ってのが引っかかって、
「注意!! 当サイトには18才未満の方に不適切な表現が含まれております。
 18歳未満 の方は閲覧をご遠慮ください。」
などどまあ、書いてあるワケです。
さすがKISS!と思うじゃないですか、さすがは地獄からの使者だと。
世にも恐ろしい、悪魔のはらわた的、デモニッシュかつサタニックな地獄絵図が
広がるのかと思うじゃないですか。そりゃお子様には見せられんわ、と。
Kiss official websiteエロゲーメーカーじゃねえか。しかもSMモノですか?
フォントがエラいカワイイのと、パステルカラーな時点で気づくべきだった。
それ以外にも雑誌の「KISS」に、本家を差し置いてデジカメの「KISS」、
コスプレ衣装の通販、港区のポータルサイト、お定まりの出会い系。
一向にヤツらのしっぽがつかめません。海外の公式は当然英語で読めないし。
というコトで、決して横着してるワケじゃないのです。誰か教えてください。

さて、ココまで書いてきといてアレなんですが、実はKISSって、
ホトンド聞いたコト無いんですよね。“LOVE GUN”すら聴いたコトない。
とりあえずノーメイク時代があったのは知ってます。
ちなみにこんなカンジですね。でも邦題は“地獄の回想”
B00000AF94Lick It Up
KISS
Mercury / Universal 1998-09-01

by G-Tools

まあソレもどうでもイイコトで、今日の本題、KISS主演映画がDVD化だそう。
ソレが冒頭のCDjournalの記事。記事のタイトルは「キッスの珍映画がDVDに!」
期待できますねコレは。ワザワザ「珍」とかつけくるくらいですし。
邦題“地獄の復活”。KISSと言えば地獄。“地獄からの使者”に“地獄の叫び”、
“地獄への接吻”“地獄の狂獣”“地獄の軍団”“地獄のロック・ファイヤー”と、
KISSの初期アルバムのホトンドは地獄ものです。「地獄の親善大使」ですな。

映画は、遊園地のアトラクションを舞台に悪の科学者&ロボットとKISSが
壮絶な闘いを繰り広げるという内容。だったら邦題は“地獄の復活”より
“地獄戦隊KISSレンジャー”の方が絶対イイのに。「デビルマン」的に。

というワケで、“地獄の復活”改め“地獄戦隊KISSレンジャー”ですが、
日本では現時点で発売未定らしいです。おいおいそりゃないでしょうよ。
ファンもたくさんいるでしょうし、絶対売れると思うんだけどなあコレ。
ソレこそあの映画版「デビルマン」を売る(=金を取る)くらいなら、
どう考えてもKISSレンジャーの方を売るべきでしょ。どう考えても
だって「デビルマン」観ましたか?ありゃホント…この僕でさえ(以下略


こんな人たちが悪のロボと戦う映画ですよ?つまらないワケが無い。
B000001EL1Alive! (Rmst)
KISS
Mercury / Universal 1997-07-15

by G-Tools

2005-10-17 23:28 | 音楽映画 | Comment(0) | Trackback(0)
おーいAppleの人やーい/第5世代iPod

「こうしたイベントを行うたびに、結局は音楽が大切だということを感じている」ともコメントし、あくまでも同社としては音楽をメインのコンテンツとして行く考えを示した。(ITmedia)


というコトで…ねえ?ビシッとキッチリと乗り遅れましたけれども、
ウワサに登っていた第五世代iPodがついに昨日発表されましたな。
大きな話題としては、以前から予測され、かつユーザ(と市場)から
期待され続けていた「動画対応」コレですやね。

しかし、そればかりじゃありません。ソレに伴い液晶もパワーアップ。
サイズは2.1インチ→2.5インチに拡大、65,536色→260,000色へと画質も向上。
んでもって、本体は60Gバイトモデルで約19ミリ→約14ミリと
現行モデルよりも随分と薄くなってます。まあnanoと比べりゃアレですが。
ソレでいてお値段も要領も据え置きというトコロが一つポイントで、
コレはiPod Photoの教訓が生かされているのでしょうね。
つまり「性能の高い上位モデルをラインナップに加える」戦略をあえて
取らなかったというコト。最も売れ筋商品だったiPod miniを生産終了して
iPod nanoに切り替えるという戦略で市場をあっと言わせた
Appleの思い切りの良さが、ココにも現れていると思います。

で、この記事やこの記事で書かれている通り、「音楽配信」という、
期待されつつも軌道に乗らなかったビジネスのスタンダードモデルを
作り上げたAppleに対し、「動画配信」でも同じコトをしてくれるんじゃないかと
期待する向きには相当なものがありますな。

ホリエモン(個人的にこのニックネームはダサ過ぎると思うのですが。
特に「エモン」をカタカナで書いてるトコロ)とフジテレビの一件以降、
テレビとネットの融合だのなんて話がしょっちゅう出てきてます。
今も楽天とTBSがやりあってますね。横浜ベイスターズはどうなるコトやら。
まあ横浜の話は…ココロならずも置いておくとして、動画配信に関しては、
サービス事業者もコンテンツホルダーも興味を持ってはいるものの、
現時点で成功と言えるものは存在していないのが実情です。
このアタリはiTMS開始前夜に酷似していると言ってよいでしょう。
要はみんな手探り状態だと。ターゲットはPCなのかモバイルなのか、
ソレさえも絞りきれていないような。夢だけは広がりまくり、みたいな。

で、ソコへAppleですわ。2000本のミュージックビデオ独占販売を中心に、
(やや試験的ながら)テレビドラマもコンテンツに加えてます。
サービス開始直後から豊富なラインナップを揃えてくるのはさすがというか。
ドラマはともかく、ミュージックビデオってそもそも宣伝素材であり、
つまり広告でしかないワケですが、レコード会社としては、
二束三文でMTVにミュージックビデオの放映権を売ったその日以来、
ようやくその「価値」を取り戻す契機になると考えてるでしょうね。
ようやくちゃんとコンテンツホルダーとしてのい自信を取り戻せる、と。

しかし、コレが果たして「動画配信の世界」を構築するトコロまで
行くんでしょうか?どうなんでしょう、ちょっと判断が難しい。
確かにこのiPodは売れると思いますよ。本体性能だけ見たって、
コレまでのマイナーチェンジに比べれば大きな変更が施されてますし。
ソレにビデオだってある程度売れると思います。値段は微妙ですが、
iTMSへの楽曲提供で「MTVの悪夢」を再び体験させられた(と思ってる)
レコード会社からの圧力との間で設定された値段と考えれば評価できます。
けどねえ。問題はインフラとハードですよ。PCに動画をダウンロードして、
モバイル機器で観る、という形態、個人的には手間がかかりすぎる。

iTMSで販売される動画も、現時点ではiPod向けのもののみ。
「iホニャララで見せる」ワケじゃないんですよねえ・・・ココがどうも。
Appleの戦略としては正しいと思います。あくまでもiPodを売るコトが
最大の目標ですから。別に1本いくらで利ざやを稼ぐワケじゃない。
しかし、コンテンツホルダーとしては「iPodで観る」前提だと、
非常に限られたものしか提供できないと思います。30分のドラマを、
iPodの画面サイズに合わせた大きさで、ってのがスデに限界なのでは?

僕の考えとしては、「動画iPod」とiTMSでのミュージックビデオ販売が
動画配信に対してなんらかのキッカケになるコトはあるにせよ、
本当の意味で「世界」を作られるとすれば、それはiMovieあたりと連携して
iTMSからフルサイズの動画をストレス無く購入し、観ることができる日がきて、
ソレで初めて盛り上がるんじゃないでしょうか。んでもってですよ、
そう考えると結局DVDなりのメディアを介した形の方が、しばらくの間は
利便性の点で圧倒的に有利なんじゃないか?とそんな感じなのです。
このあたり、CNETで紹介されている海外の反響と同じですな。

Appleファンの多くは、新しいiPodの薄型デザインと手頃な価格設定を評価している。しかし、iPodで再生できるビデオの画質/価格/ラインアップでは、テレビに代わる新しいメディアとして多くの人がiPodを利用するようにはならないという感情がオンラインでは優勢だ。また、iPodの画面サイズに合わせたビデオしかダウンロードできないことから、PCでの鑑賞を目的に購入する人はほとんどいないということになる。(CNET)


うん、そう思う。あくまでもiPodの新モデルとしてはステキだと思うけど、
果たして市場や業界の期待するような革新的なものとなるかどうかは…

つーコトで、結局何が言いたいかというと、Appleはちゃんと分かってる、と。
それが冒頭の社長コメント。また、別の幹部も、

iPodはいまでも「BestなMusic Player」です。新しいiPodは優れたムービープレーヤーですが、この位置づけは変わることはありませんし、フォトビューワやポッドキャスト、ビデオコンテンツなどの再生機能も“iPodは音楽を楽しむデバイスである”という基本スタンスを拡張するものでしかありません。


と語っている通り、「音楽」というホームグラウンドから離れるコトは、
将来的にはどうであれ、少なくとも現時点では考えていないようです。
むろんAppleはmacの会社ですから、ソッチも当然アレでしょうが。

しかしですね、思うんですけど、僕とAppleは気が合うなあホントに。
どうだい?いっそのコト僕を雇ってみないかい?イイ仕事すると思うぜ~?
誰でもイイからAppleの人、ご連絡おまちしております故。どうぞよしなに。

2005-10-14 23:39 | 音楽林檎印 | Comment(3) | Trackback(2)
頼むよ王子様/マイケル・ジャクソン

マイケル・ジャクソンがハリケーン「カトリーナ」の被害者救援のために、オールスターを結集してチャリティー・シングルを制作すると発表したことは憶えているだろうか?(MTV)


もち憶えてます。参加者予定者はジェイ・Zにマライア、スヌープ・ドッグ、
ミッシー・エリオットにR・ケリー、レニー・クラヴィッツ、メアリー・J. ブライジ、
はぁ、書いてるだけで疲れますわ…ちょっと一休みして…よし、続き。
メアリー・J. ブライジ、ジェームス・ブラウン、ローリン・ヒル、ワイクリフ・ジョン、
ベビーフェイス、シアラ、その他モロモロ。まあ無茶苦茶な面々ですわ。
この話を知ったときは、「マイケルやるね!さすがキング・オブ・ポップ!」と、
ちょっぴり見直したのですが。だってこのメンツ、正直ワケ分からんもん。
ブラックどころの大御所ぞろいじゃないですか。JBまで紛れ込んでるし。
しかし、そのワリにはホトンド話題になってないのが不思議だったのですが…
なるほどね。何というか、寂しいっつーか、仕方ないっつーか。うーむ。
マイコーはもはや、「元」キング・オブ・ポップでしかないってコトなのか…

MTVの記事によれば、ようやくレコーディングが始まったチャリティー・シングル
“From the Bottom of My Heart”に、シアラを除き誰も参加してくれないのだと。
シアラとのデュエットにするワケにもいかんだろうし、ひょっとしたら今頃、
マイケルが一人でひっそりとスタジオ入りして、参加するハズだった
みんなのために用意したパートを、一人でひっそりと歌ってるんでしょうか。
そりゃいくら何でもセツな過ぎる…。いくら子供にチョメチョメしたからって。
しかもこのニュースの締めくくりの一文がまた、読む者の涙を誘うったら。

ちなみにマイケルが9月11日の同時多発テロ事件後に手掛けたオールスターによるチャリティー・シングル「What More Can I Give」は、日の目を見ることがなかった。


何も言いますまい…。むしろ何が言えよう?それに記事の写真がまた酷い。
目はうつろだし、クチの周りは青ヒゲだし、クチはクチで爬虫類みたいだし。
もうダメなのかマイケル。キング・オブ・ポップは、もう死んでしまったのか。
パトロンやってるバーレーンの王子様よ、早く、一刻も早く王様になって、
「おおキング・オブ・ポップよ、死んでしまうとは情けない」って
言ってやっておくれ。早くしないと、この子ホントにダメかもしれんよ…。

最近出たマイケルのベスト。お前さんはいったい何枚ベスト出す気なんだ?
と、ツッコミたくもなりますが。つーか実際何枚目なんだコレ。
B000A3H6EAエッセンシャル・マイケル・ジャクソン
マイケル・ジャクソン
Sony Music Direct 2005-08-24

by G-Tools

2005-10-12 22:53 | 音楽日記 | Comment(0) | Trackback(1)
このごろハヤリのMが付くヤツ

渡辺美里の80年代を代表する大ヒット曲“My Revolution”をNIRGILIS流にマッシュ・アップした楽曲を収録しており、話題を呼びそうな仕上がり。(bounce)


2 Many DJ'sの成功以来と言っていいんでしょうか?Mash-Up、最近ハヤリですな。
ちょっと前まではBastard popなんて言ってた気がするんですが、まあイイや。
冒頭の記事は若手の個性派Popバンド、NIRGILISのお話ですが、美里ときたか。
まあ、Mash-Upなんてのはドンだけベタな曲で攻められるか、って話なので、
“My Revolution”ってのはなかなか目の付け所がよろしい。と思います。
でも…NIRGILISってMash-Upとかやるようなバンドだったっけ?イメージと違うな。

つーコトで、NIRGILISの新譜も楽しみなワケですが、せっかくなので
いくつか海外のMash-Up/Bastard popサイトを紹介してみようと思います。
まず、この世界ではなかなか有名なイギリス紳士、dj BCのサイト
The Beatles×Beastie Boysで「The Beastles」なるハイブリッドな架空バンドを
作ったコトで、日本でもちょぼちょぼ話題になってましたね。ちなみにコレね。
個人的には「ただ重ねただけなんじゃ?」って気もするんですが、まあ面白い。
続いてはTrance Coping(今はME, CRUEL AND YOU'VE BEEN ALL BLIND)の
ロニーさんが以前紹介していて、個人的にもお気に入りなPARTY BEN
Gorillaz×Cakeとか、Franz Ferdinand×CHIC、ワケわからんトコでは
Green DayにOasisにTravisにAerosmithにEminemなんてのも。
悪ノリだろ、と思いきや、コレがなかなかカッコいい。認めざるを得ませんな。

面白いトコロではこのSmash-Up Derby「世界唯一のMash-Upバンド」を名乗る、
サンフランシスコの男女6人組。普通Mash-UpっつたらDJの専売特許ですが、
コイツラは生楽器生演奏でソレをやってしまう。コレこそ悪ノリだろ、と思いきや、
MADONNA“Ray of Light”×SEX PISTOLS“God Save The Queen”という、
凄まじい楽曲をやっており、コレがまたオモロいんですわ。いやあ、よくやった。
他にも“Smells Like Billie Jean”とか“Sgt. Pepper's Paradise”など、
元ネタをバラす必要も無いような恐ろしい曲をやってます。うわー、観てえ。

と、3つほど紹介してみましたが、Mash-UpとかBastard popで探せば、
いくらでも面白いサイトが見つかるので、皆さんも是非楽しんでくださいな。
大抵のトコは無料ダウンロードできるし、少なくとも試聴はできるので。
しかし、ココで私はあえて言いたい。海外だけでなく、日本にもMash-Upはある。
その名も「ナードコア」。もう7、8年昔ですが、そんなものがあったのですよ。
「ナードな(弱弱しい)コア」というコトで、この言葉自体はQuickJapanの造語。
サブカルっ子なら、新宿LOFT PLUS ONEの人気企画「オールザッツバカ映像」
セラチェン春山DJ急行がやってたイベントだといえば分かるでしょうか。
大半の人は分からないと思いますが、全くもって問題ないのでご安心を。

このナードコアといわれるムーヴメント(って言ってイイか分かりませんが)、
コレこそが日本におけるMash-Upの源流と言えると、そう思うのですよ。
「オモシロけりゃ何でもOK。ベタならベタなほどOK」という、コレまさに
Mash-Up精神そのものをもったバカどもが集まって、とにかく何でもアリな
パフォーマンスを見せまくっていました。一応クラブでのイベントだったので、
DJが回す合間にパフォーマーが登場するカンジ。そのDJだったのが急行ら。
アニメソングをミックスしたり、J-Pop縛りTK縛りで回してたり。
そういうイベントは今でもありますけど、ココが元祖だと思います。多分。

まあソレだけじゃただのバカ企画なワケで、まあただのバカ企画なんですが、
その中で、“渡る世間は鬼ばかり”דAnother One Bites The Dust”という、
当時ウブな少年だった僕をビビらせるような曲を流している人がいたのです。
その名も…、ってトコで、覚えてないんですよねえコレが。あはは。
「渡る世間は鬼ばかり」から、おそらくパリッコじゃないかと思うのですが、
どうも良く覚えていない。ソレにパリッコは「ロックマンのテーマ」とか、
そんなんをミックスしてたけど、あんなに大胆にMash-Upしてたかというと…
うーむ、アレは誰だったのだろう?アイツこそ和製2 Many DJ'sなのに。
そして気が付けば、コレ読んでる人の何人がついてこれてるのだろう?
なんて、そんなコトとっくに気付いていたさ。でも気付かないフリしてたのさ。
コレが大人の知恵ってヤツさ、フッフッフ。ふぅ…

NIRGILISの前作。噛めば噛むほどの名作Popアルバムです。
B0001Z31E6ニュースタンダード
NIRGILIS yuki INADERA HOPPY KAMIYAMA
トイズファクトリー 2004-05-26

by G-Tools

2005-10-11 23:48 | 音楽日記 | Comment(2) | Trackback(2)
ニューオーリンズを音楽でリビルド/VOODOO MUSIC EXPERIENCE

Restore. Rebuild. Rebirth. (VOODOO MUSIC EXPERIENCE)


近所にファミリーマートがあって、一人暮らしの独身男性サラリーマンとしては、
とても重宝しているのですが、入り口そばにでっかくコーナーを取って、
ホワイトバンドを売ってるんですよね。まあソレはソレでイイんですけど、
「今話題!売れてます!」ってポップはどうかと…確かにそうなんでしょうが。
そもそも、コンビニでこうも大々的に売り出されてる姿に違和感を感じるのは
僕だけなんでしょうかね?サイズもLMSと揃ったみたいですし、何だか単なる
流行りモノみたいになってる気が。街は今や当たり前のように見かけますし、
会社でも何人か付けてる人います。中には3つくらい付けてる人も。
まあ結果として誰か救われるならOKだというのが僕の意見ですけれども、
イイ歳したおっちゃんが、手首にわんさかリングを付けてる姿はちょっと面白い。

話は変わって、8月末にアメリカ南部を襲った超巨大ハリケーン「カトリーナ」
アメリカ国内とは思えないような凄まじい光景が全世界に向けて中継され、
大きな衝撃を与えると同時に、南部に根強く残る貧困、差別、暴力など、
世界に冠たる超大国の暗部が露呈した瞬間であったとも言えると思います。
今日も今日とて、警官が黒人に暴行している映像が公開されたりと、
事態は収拾し始めているとは言え、まだしばらくは混乱が続くのでしょうな。

で、被災の代表的都市として報道されていたのがニューオーリンズ
言わずと知れたジャズの都というコトで、世界各地で復興を目的とした
ジャズイベントが開催されていますね。日本でも神戸や横浜でやってましたな。
しかしジャズのイメージが強いニューオーリンズにもロックフェスがあるのです。
しかも…今月末、10/29、30に。ソレが冒頭のVOODOO MUSIC EXPERIENCE

このVOODOO、日本ではあまりなじみが無いのも当然で、まだ6年目の新興フェス。
ですがラインナップはなかなかのもの。昨年はGREENDAY、BEASTIE BOYSが
トリを務め、再結成PixesやProdigyも出演。当然地元のジャズミュージシャンも。
今年はというと、NINE INCH NAILS、QUEENS OF THE STONE AGEら強面から、
THE FLAMING LIPS、CAKEといった個性派ベテラン、MY CHEMICAL ROMANCEに
THE BRAVERY、LOUIS XIVら売出し中の若手、PRINCE PAULを筆頭にクラブ勢
そして「NEW ORALEANS ARTISTS」としてNEVILLE BROTHERS、Dr.JOHNらの
ジャズ・ミュージシャンたちまで、カナリ幅広いメンツを揃えてきています。
ハッキリ言って結構豪華。サマソとそう変わらないくらい、いや、コッチのが上

何故VOODOOフェスなんて知ってるかと言うと、実は昨年行こうとして、
直前で仕事のため泣く泣く回避したからなんですね。チケ取る寸前で。
そうなりたくなかったから、会社にはあんなにも口を酸っぱくして、
「俺はこの日ニューオーリンズ行くんで。マジで。」って言い続けたのに…
って、今更嘆いても仕方ないやな。とにかく、今年こそはと期するものが
あったワケなのですよ。ソレが、ねえ…。まさかあんなコトになろうとは。
水没した街、途方にくれる人々の姿を見て、今年の参加を諦めたのでした。

が、上で書いた通り、今年もちゃんとやるんですって。てっきり中止かと…
「Restore. Rebuild. Rebirth」を合言葉に、音楽でニューオーリンズを
盛り上げていこうとしています。うーん、なんかちょっとステキだなあ。
フェスが盛り上がれば盛り上がるほど、大きな活力となるのは間違いない。
是非ガッツンこガッツンこ、ワッショイワッショイになって欲しいですね。

コチラNINE INCH NAILSの最新作。Voのトレント・レズナーは来日公演で
盛り上がる観客に、「危ないからあまり押さないで」と注意した後、
俺が意外と優しいってのは秘密だぜ」とそっと呟いたそうです。軽いトリビア。
B000929AJQWith Teeth
Nine Inch Nails
I Nothing 2005-05-03

by G-Tools

2005-10-10 23:56 | 音楽日記 | Comment(4) | Trackback(2)
「音楽オタク」に関する考察

昨日は自宅で、しかも一人で、そのクセ記憶無くなるまで飲んでしまいました。
大魔神佐々木の引退というイベントがあって、そういうコトで。少々晩酌をね。
しっかし、一日中気持ち悪いの何のって。ようやく多少は収まってきましたが、
昼間なんてマイヤヒーマイヤフーマイヤオエップってカンジでした。
同じように一人で記憶なくなるまで飲んだコトは以前もありまして、
その時は、面倒なのでほったらかしていた電気代の支払が済まされており、
記憶を失っている僕にとって、まるで童話に出てくる小人さん的な感動を
与えてくれたのですが、昨日は飲みかけのグラスと書きかけのエントリが
残されていただけ。しかもアップしちゃってたみたいですね、すんません。
まあ、分かりやすく言えばダメ人間ですね。うん、とてもダメですね、はい。

さて、では本文に入りますよー。早速ですが、ネタがねえっス。
仕方ないので、昨日(おそらく)書こうとした「オタク」の話でも。

オタク分析のパイオニア・NRIが新定義を打ち出した。オタクにはアニメやコミックマニアだけでなく自動車好きや旅行好きも含まれるとし、「5人のオタクたち」という典型像を示した。(ITMedia)


つーワケで、オタクってのは最近何かとアレですから。ギター男見逃したけど。
ITmediaの記事によれば、野村総研がオタクを定義づけて発表したそうで。
アニメやコミックをはじめとする12分野に渡ってオタクを調査し、
共通する6つの欲求を挙げ、その欲求の濃淡から5つのタイプに分類しています。
まあ詳しいコトは読んでもらえれば。なかなか興味深い内容になっております。

で、だから何だ?って言うとですね、「音楽オタク」はどう分類されるかな、
と、そういうコトなワケですね。NRIはやってくれないので、僭越ながら私が。
まず6つの欲求ってどんなんかっちうと、こんなカンジ。

(1)他人に良さを理解してほしいと思う「共感欲求」
(2)何でもそろえたいと感じる「収集欲求」
(3)自分の意見を広めたいという「顕示欲求」
(4)自分なりの考えを持ちたいという「自律欲求」
(5)オリジナル作品を作ったり、改造したりする「創作欲求」
(6)気の合った仲間にだけ分かってもらえばいいと考える「帰属欲求」

むードレもオタクには欠かせない感覚ですね。そして、5つのタイプはというと、

「家庭持ち仮面オタク」 (組立PC・AV機器・旅行分野など)
…家庭内でこっそりと趣味に没頭。オタク趣味をカミングアウトしない傾向にある
「我が道を行くレガシーオタク」 (メカ系、芸能人分野など)
…独自の価値観を持ち、情報収集と批評を展開
「情報高感度マルチオタク」 (2ちゃんねるのライトユーザー)
…自分のこだわりに対して屈託がなく、カミングアウト率も高い
 流行に流されやすく、他人を気にする傾向にある
「社交派強がりオタク」 (ガンダム、ドラクエの熱狂的ファンなど)
…独自の価値観を強く持ち、それをみんなに知ってもらいたいと考えて
 他人を巻き込もうとする
「同人女子系オタク」 (アキバ系、萌え系)
…キャラクターへの愛着が強く、同人誌など創作活動への参加率が高い

と、こういう具合。コレを踏まえて音楽オタクを考えてみます。
まず欲求の方。音楽オタクに当てはまるのは(1)(3)(4)ってトコでしょうか。
(2)とか(6)も当てはまりそうですが、度合いでいうと上の3つかと。
「あまり知られてないけど、コレカッコいいから聴いてみてよ」って、
音楽ズキなら口にしたことは一度や二度じゃないであろうこのセリフが、
まさに(1)(3)(4)を表す典型なんじゃないでしょうかね。んでもって、
聴かされる方はたいていピンとこなくて、「どうだった?」「うん、まあまあ」
そんなヤリトリが今この瞬間も地球のドコかで行われているのでしょうな。

そんな音楽オタクを分類するとどうなるか?というと、今回NRIが発表した5つには、
イマイチ当てはまらないんですよね。強いて言えばレガシーオタクか。
「独自の価値観を持ち、情報収集と批評を展開」っていう部分は、いかにも
ロッキング・オンとかスヌーザーの読者が当てはまりそう。つまり僕ね。
あと「音楽誌が書かないJポップ批評」とか読んでる人もそんなカンジが。

でも音楽オタクって一くくりにしても、やっぱ結局は人それぞれですから。
音よりルックス重視って人もいるでしょうし。ビジュアル系ズキなんかは、
どっちかっつうと「同人女子系オタク」に近いのかな。AV機器なんかと
組み合わさったコダワリを持ってる人は「家庭持ち仮面オタク」かも知れません。
んでね、結論としては、オタクなくらいでちょうどイイんじゃないの、と。
特にコダワリも無く、何となくポヤ~ンとしてるよりは、ソレが何であれ、
「大スキだ!」って言えるコトがある方が幸せに決まってますわ。
僕は音楽が「大スキだ!」って言えますよ。昨日の今日ですがも「大スキ」。
「人生は酒とタバコと女が描く正三角形」とはセルジュ・ゲーンズブールの言葉。
僕にとっては「酒とタバコと音楽」。この3つがあれば他に何もいりません。

ウソ。もやっぱ欲しいよう。あと、出来れば大好物のも欲しいな。

2005-10-09 23:50 | 音楽日記 | Comment(3) | Trackback(2)
超魔術的新人デビュー!/Mr.マリック

堂々たるデビュー・アルバムは、その名も『超魔術ブレイクス』。最近はCMなど、幅広く活躍している彼が、ついに音楽シーンに潜入してきた。(BARKS)


業界では賛否両論、でも「最強のCM」であるコトは満場一致らしいですね。
ご存知「ウィークリーマンション東京」のテレビCM。ご存知Mr.マリック
「続きはホームページで」って言葉にアレほどヤキモキさせられるCMって
他にありませんものねえ。いや、素人が観てもありゃズル過ぎるわ。
だって超魔術とウィークリーマンション、どう考えても全く関係ないですよ。
「ナーウ!」って掛け声と共にイリュージョンでマンション消すならともかく。
それなのにマリックが超魔術やった挙句、ネタバレはHPで、なんて酷すぎる。
関係ないって言えば東京新聞のCM。「おふろでキュキュキュ、東京新聞」という
フレーズの意味が、昔から全く理解できません。なぜ新聞社の電話番号なのに、
「026-999=おふろでキュキュキュ」なのか。タオル代わりにしてくれってコト?
ヤだよそんなん。インク付きそうだし、第一スグ破けそうだしさ。
って、このクダリ、関東近辺以外の人には分かるんでしょうか?
東京新聞は確実に分からないでしょうな。東京に遊びに来たら観てください。

つーコトで本題。まあ冒頭のBARKS記事の通りですが、そういうコトらしいです。
そういうコトっつってもねえ?ブレイクスも何も、結局のトコCDなんだから、
超魔術ナシなワケでしょコレ?超魔術の無いマリックに何の魅力があるんだ?
ワイルドなグラサン?ダンディーなおヒゲ?僕にはサッパリ分かりませんが。

しかもこの“超魔術ブレイクス”、国内外の豪華リミキサーが終結した
ダンスアルバムらしいですが、いったい何をリミックスするというのか?
Mr.マリック×音楽と言うと登場時のテーマソングが頭に浮かびます。
当然収録されてるんですが、記事中にある通り、コレはArt of Noiseの“Legs”

この曲は、現在では廃盤となっており、入手困難。そんな激レア曲をMr.マリックが、初のスタジオ録音で、サウンドもかなりパワー・アップさせて完全リメイク。ついに本当の「Mr.マリックのテーマ」が誕生したのだ。


とあるからには、マリックが何かしてるんでしょうか?でも、いったい何を?
ましてや他の曲ではマリックちゃんと関係してるのか?肩身狭くなってない?
で、10月8日はリリース記念イベントまで行われるらしいんですが、
つまりフロアで超魔術やるってコトでしょ?何ソレ、ちょっと観たいぜオイ。

様々な憶測が流れる中、ついに今日発売された“超魔術ブレイクス”。
恐らくコレを僕が買うコトはマズ無いし、ひょっとしたら聴くコトすら無いかも
知れませんので、多分ココに挙げた数々の疑問が氷解する日は来ないのでしょう。
でもOK。謎だからこそ超魔術、分からないからこそMr.マリックというもの。
例えCDを出す意味であっても、そう簡単に分かってしまってはいけませんよ。
そう、文中の「?」の多さこそ、僕がマリックに捧げるリスペクトの証なのです。

B000AP09NI超魔術ブレイクス(仮)
Mr.マリック Hal Ritson
エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ 2005-10-05

by G-Tools

2005-10-05 00:47 | 音楽日記 | Comment(2) | Trackback(0)
南部カッコええ~/クラウス・ノミ

80年代NWシーンを暗躍したトリック・スター、KLAUS NOMIを描いた映画がDVD化(bounce)


おいおい「暗躍」ってこたあないだろうよ。そりゃ素直に「活躍」って言うには、
あまりにアウトロー過ぎるキャラではあるけれども。

というコトで、クラウス・ノミですね。僕はこの映画やるまでこの人のコト
全然知りませんでしたが、ニュー・ウェーヴの異端児と紹介されるからには、
コレはもう相当異端ですね。異端がウリのニュー・ウェーヴですから。
その中で異端と言われるというのは、もうとんでもないってコト。

映画に合わせてCDが再発されたので聴いてみたんですが、非常に異端です。
とりあえず全く聴いたことの無い音楽。誰に似てるとか、そんなレベルじゃない。
外見はそこはかとなく、元スマパンのビリー・コーガンに似ている気が…
と書いてからもう一度見てみたら全く似ていませんね。むしろ電撃ネットワークの
南部虎禅大先生にちょっと似てるな。異端同士、通じ合うものがあるのでしょうか。

そんなこんなで、彼の音楽に触れるでもなく、映画の内容に触れるでもなく
書き進めていくワケですが、まあ映画観てないし、曲もちょろっと聴いただけ
なもんで、ソコラ辺は暖かいココロで許していただきたいと思うのですよ。
肝心のDVD発売日は11月16日でございます。おそらくレンタルは不可能でしょ。
「当時のニューウェイヴ・シーンの光と影を垣間みることができそう」と
bounceの記事にはありますが、間違いなく、この上ない濃さの影が収められた
映画になっているハズ。コレを観れば、音楽が本当の意味で「アート」であった
最後の時代の姿ををかいま見るコトが出来ると思います。まあ観てないんですけど。

B000BB6GKQノミ・ソング
クラウス・ノミ アンドリュー・ホーン デヴィッド・ボウイ
エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ 2005-11-16

by G-Tools

そして電撃の南部氏。カッコええ~。

2005-10-04 01:30 | 音楽映画 | Comment(0) | Trackback(0)
飲ま飲ま…/恋のマイアヒ

恐怖の殺人予告が書き込まれたのは、30日午前1時11分。2ちゃんねるの、のまネコ問題を批判するコーナーで、「モナーそして全てのAAを愛する者」を名乗る人物のものだった。(サンケイスポーツ)



というコトで、ココんトコ随分盛り上がっていたのまネコ問題もコレで収束ですかね。

まあいちいち経緯を説明するのも面倒なので、コレとかコレを観てもらえば。
まあ「恋のマイアヒ」自体はトム・ウェイツの“恋のメキメキ”だとか、
リセット・メレンデスの“グリグリ”など、昔からある「空ミミ」系の
ネタ曲でしかないワケで。特に興味なし。この曲自体はどうでもイイ。
マイヤフー↑なら、今年のFUJIで観たThe Knackの方がステキだしねえ。

で、なら何故こんな話題を出すかというと、サンスポの記事が単純に面白かったから。

「2ちゃんねるの、のまネコ問題を批判するコーナー」って。TV番組ですな。
「恐怖の殺人予告」ってのも、世間から見た2chのイメージが反映されててオモロい。

記事としてもavex寄りですね。2ちゃんねらーの激しい抗議に屈し、商標登録出願を
取り下げようとしていたのにも関わらず、ってな具合。
まあそもそもマイアヒ自体知ってるかどうかも怪しいおっさんが読者だから、
こういう三面記事的な書き方をしてるんでしょうけれどもね。

しかし、この騒動は別に2ちゃんねらーおっかねえとかそんな話ではなく、
「ネットと著作権」という法的、社会的な問題を提起するもの。
著作権者のいないネット上のキャラクターを改変して売り出すという手法、
コレまで著作権を侵害「する」側であったネットユーザーと、「される」側だった
レコード会社の関係が逆転している点、興味深いトコロはたくさんあります。
2chが絡んでる上、殺人予告なんかが出ちゃったんで、結局うやむやというか、
何となく和解するコトになるんでしょうが、突っ込んだ議論が盛り上がる前に、
収束してしまうのはもったいないな。もっと面白くなったろうに。

まあ、終わってみれば、2ちゃんねらーとavexの痛み分け、
結果O-ZONEの一人勝ちってコトになるんですかね。
O-ZONEって名前も果たしてどれだけの人に覚えてもらえたのか分かりませんが、
一発屋の系譜の中でも、一風変わった経歴を手に入れたコト間違いありませんな。

B000AMD24ODISCO-ZONE ~恋のマイアヒ~(DVD付)
オゾン
エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ 2005-08-24

by G-Tools

2005-10-01 01:07 | 音楽日記 | Comment(1) | Trackback(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。