スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- --:-- | スポンサー広告
紅葉を彩るMusic!/JMB TB企画

不肖まるめてポイ。も参加させていただいているJapanMusicBlog。
主催者JMさんのjm's myTasteで連携TB企画第48弾が発表されてます。
今回のお題は「紅葉を彩るMusic!」というコトで、以前の「天高く耳肥ゆる秋」が
晩夏から初秋、今回は「紅葉」って言葉でも分かる通り、秋真っ只中にピッタリな
音楽を考えてみなさいと、そういうお題ですね。なるほどなるほど。

紅葉を楽しむっていうのは、海外にもある文化なんでしょうか?日本だけ?
そこら辺よく分かりませんが、四季の移ろいに美を見出すという感覚は、
日本人の精神の根底に根付いていますよね。思想的な源流は禅なんでしょうが、
そんな小難しく考えるまでも無く、美しいものを美しいと感じられるってえのは、
とっても素晴らしいコトで、対象が自然であれ、絵画であれ、音楽であれ、
目で観て耳で聞いて鼻で嗅いで手で触れて、「感じる」ことから全てが始まる。
…ええ、何かイイコト書いてる様でいて、イマイチまとまりの無い文章ですな。

まあイイや。そんなワケで、「紅葉を彩るMusic!」を考えてみたいと思います。
「天高く耳肥ゆる秋」のトキは、The Brand New Heavies、Brigitte Fontaine、
そして(最近メンバーが逮捕された)The Isley Brothersを挙げてみました。
ココらへんも、当然秋という季節に聴くのにはもってこいだと思うんですが、
さて他にどんなものがあるだろう。とりあえず、真っ先に思いついたのがコレ。

B00004TJWDThe Hour of Bewilderbeast
Badly Drawn Boy
Twisted Nerve/XL Recordings 2000-10-03

by G-Tools

映画“アバウト・ア・ボーイ”のサウンドを手がけ、日本でも一気にブレイクした
デーモン・ゴフによるソロユニット。ジャズ~フォーク~カントリー~ロック、
それらを必要最低限のデジタルで纏め上げた極上のpopサウンドにメロメロです。
この手の「○○と××の融合」をウリにするミュージシャンって、結構当たり外れが
大きいんですが、Badly Drawn Boyは万人にオススメできる稀有な存在ですね。
暖かみのあるアコースティックの響きが、秋という季節にジャストな感じ。

次はちょいオシャレに攻めてみましょうか。
B000002A5EI Ain't Movin
Des'ree
Sony 1994-07-05

by G-Tools

いやーベタっつーかなんつーか。とは言えDes'ree、何たる声の持ち主か。
ポストSadeなんてよく言われてましたよねえ。まあそう言いたくなりますな。
日本ではドラマの主題歌に使われた“Life”が有名ですが、やはりこの人の
代表曲っつたらあーた、“You Gotta Be”でしょーよ。ホント、ベタベッタですけど。
この曲秋に聴いてごらんなさいよ。泣かずにおれるかって話ですよ。
ちなみに当時、DJはこの曲かければ確実に誰かお持ち帰れた、と聞いたコトが。

さて、ではちょいマイナー目(でもないかなあ?)なトコから一つ。
B000000OHIPeople Tree
Mother Earth
Hollywood 1995-10-17

by G-Tools

このバンドを挙げた理由は一つ。“Jessy”、この名曲があるからです。
メロディアスでソウルフルでエモーショナルで。もうホント名曲。ため息でます。
秋、マサに秋聴くべき。そんで切なくなるべき。遠回りして家に帰るべき。
上のアルバムは“Jessy”以外も捨て曲なしの、彼らの全てが詰まった1枚。
ただ、アルバム通して秋っぽいかっつーとアレですが。まあソコはご愛嬌でしょ。

最後、あえてコレを。
B00005GL0Wマジカル・ミステリー・ツアー
ザ・ビートルズ
東芝EMI 1998-03-11

by G-Tools

中期~後期Beatlesの傑作アルバム。全編を通して彼らのクリエイティビティが
バシバシ感じられる大スキな作品です。もち他のも大スキですけれども。
コレもアルバムを通して秋っぽいかと問われれば決してそんなコトはありませんが、
僕はですねえ、“Penny Lane”という曲に、どうにも秋を感じるのですよ。
イントロからのベースラインあたりはもうたまらない。曲間のペットも。
こういう曲を聴きながら紅葉に燃える木々を眺める至福。そうだ、京都行こう

つーコトで、4つ選んでみました。相変わらずバラバラなセレクトですが…
そんでもって、こう並べてみると、あんまり秋ってカンジしませんねえ。
もっとスウィートに行くべきだったかな…今更書き直すのはちょっと辛いですが。
次の週末あたり、皆さんが選んでる曲をiPodに入れて、京都…とはいかなくても、
高尾くらいには行ってみようかな。奥多摩、箱根まで行けたら本望ですね。

スポンサーサイト
2005-11-27 22:06 | 音楽企画モノ | Comment(6) | Trackback(10)
立ち込めるゴスの香り/マリリン・マンソン

本人が語ったと伝えられるところによると、某一流コスメ会社がマンソン・ブランドの香水を販売するそう(bounce)


何かする度に、まずニオイ嗅ぐ人っていますよね。何が何でも、とにかく嗅ぐ。
部屋に入ったらまずニオイ嗅ぐ。新しい服を買ったら嗅ぐ。本買っても嗅ぐ。
食べ物くらいなら分かりますけど、服や本のニオイを嗅いでどうするんだろう?
決してイイニオイばかりではないと思うのですが…人それぞれってコトですかね。
でも、臭いものほど嗅いでしまう、っていうのはありますな。腐らせてしまった
食材だとか、「うっわ、クサっ!」って言いながらつい嗅いでしまったりしません?
別にしないならしないでイイんです。その方が良いと思います。

ただ、コレだけは絶対嗅ぎたくない!ってニオイもあります。ソレは…複数の香水
香水ってのは当然イイニオイなんですよ、本来は。身につけるものですから、
臭くちゃ困るんです。ワザワザ「お前クサっ!」って言われたかないですし。
僕も一つ一つの香水は別にイイんです。たまにテスター試してみたりしても、
基本的にはドレもイイニオイ。個人的には柑橘系のすっとした香りが好きです。
だのに何故おば様方が3人集まると、あんなハードなニオイになってしまうのか。
最近、仕事で銀座界隈を電車で移動するコトが多いんですが、車内に立ち込める
香水と化粧が交じり合ったあのニオイ…アレは正直いただけないと思いますよ。
3人の力が合わさった結果、イイニオイになる場合もあるのかもしれませんが、
少なくとも僕は、今のところそういったケースは体験したコトがありません。

で、今日の本題。少し前にMTVのニュースでも取り上げられていましたが、
かのゴス王マリリン・マンソンが、自身の香水ブランドを立ち上げようかと
構想中なのだとか。冒頭のbounceを読むに、どうやら決定なんでしょうかね。
当初、雑誌レポーターに訊ねられたときこそ、

「香水を作ることに興味はあるかと訊かれた時、『それ以上ばからしいことってないな』と思った」


というマリマン様ですが、次第に構想が膨らんできたようで、

「真剣に考えていないわけではない。もしコロンや香水を作るのであれば、男性も女性も使えるものにしたい」


と抱負を語ってくれております。また、「毎日メイクしているからね」と、
パヒュームだけでなくコスメティックブランドにも同様に興味を示しているご様子。

ミュージシャンの副業てえと一昔前はファッションブランドの立ち上げが
多かったんですが、最近はアクセサリー・香水・コスメあたりがハヤリですね。
記事にもブリトニー・スピアーズを筆頭に、ジェニファー・ロペスやビヨンセ、
ジェシカ・シンプソンにパリス・ヒルトンと、香水のブランドで一儲けしたセレブの
名が挙げられていますね。しかし、ココにマリマンが加わるのか…

おば様方に文句をつけてしまいましたが、僕もタバコ吸うしコーヒー大スキだし、
正直ニオイという意味では、強気に出られないトコロが無きにしも非ず。
もってつけた言い方はよしましょう。俺も男だ。ああ、俺は臭いかもしれん。
サラリーマン4年もやってりゃなあ、臭くもなるんだよ。仕方ねえコトなの。
その上、もうスグ加齢臭が出てきて追い討ちかけられるんだよ。
そんで「お父さんくさーい」って娘に言われて、洗濯物も別々に洗われるんだよ。
って、自虐ネタなのかココロの叫びなのか分からなくなってきたなあ。
つーか、ぶっちゃけなんか悲しくなってきた…臭くない、まだ臭くない(ハズだ)ぞ俺!
とにかく、イザというときのためにも、マリマン印の香水を試しておかないと。
でも、キャラ的にはとんでもない香りがしそう。裏目に出る可能性も十分…?

だって、こんなですよコイツ。「ほのかな」香りなんて期待できん。
B0002T207Aレスト・ウィ・フォーゲット
マリリン・マンソン
ユニバーサルインターナショナル 2004-09-25

by G-Tools

2005-11-26 23:48 | 音楽日記 | Comment(0) | Trackback(0)
特攻野郎!/THE GO!TEAM

彼らの最新シングル「Ladyflash」に、マイ・ブラッディ・ヴァレンタインのケヴィン・シールズが手掛けたリミックス曲が収録されることに!(CDjournal)


いやあ、ホントステキな名前ですねえ。THE GO! TEAM。このセンス大スキ。
以前も書きましたが、名前のステキさではARMY OF THE FRESHMEN以来の大物。
だってイキオイを感じさせるコト甚だしいではありませんか。GO!とかFRESHMENとか。
どう考えてもバラード歌う名前じゃないですもん。確実にワッショイ系ですよ。
ソレに、THE GO! TEAMの場合、デビューアルバムのタイトルがまた素晴らしい。
“Thunder,Lightning,strike”ですよ?いったいドコのヒーローの必殺技だよ。

で、今回の主役、THE GO! TEAMですけれども。CDjournalによれば、
彼らの最新シングルに、あのMy Bloody Valentineのケヴィン・シールズ
リミックスが収録されるんだそうで。おおケヴィン、久しぶりに仕事したんか。
音源という意味では、映画“ロスト・イン・トランスレーション”のサントラ以来?
このレア音源集も1年半に渡って発売延期になってるし、もう働く気無いのかと。
とは言え、PRIMAL SCREEMの準メンバー化や、Patti Smithとのセッションなど、
ごく稀にではあれ、ミュージシャンとしてステージに立ったりもしてますから、
だからこそみんな期待するし、あの音楽史に残るであろう名作“LOVELESS”以来、
15年近く経ってるというのに、今なお「マイブラの新作がついに?」みたいな記事が、
出ては消え出ては消えしてるワケですね。その度に裏切られ続けてるので、
ある意味迷惑な話とも言えますが…

THE GO! TEAMの方に話を戻しましょう。今年のFUJIROCKで観たときには、
あまりピンとこなかったというか、正直この手のバンドにはアリガチな音だなあ、
と思ってしまったのですが、その後CDを聴くにつけ、結構ハマりましたわ。
なんだかんだ言っても楽しい音。オーストラリアのヤンチャ軍団Gerlingあたりが
スキな人であればオススメできますね。ええ、そりゃもうワッショイ系です。
今思ったんですけど、“Odelay”の頃のBECKにちょっと通じるものがあるかも。

にしてもケヴィンを動かすとは…、上の方でも書きましたが、あいつのモノグサは
相当なもんですよ。リミックスとは言え、よくやる気にさせたと感心しきり。
やっぱアレですかね?「ジャクソン5 meets ソニック・ユース」という評価が、
ソニックスに多大な影響を受けているケヴィンとしては見過ごせなかったんでしょうか。
まあ…コレも以前書いたコトですが、そんな無茶なmeets、あるワケないですって。
少なくとも僕にとっては、彼らのドコをどう切り取ってそんな評価が出てきたのか、
さっぱり分からないのですが。特にソニックスの方ね。どこらへんなんだろう…
とりあえずニューシングルに期待しますか。当然、ソニックス感をじゃありませんよ。

ジャケもステキ過ぎ。
B00031YCLYThunder,Lightning,strike
The Go! Team
VROOM-SOUND 2004-10-14

by G-Tools

昔友人に聴かせたとき、「環境音楽みたい」といわれたのを未だに根に持ってます。
B000002LRJLoveless
My Bloody Valentine
Sire / London/Rhino 1991-11-05

by G-Tools

2005-11-24 23:38 | 音楽日記 | Comment(0) | Trackback(1)
戦後60年の/紅白歌合戦

紅白歌合戦は、これまで繰り返し申し上げてきたとおり、合戦であってランキング番組ではありませんから、集計結果は、戦後60年にふさわしい紅白を作り上げるために、最大限活用していきます。


何だか言い訳がましい文章ですが。今年の紅白歌合戦で聴きたい歌アンケート、
いわゆる「スキウタ」、21日に紅白100曲ずつの中間発表が行われましたな。
旬のミュージシャン、大御所ミュージシャン、スデに解散・引退したミュージシャン、
ワザワザ「戦後60年」なんて言葉を持ち出すだけあって、様々なジャンル、世代から
選ばれておりますな。まあこのスキウタは楽曲のみの発表なので、本人以外が
歌うコトもありえるようですけどね。山口百恵とか絶対出せないだろうし。

今回発表された個々の楽曲は冒頭の記事からリンク先を見てもらうとして、
アレですね、NHKも大変ですな。今年はイロイロと不祥事続きでしたものねえ。
そんな一年を少しでもイイ形で終えるためには、「国民的番組」である紅白を
なんとしてでも盛り上げてやらんと。そのため、昨年不評だったアンケート、
対象をミュージシャンから楽曲に変えて、今年もやっとるワケです。

個人的には紅白ってあんまり興味が無いんですが、年末実家に帰ってたりすると、
やっぱテレビは紅白映してますもんねえ。なんだかんだ言ってもそういう番組。
とは言え、演出も出演者もマンネリ気味の感は否めず、視聴率も年々下がり気味。
ソコで新風を吹き込むために昨年出演して欲しいミュージシャンのアンケートを
やったってえのに、結果1位が天童よしみですよ。いや別によしみでもイイけどさ、
ハッキリ言って俺は別に観たかねえし、他の若者もよしみ観たさじゃ紅白観ねえよ?
まあよしみ効果で視聴率アップしてたら、そりゃ謝りますけれども…まず無いでしょ。

んで、今年は楽曲でやってるワケです。中間発表では順位は付いていませんが、
最終的には紅白直前のカウントダウン番組で順位を発表するんだそう。
誰のドレが1位になるやらねえ。気にならないようでいて、ちょっと気になります。
ただ…ソレがホントに「民意」を表したものになるかどうかは分かりませんし、
上位にランクされた楽曲が果たして本番で流れるかどうかはもっと分かりません。

そう考えるとコレ、このスキウタって、ある種NHKにとっての試金石ですよ。
評価も信頼もガタ落ちしている中で、「またかよ」みたいな結果を出したり、
あるいは本番の視聴率が落ち込んだりすれば、メディアはもうココぞとばかりに
NHKの体質を書き立てるでしょうしねえ。実際問題、結構厳しい戦いなのでは…

にしても、「合戦であってランキング番組ではありません」っていう文言はオモロいね。
「これまで繰り返し申し上げてきたとおり」も、ウンザリ感が伝わってきて、
なかなかの名調子。その勢いをvs民放のバトルにもつなげられるとイイんですけど。

2005-11-23 22:42 | 音楽日記 | Comment(1) | Trackback(0)
メジャー第一弾発売決定!/湯川潮音

湯川潮音がメジャー第一弾アルバムを2006年1月25日にリリースする。(bounce)


故あって、漫画喫茶で3時間過ごしてきました。
「からくりサーカス」の続きが非常に気になる。

そんなワケでこれから遅い夕飯を取ってもう寝ます。その前に一言だけ。
湯川潮音、この子はアレです、ホントエラい子!スゴい子!恐ろしい子…!
メジャー第一弾アルバムは来年1月25日リリース。コレだけはマジ買っとけ。


ほぼアカペラでまとめられたインディーデビュー作。
メジャーデビュー作を含めた残り3作は楽器も入っているのですが、
マズはこの1枚で、彼女の「声」をココロ行くまで堪能すべし。
B000065BBJタイド&エコー
湯川潮音
インディペンデントレーベル 2002-03-01

by G-Tools


作者は果たして広げたい放題広げた大風呂敷を畳むコトが出来るのか!?
ドキドキしながらページをめくれば、ソコには更なる大風呂敷が!
4091253318からくりサーカス (1)
藤田 和日郎
小学館 1997-12

by G-Tools

2005-11-21 00:21 | 音楽日記 | Comment(0) | Trackback(1)
娘の誕生日(妄想編)

通常、バットミツヴァ(ユダヤ教の女子のための成人式。13歳の誕生日に行われる)は、ニュースで取り上げられるような類のイベントではない。しかし、アンバー・リーディンガー(写真中央)のそれは、チープな宴会場で行われるパーティーとは一味も二味も違った。(MTV)


いやあ、サラリーマンには毎月あるコトながら、この日ばかりは目じりが緩むね。
この1ヶ月の苦労を思い返せば…♪あんなコト、こんなコト、あ~った~でしょ~
だがソレも今や昔の話。俺の苦労は報われた。そう、今日は給料日なのだマネー
早速家賃を振り込み、コンタクトを新調し、「ワンダと巨像」も買ったマネーよ!
明日は洋服買ってCD買って、何か映画でも観て美味いもん食って、ほんで
コジャれたカフェでゆっくりコーヒーでも飲みながら読書して…ビバ給料日!

こう書くと随分優雅な生活のように思えますが、もちろんそんなワケありません。
こんなのんびりした日が過ごせるのも明日だけ。日曜は出勤だし、月曜からは…
またこんなんなってこんなんなってこんなんなってこんなんですよ。ホントに。
そんなになってまで働いて、また来月の今頃につかの間のひと時を過ごして、
ソレで果たして僕に何が残るというのか。働けど働けど、ヒルズ族への道は遠く。

って、こんなリーマン100人に聞いたら100人がするようなたわいのないグチは
ココまでにして、本題に入りましょう。冒頭のMTV記事、あるパーティーの話。

ユダヤ教で、女の子の13歳の誕生日に行われるという成人の儀式、バットミツヴァ
日本で言うと七五三?違うか。昔の男子の成人式である、元服式でしょうか。
まあ素直に成人式と捉えるとして、最近の成人式ってえと、どうも荒れる新成人…
ってな具合で、世間的にはあんまり良いイメージがないかも知れませんな。
僕の時はどうだったでしょうねえ?もう5、6年前のコトになるのですか。
さして混乱も無く、逆に言えば盛り上がりも無く…淡々と進んで淡々と終わったな。

それに比べてこの子ですよ。13歳のアンバー・リーディンガーちゃん。
実はこの子、バリバリのファッションデザイナーで、その上両親はIT長者。
マサに非の打ち所の無いセレブ一家というコトで、「はした金」50万ドルを使って、
バットミツヴァとその後のパーティに、ジャ・ルールやアシャンティらといった
超大物ミュージシャンを多数呼び、大いに盛り上げてもらったのだとか。
50万ドルってコトは6000万くらい?なーんだ、ヒデキ・マチュイの100分の1じゃん!

さて、海の向こうにはデッカいヤツらがいるもんだ、ってなワケでね。
最早何も言いますまい、つーか何が言えよう?ココまでセレブならしゃあないわ。
タダね、いずれ僕もそっちの世界へ行く予定なワケで、成功にはビジョンが必要。
将来自分の娘の誕生日に呼ぶミュージシャンを、今のうちから選定しとかないと。
誰がイイかな?誕生日ソングと言えば、やっぱスティービーは鉄板ですかな。
個人的にはメイシー・グレイに「ハッピー・バースデー」って言ってもらえたら
カナリの高揚感に包まれるであろうと思うのですが、娘の意思も尊重せんと。
ソコはとても難しい問題。娘には娘のお気に入りミュージシャンがいるでしょうし。
坂本教授の娘さんである美雨さんだって、ルナシーの大ファンですからねえ。
教授は0歳からテクノ聴かせたにも関わらず、娘がルナシーに行き着いたコトに、
結構ショックを受けたようですが、0歳テクノって、ソレはソレでどうなのか、と。

いやあ、アレですね、なんつーの空想っての?夢想?楽しいもんですね。
ちなみに娘の名前は「雪子」です。キレいな名前でしょ?顔もカワイイのよ☆
…分かってますって、タダの妄想ですってば。キモいとか言わんといて下さい。

B0002J51DKR.U.L.E
ジャ・ルール ブラックチャイルド R.ケリー
ユニバーサルインターナショナル 2004-11-17

by G-Tools
B0002ZEYXCベリー・ベスト・オブ・メイシー・グレイ
メイシー・グレイ
ソニーミュージックエンタテインメント 2004-10-20

by G-Tools

2005-11-18 00:35 | 音楽日記 | Comment(0) | Trackback(0)
25年目の告白/ジョン・レノン

「わたしはまるで列車のようだった。停車することのない暴走列車のようだった。何があってもわたしを止めることはできかっただろう」(時事通信)


25年という月日、四半世紀という言い方もできます。まるで大昔のコトのように
感じられますし、実際随分と昔のコトではあるのですが。
1980年12月8日、マーク・チャップマンの銃弾により、ジョン・レノン死去。
当時どのくらい大きなニュースとして取り上げられたのか、今年で26歳の僕には
分かりませんが、相当な衝撃をもって世界に伝えられたのは確かでしょう。
なぜなら25年経った今もなお、ジョン・レノンの音楽は多くの人の心を打ち、
そして愛されているのですから。

ええ、冒頭の記事、時事通信なのでスグに消えてしまう可能性大。
なもんで、出来る限り引用しておこうと思います。時事通信さん、訴えないでね☆
記事によれば、NBCテレビが近日放映するドキュメンタリー番組の中で、
この世紀の殺人犯マーク・チャップマンが、犯行の動機を語っているとのこと。

「射殺は完全に強制されたものだった。わたしは自分を救うためにはこれしかないのだと確信した。そう、100%の確信だった」
「いわば、世界を鎖につなぐことに成功した連中がいた。でも、わたしはその鎖にはつながっていなかった。わたしは人格を持たない人間だった。すると、わたしの内部で何かが破れた。わたしのアイデンティティーはジョン・レノンを殺害することで発見されると考えたんだ」
「そう、これが彼なんだ。信じがたい感情だった。頭の中で声が聞こえた。声は『やれ、やれ、やれ』と繰り返した。だから、レノンが通り過ぎたとき、わたしは銃を取り出し、背中を狙って続けざまに5回ぶっ放した」


告白を読むにつけ、そのときの異常な心理状態が生々しく伝わってくるような、
非常に、何というか、「人間」というものの儚さをマザマザと見せ付るような、
表現しようのない迫力にあふれた…あえて書きますが、「名言」だと思います。
むろん、ソコで引き返してこその「人間」ですし、彼を一般化するつもりなど
サラサラありません。しかし、ココで語られているコトが真実であるとして、
もし彼が銃弾でなく言葉で接していたならば、その時ジョンはどうしたのでしょう。

ジョン・レノンの死が、多くの人生に影響を与えたのは想像に難くありませんが、
ポール・マッカートニーオノ・ヨーコの2人にとっては、まさに「人生そのもの」を
根本から覆されるような体験だったのではないでしょうか。

ビートルズ晩年以降、ポールとジョンが友好関係にあったワケではなく、
むしろその関係が冷え切っていたのは周知の事実ですが、ビートルズ解散後に結成し、
ソロに転じて前衛的なアルバムを製作していたジョンより、商業的にははるかに
成功していたウイングスを81年に解散し、あえてソロとしてステージに立ったコトは、
何よりも雄弁に二人の関係を物語っていると思います。その後のポールの活躍は
言わずもがなですが、それが「ジョンの分まで」などというチープな言葉では、
決して語るコトのできないものであるコトも、また確かでしょう。

オノ・ヨーコは、今でこそジョンの妻として、そして「ビートルズ解散の一因」として
語られる存在(もっとも、決して「原因」ではないようです)になっていますが、
本来彼女は安田財閥の血を引く令嬢であり、また世界的に評価の高い芸術家。
ジョンとの結婚により、彼女の運命が大きく変わったのは確かでしょうが、
彼の死は、当然のコトながらそれ以上に大きな、決定的な転換点になったと思います。
ジョンの意思を継ぐ者として、ファンからの期待、哀れみ、批判の的として、
そしてジョンの遺児ショーンの母親として…本人曰く、ジョンの死後暫らくは、
「私とショーンは、まるで雪原の中に2人して立っているような思いだった」そうです。

とまあ、長々とソレらしく書いてきましたが、正直、ジョン・レノンという人は、
僕のような小僧が偉そうに語るのには余りにもデカ過ぎる存在。
とは言え、25年というのはそれなりの年月であり、ジョンについては、
ソレこそポールにしろヨーコにしろ、それなりに多くが語られていると思います。
ただ、ソレを受け止めるための年月としてはどうなんでしょうかね。
「夢想者」である彼が夢見ていた21世紀、ソレが「理想」でしかなかったのか、
その最終的な判断が下されるには、まだまだあと90年以上あるワケですわ。
やれるコトはやっとこうぜ。世界のエラい人もエラくない人も、みんな頑張れ!
B00000634JLennon Legend: The Very Best Of John Lennon
John Lennon
Import 1998-02-24

by G-Tools

2005-11-16 01:05 | 音楽日記 | Comment(0) | Trackback(0)
オズボーン家の懲りない面々

関連ニュースとして、約30キロ減量することに成功したケリーの弟ジャックは『Cosmopolitan』誌最新号でチャリティのため大胆なセミ・ヌードを披露している。BARKS)


つまり僕が言いたいのはですね、天は人の上に人を作らず、人の下に人を作らず、
こんな言葉はウソっぱちなんじゃないかってコトですよ。セレブにゃ勝てんよ、と。
そもそも福澤諭吉先生自身が、「ウチの娘は武士以外には嫁にやらん!」
なんつって求婚者を門前払いしてたりするワケですからね。まあ100%ヒガミですけど。

BARKSの記事によれば、あのオジー&シャロンの娘、ケリー・オズボーンが、
21歳の誕生日のお祝いにと、約2億円のマンションをプレゼントされたとのコト。
コレにはさしものケリーも驚いたそうで、彼女の友人の「両親から鍵を渡されたとき、
信じられなかったみたい」というコメントが寄せられています。
まあ、残念ながら僕は誕生日プレゼントに億ションをもらった事がありませんので、
このときの彼女の喜びようを上手く表現するコトは出来ないのですが、
そりゃせめて驚いて大喜びくらいしてもらわんと。そのくらいの配慮はお願いしたい。

記事の中では、ケリーは自身の誕生パーティーを延べ二週間に渡って
お祝いし続けたともありますが、まあ何というか、セレブってのはスゴい世界だ。
そして冒頭の「セミヌード」。ジャックはドラッグによる入退院を繰り返しながら、
イベントプロモーターとしてのキャリアを積もうとしていたハズなのですが?
「Cosmopolitan」も一流雑誌なのに度胸ありますねえ。セレブってスゴいや…

B00006962Gオズボーンズ・ファミリー・アルバム
TVサントラ オズボーンズ パット・ブーン
ソニーミュージックエンタテインメント 2002-07-24

by G-Tools

2005-11-15 07:41 | 音楽日記 | Comment(0) | Trackback(0)
歌は世に連れ、世は歌に連れ/流行語大賞

この賞は、1年の間に発生したさまざまな「ことば」のなかで、軽妙に世相を衝いた表現とニュアンスをもって、広く大衆の目・口・耳をにぎわせた新語・流行語を選ぶとともに、その「ことば」に深くかかわった人物・団体を毎年顕彰するもの。


まあ、コレ本当は一昨日書こうと思ってたネタなワケですが、流行語大賞
年の瀬を感じさせるイベントのニュースが、今年も舞い込んできましたなあ。
まだ11月だってのに、巷じゃあもうクリスマスだの年末だのお正月だのと、
まあ時代を先取りするのに忙しいですね。そんなに急いでどこへ行くのだ日本人よ。
大体、みんな11月を軽んじ過ぎ。紅葉が山を美しく彩り、新米やキノコが食卓を賑わす。
本来もっともっと評価されてイイ月ですよ。ちやほやされるだけの実力はある。
なのに後ろに控える12月がイベント目白押しの強大な勢力を誇っているだけに、
実力を発揮しきれていないというか認められづらいというか…不憫なり11月。
お前はこんなもんじゃないハズだ。諦めるな!諦めたらソコで試合終了ですよ。
クリスマスが何ぼのもんじゃ!あんなもんサラリーマンにはタダの平日じゃねえか。
ソコへ行くと11月は違うさ。文化の日ヤッホーゥ!勤労感謝の日バンザイ!
まるめてポイ。は総力を挙げて11月を応援していきます。お休みさせろー。

ええ…一昨日書いたときはこんな文章じゃ無かったんですが…やっぱ休みの日と
仕事帰りではテンションが天地の差というか。まあ、分かってやって下さい。
流行語大賞に話を戻しますと、公式ページに過去の受賞語が紹介されてるんですが、
いやあ、イロイロありましたなあ。アレやコレや。あの頃僕は若かった。
幾つか紹介したいんですが、グッと我慢。ココは是非ご自分でご覧いただきたい。
♪まわる~ま~わる~ぅよ時代~はまわる~ってね、思い出がいっぱい状態ですわ。

で、まるめてポイ。っていうのはアレです、音楽blogですから。ただ流行語大賞の
ノミネート語が発表されましたねーやっぱハードゲイは鉄板なんですかねー、
で終わるワケにはいかんざき。歌は世に連れ、世は歌に連れと言いますから、
ココは音楽からの過去の受賞語を振り返ってですね、戦後日本を総括してみようと、
思ったトコロでソレは余りにも壮大で手に余る。コメントつけるだけでご勘弁。

1986 流行語部門・大衆賞
おニャン子
受賞者:おニャン子クラブ((株)フジテレビジョン)
B00005QYKQおニャン子クラブ BEST
おニャン子クラブ
ポニーキャニオン 2001-12-05

by G-Tools

記念すべき音楽界(つーか芸能界ですな)からの最初の受賞語はおニャン子。
僕はいわゆる「世代」ではありませんが、ソレでも「夕焼けニャンニャン」は
観てたような気がするので、やはり相当ビッグな存在だったと言えるでしょうな。
いくら比較されようとも、「モー娘。」は流行語大賞を受賞してませんもの。
にしても「夕焼けニャンニャン」ってスゴいネーミングだ。ギャルゲーかよ。

1995 トップテン入賞
「だ・よ・ね(DA・YO・NE)ま、いっか(MAICCA)」
受賞者:EASTEND×YURI
B00005G74FゴールデンJ-POP 1993~94
オムニバス THE BOOM VOICE
ソニーミュージックエンタテインメント 1997-07-01

by G-Tools

一気に10年の歳月が経ち、1995年の流行語となったのがDA・YO・NEとMAICCA。
EASTEND×YURIですよ。若者の皆さん、「イーストエンド・プラス・ユリ」ですよ。
この人たち、今でこそアレですが、実は日本の音楽界に「Rap」という言葉を
認識させたという意味で、かなり重要な地位を占めていると言っても過言ではない、
いずれ再評価せねばならないであろう人たちです。ぶっちゃけ、今の日本HipHopの
メインストリームはEASTEND×YURIが作ったもの。良かれ悪しかれですけど。

1996 トップテン入賞
アムラー
受賞者:正統「アムラー」を自認する皆さん
B000059HUL181920
安室奈美恵 TETSUYA KOMURO KAZUMI SUZUKI
エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ 1998-01-28

by G-Tools

アムロも今や人妻。音楽的にはすっかりブラックな方向へ行ってしまいましたが、
この頃はもうバリバリですよ。バリバリのTKチルドレンですわ。TKと言えば、
近所のたこ焼き屋に神田川俊郎(TOSHIRO KANDAGAWA)から花輪がきてましたが、
やっぱ美味いんでしょうか。あと、正統派アムラーってコトは、異端派アムラー
いたんでしょうか。どちらも非常に気になります。

1999 トップテン入賞
だんご3兄弟
受賞者:古屋光昭他(NHK「おかあさんといっしょ」)
B00005GY9Bだんご3兄弟
リチャード・クレイダーマン
ビクターエンタテインメント 1999-05-12

by G-Tools

このあたりから、毎年のように音楽絡みの受賞語が出てきてますな。
だんご3兄弟も何だかとっても流行りましたよね。湖池屋のポリンキーや、
NECのバザールでござーるで名を上げたクリエイター佐藤雅彦氏が、その地位を
括弧たるものにした作品でもありますな。それにしてもですよ、まさか
リチャード・クレイダーマンまでやってたとは。存じませんでしたわ。

2000 トップテン入賞
パラパラ
受賞者:紅田 昇(神楽坂ツインスター支配人)
B0009N2XH6俄然パラパラ プレゼンツ キャンパス・サミット
オムニバス バズーカ・ガール トリスター
エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ 2005-07-13

by G-Tools

パラパラってどうなんでしょ?長州小力の人気を見るに、まだ流行ってるのかな?
う~ん、個人的にはあまり興味が無いので、イマイチコメントが付けづらいなあ。

2001 トップテン入賞
「明日があるさ」
受賞者:Re:Japan
B00005HVX1明日があるさ
Re:Japan 青島幸男 CHOKKAKU
エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ 2001-03-28

by G-Tools

2001 トップテン入賞
「ヤだねったら、ヤだね」
受賞者:氷川きよし(演歌歌手)
B0000A8V24箱根八里の半次郎/大井追っかけ音次郎
氷川きよし 松井由利夫 伊戸のりお
コロムビアミュージックエンタテインメント 2003-09-25

by G-Tools

この年は音楽から2語が受賞。どちらもついこの間のような気がしますが、
もう4年前の曲なんですねえ。てこたあ俺もまだ学生かあ。そうかあ…

2003 年間大賞
なんでだろう~
受賞者:テツ and トモ(タレント)
B00007K4UPなんでだろう~こち亀バージョン~
テツandトモ 三沢またろう トモ
ポニーキャニオン 2003-02-05

by G-Tools

2004 トップテン
って言うじゃない…○○斬り!…残念!!
受賞者:波田陽区
B00063IX46ギター侍のうた
波田陽区 高見優
ポニーキャニオン 2004-11-17

by G-Tools

最後はちょっと強引ですが。テツandトモと波田陽区、音楽を絡めたネタの芸人が
ココ2年の流行語を生み出してます。そういや音楽芸人としては、はなわだけが
取り逃してるんですね。まあタイミングもありますし、紅白出たからOKっしょ。

そんなワケで、音楽からの流行語は意外と少ないあというのが率直な感想。
純粋な楽曲からはDA・YO・NEとMAICCA、明日があるさ、ヤだねったら、ヤだねの
4語しかありませんでした。マツケンサンバあたり取ってないのが意外ですな。
ちなみに今年のノミネート語の中から音楽関連を探すと以下3つになるかな?
iPodなんて今更なものより、「音楽配信」とかの方がシックリきますが。
小泉チルドレン、郵政民営化、JFK、クール・ビズ、萌え○○ってなあたりが
有力候補でしょうか。日勤教育が受賞したらJR西日本の社長はどうするんだろう…

2005年の「音楽的」流行語

iPod
2005年に注目を集めた、米アップル社のハードディスク型携帯音楽プレイヤー。iTunesは同社の音楽管理・再生用ソフト、iTMS(iTunes Music Store)は同社が展開する音楽配信サービス。

のまネコ
2005年のヒット曲「恋のマイアヒ」のキャラクター「のまネコ」。これがweb上の大掲示板「2ちゃんねる」で親しまれる猫のアスキーアート「モナー」に"インスパイア"されて出来たものだったことからその後大騒動に。

ホワイトバンド
サッカーの中田英寿選手はじめ多くの有名人を起用した世界的な貧困撲滅運動で、売られる白い腕輪(300円)。

2005-11-14 22:40 | 音楽日記 | Comment(4) | Trackback(3)
泣き言インオータム

うっうっ…2時間かけて書いたエントリだったのに…消えちゃったよ…
なんで俺は保存もせずにマウスの掃除など…もうダメだ、オウイェ俺はもうダメだ。
マジでヘコみました。こんなコトだったら「ワンダと巨像」買ってくりゃ良かった。
ソレで一日中引きこもって遊んでりゃ良かった。ソレが俺にはお似合いなんだ。
ちきしょー、そんなこんなでもやもやした気持ちを抱えながら飲みに行ってきます。

B00064A8G6ワンダと巨像
ソニー・コンピュータエンタテインメント 2005-10-27

by G-Tools



ちなみに今日公開する予定だったネタは「流行語大賞」。明日書ければ書きます。

2005-11-12 22:45 | 音楽日記 | Comment(0) | Trackback(0)
独り言インオータム

シャッフルされたiTunesからダルファーの“ハイパー・ビート”が
軽快に流れてきて、僕は明日こそちゃんとblogを更新しようと思う。
そんな秋の夜長。そんな…
B0000563CRハイパー・ビート!
ダルファー
東芝EMI 1995-05-31

by G-Tools

2005-11-11 23:59 | 音楽日記 | Comment(0) | Trackback(0)
ヒルズ族の方、必見ですよ!

MuchMoreMusicが行なった投票によれば、グループからソロデビューした成功アーティストとしてマイケル・ジャクソンが1位を獲得した。(BARKS)


本題に全然関係ないんですけど、一昨日アタリから左足首が物凄く痛いです。
別にひねったりした覚えもないんですが、何か歩くたびにパキパキするんですよ。
しかも痛みは増すばかり。この分だと週末くらいには根元からモゲるんじゃないか
ってな気さえします。職場で「働きすぎで披露骨折した」と訴えたのですが、
「モゲたらジェット付けろよ。そしたら遅刻も減るだろ」などと、上手いこと言いやがる。
ホンにお前らアレだな、腕を上げたよ。でもな、世の中ってなあ広いんだぜ。
調子にのって、一人で何でも出来るような顔してると、今に痛い目見るんだぜ…

と、かなり強引ではありますが、ムリヤリ前フリみたいなカタチにしてみました。
前回に引き続きBARKSのベストテン。今回はソロデビュー特集というコトで、
調子にのってかのらずか、とにかく「一人でできた!」子たちのランキングですね。
このランキングによれば、1位は元キング・オブ・ポップにして、元容疑者。
なんだかんだいってもこの人は別格なので、ココではあえて触れてあげません♪
2位以下を見ても、ポールにジョンはともかく、クラプトンやスティング、
ジョージ・マイケルあたりは、最近の若造にはピンのミュージシャンとしての
認識しかないでしょうな。まあそれだけソロで成功したって証拠ではありますわ。
元広島の金本が、今や阪神ファンから「アニキ」なんて慕われてるのを見ても、
やっぱ大事なのは「過去」ではなく「今」なんだなあ、と妙に関心してしまいます。
って、何かソレっぽく書いてますけど、例としてイマイチ噛みあってませんね。

ベストテンは「ああなるほど」ってな面々なので、10位以下が気になるところです。
記事中では、13位にリッキー・マーティン(元メヌド)、17位にビヨンセ(元デスチャ)、
20位にジャスティン・ティンバーレイク(インシンク)がランクインしていると
伝えられています。他は誰が挙げられてるでしょうね?パッと思いつくところだと、
ビョーク(元シュガー・キューブス)、ポール・ウェラー(元ジャム/スタカン)、
ルー・リード(元ヴェルヴェット・アンダーグラウンド)、最近の人だったら
グウェン・ステファニー(ノー・ダウト)あたり?この中からランクインしてるとしたら、
グウェンぐらいなもんだろうな。知識が浅いなあと実感した次第ですよ。

んで、思ったんでけど、日本だったらソロで成功してる人って誰になるんでしょうか。
サザン桑田やB'zのinaba先生?あ、藤井フミヤは元チェッカーズだわなあ。
忘れちゃいけないGacktサマは元マリス・ミゼルだし、オザケンとコーネリアスは
元フリッパーズ・ギター。YUKIは言うまでも無く元ジュディマリですよね。
篠原涼子だって元東京パフォーマンスドールかつ元TKファミリーですし。
そして大御所、ジュリーこと沢田研二は元タイガースだし、堀内孝雄(ベーやん)と、
谷村新司(チンペイ)は元アリス。武田鉄也は元海援隊、さだまさしは元グレープ。
結構思いつくもんですな。まあ、音楽やろうと思ったら大抵はまずバンドですもんね。
そう考えてみると、ハナっからソロでって方が逆に珍しいのかもしれません。

さてさて…、ソロで活躍する、コレほど魅力的な単語は実はそうそうありませんよ。
リーマンオブリーマンである僕にとっては、すなわち独立、起業、ヒルズ族入りを
意味する言葉ですからねえ。家賃300万ですもの。僕の50ヶ月分じゃないですか。
つまり丸4年分以上の金額を1ヶ月で支払っていやがるワケですよヤツラは。
そりゃ芸能人だって続々と嫁になりまさあな。出来ることなら俺だって嫁になりたい。
というコトで…募集。この甘木を嫁にしてやってもイイというヒルズ族の方、
出来れば女性社長を希望しますが、贅沢は言いません。よろしくお願い致します。



こんな終わり方で良いんだろうか…悩ましい。

2005-11-09 23:03 | 音楽日記 | Comment(0) | Trackback(1)
21世紀UKの顔!(ケツアゴ)/ロビー・ウィリアムス

Officeial UK Chart Companyが、ベスト・アルバムやライヴ・アルバム、ダウンロードを除き、2000年1月1日から'05年10月11日までに最も売れたアーティストのトップ10を発表した。(BARKS)


1位はやはりロビーか…ロビーに関してはもう何度かこのblogで書きましたが、
何度書いても書きたりん。そんなカッコいいかあの子?ケツアゴ子ですよ?
そもそもアイドルボーイズグループだったコト自体が信じられませんが、
所詮ケツの青い小僧である僕には永遠に分からない世界なのでしょうケツアゴ。
あと10年も経てば、立派に実写版ルパンで銭形警部役をやれる逸材なのは
間違いないと思うので、そのときになったら再評価したいと思います。

トップ10はまあなるほどってなメンツですね。オアシス、しぶとく10位はさすが。
こう見てみると、ソロとボーイズグループが上位を占めていて、バンドは
2位に食い込んだコールドプレイに9位のステレオフォニックス、
それとオアシスの3組だけなんですねえ。イキのいい新人バンドが退去登場して、
ロック復権が叫ばれるご時世ですが、まだまだ道のりは厳しいのですかね…
B0002VL880グレイテスト・ヒッツ
ロビー・ウィリアムス
東芝EMI 2004-10-16

by G-Tools

2005-11-07 00:29 | 音楽日記 | Comment(0) | Trackback(0)
元祖ロッキン・ラヂヲ/和田ラヂヲ

ビートルズが!ストーンズが!ピストルズが!
向井秀徳が!YMOが!清原和博が!
有名どころからマニア向けまで。古今東西のロックスターが、
和田ラヂヲによって好き放題にネタにされた!


というコトで…実質的にはほぼ10日ぶりの更新となります。
まったく、ねえ?僕は本来アレですよ、実生活はグダグダの極みですから、
せめてこのblogくらいは毎日(に近い頻度で)書こう、書きたいなと思ってるので、
こうもほったらかしにしてしまうというのはまことに遺憾で仕方ありません。
まだしばらくは忙しい日々が続くのですが、せめてもう少しなんとかしたいなあ、と。

まあ、そんな吹けば飛ぶようなグチなどココらでやめにしてですね、
ヒサビサのエントリ、今回のネタは和田ラヂヲの「元祖ロッキン・ラヂヲ」
ございますれば、コレまた吹けば飛ぶような内容になること火の如し。

和田ラヂヲが音楽好きなのってどのくらい知られてるんでしょうか。
まさか、和田ラヂヲ自体をご存じないという方は…いらっしゃいませんよね?
ご存知ない、という方は残念ながらココでリタイヤです。振り出しに戻る。
というのも何なので、一応簡単に説明しておくと、和田ラヂヲは漫画家。
吉田戦車あたりと比較されるような、シュールな脱力系の漫画を描いてます。
公式ページ見てもらえばその辺は分かってもらえるんではないでしょうか。
分からない方は本格的にリタイヤしていただくしかありません。残念です。

以前ヤングジャンプで連載していた“和田ラヂヲのここにいます。”で、
散々GLAYCoccoをネタにしていた和田ラヂヲですが、ミュージシャンネタの
原点とも言える作品が、今回取り上げている“ロッキン・ラヂヲ”ですな。
ロッキン・オンで連載していただけあって、洋邦のそうそうたる面々が、
コレでもかと言わんばかりにエジキにされてます。カナリ下らないカタチで。
結構な確立でダジャレですからね。いくつか紹介しようかと思ったのですが、
文章で書いてしまうと深刻なほどつまらないので、和田ラヂヲの名誉のためにも
やめておきます。うかつに手を出すと僕までヤケドしそうですので。
しかしながら、漫画自体がつまらないかと言えば、当然ソレは別ですよ。
あの独特の絵のおかげで、ダジャレでも十分に笑える内容となっております。

しっかし、連載されていたのが98~99年だから7年くらい前ですか。
ネタにされてるミュージシャンを見るに、時代を感じずにはいられませんなあ。
本人がファンであるストーンズとキッスの登場がかなり多いのですが、
スウェードのブレッド・アンダーソンや、パルプのジャーヴィス・コッカー、
bis、シーホーゼズ、ヘイデン、トリッキー、邦楽ではWINOやイーストエンドと、
懐かしい顔が続々とネタにされております。ダジャレ交じりに。

ミュージシャンなんてのはお高くとまってますからね、ガンガンネタにしたら
イイんですよ。MTVがジ・オズボーンズやって以来もう何でもアリなんですから。
その点、清原にWINOを語らせるという和田ラヂヲのセンスには脱帽せざるを得ない。
まあ、そこら辺はやっぱ読んでもらわないとねえ。古本屋で見かけたら是非。
4872573226元祖ロッキン・ラヂヲ
和田 ラヂヲ
イースト・プレス 2002-12

by G-Tools

2005-11-06 19:49 | 音楽文庫 | Comment(0) | Trackback(0)
言い訳インオータム

秋もすっかり深まり…
街には早くもクリスマスのイルミネーションが灯り…
俺の運勢はライク・ア・ローリングストーン。

そんな秋、もう5日間まともに更新できておりません。
厳密には昨日、酔っ払った勢いでワケの分からん文章を書いてましたが、
ありゃいかん。遺憾の意。削除しました。読んだ方、ホントすんませんした。

そういうコトで、しばらく不安定な更新状態が続きそうです。
なるべく頑張ろうとは思ってるんですが。
ちょっとね、今は、時間が…あの、アレなんですよね。

早く楽になりたいです。いろんな意味で。

2005-11-01 23:48 | 音楽日記 | Comment(2) | Trackback(1)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。