スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- --:-- | スポンサー広告
ビートルズ ああビートルズ BEATLLICA

ノヴェルティ・ソングとは、テレビ/ラジオのジングルやスポーツの応援歌などを指し、ビートルズをトリビュートしたと思しきもの、ネタにした曲は多数存在しているんだとか。そんななかから特に興味深く、面白いナンバー24曲をセレクトしたのが今作です。(CDJournal)


確かにビートルズっていうのは「CMソングの帝王」って一面がありますよね。誰でも知ってるし、親しみやすい。今日も今日とて、きっとどっかしらのCMで、何かしらのビートルズソングが流れてるんでしょう。ビートルズソングのCMっていうと、スグに思い出すのがホンダのステップワゴン。“Ob-La-Di,Ob-La-Da”が使われていましたよね。しかも結構な年月、いろいろなミュージシャンが歌ってました。確かユッスー・ンドゥールとかそのあたりもやってたような気が。後は、やはり車ですがトヨタのラクティス?とかいう製品のCMで、“A Hard Day's Night”が使われてますね。こちらはシュガーカルトによるカヴァー。軽快かつ爽やかな雰囲気が、疾走する車の映像に合ってますな。

で、冒頭の記事ですが、そんなビートルズソングのカバーソングや、ビートルズを元ネタにした曲を一枚にまとめたCDが出るんだそうで。タイトルは“ビートルマニアクス!!! - ビートルズ・ノヴェルティの世界”と、いささかチープな雰囲気。「!!!」あたりが特に。まあソレはイイとして、ビートルズの楽曲ってのはオリジナルをそのままCM曲には使えませんので、必然的にカヴァーや「っポイ」曲が増えていくワケですね。と言っても、オフスプリングの“Why Don't You Get a Job”が“Ob-La-Di,Ob-La-Da”にクリソツだ、とか、オアシスのあの曲やあの曲やあの曲がビートルズをパクってる、とか、そういうコトではありませんよ。そんなコト言い出したら、世界に相当な数のビートルズパクリソングが存在しますし。このアルバムに収録されているのは純粋にビートルズの曲を自分たちなりにアレンジして演奏し、CMやジングルに使われた曲。ひょっとすると本家以上に耳にしたコトのある人が多いのかもしれません。このアルバムから本家に興味を持つ、なんて人もいるかもしれませんね。

そんなビートルズですが、東芝EMIのビートルズ公式ページがコチラでタイムリーな企画をやってます。ベタっちゃベタですが、勇気あるっちゃあ勇気ある企画ですね。「あなたの好きなビートルズのアルバムは?」ときましたよ。どうなんでしょう?“Rubber Soul”?“Revolver”?“Let It Be”?難しいですねーコレは。僕はというと“Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band”になりますかねえ。やはり金字塔ですから。まあ金字塔っていうのは“Revolver”アタリにも当てはまるのかもしれませんが、この“Sgt~”で感じられる実験性と普遍性の融和というのは、他に類を見ないところがありますからね。ある意味その後のロックの方向を決定付けた地図のような作品。コレが全ての出発点になっている、と言っても過言ではないと思うのですが、如何?

さて、そろそろオチを付けなければならないのですが、せっかくなのであるバンドを紹介して終わりにしましょ。最近流行のマッシュアップってのがありますよね?そのキッカケとなったのが、デンジャー・マウスのビートルズ×ジェイ・Zによる“グレイ・アルバム”なワケで、その後もビートルズ×ビースティ・ボーイズでビーストルズなんて架空のバンドの曲が話題になったりもしました。そんな中、キャラの濃さでは誰にも負けないのに、何か微妙に影が薄いバンド。BEATLLICA。さあもうお分かりですね?ビートルズと、今年サマソにも参戦するあのバンドの合いの子ですわ。分からない方はコチラ公式サイトをどうぞ。コイツらきっとバカですよー。基本的にはビートルズをメタリカ風にカヴァーしてるんですが、タイトルも歌詞も微妙に違うし、何よりゴリッゴリ。でもメタリカ風、ってだけあって、基本的なテクや歌は結構シッカリしてて、一聴の価値は十分。オススメは“A Garage Dayz Nite”ですかね。ステキですよー、そしてとてもバカです。

コチラはビートルマニアクス!!!のU.K.盤。日本版は4月21日発売です。
B000EJ9KGCBeatlemaniacs: The World of Beatles Novelty
Various Artists
Ace (U.K.) 2006-04-25

by G-Tools

そもそもこのジャケが素晴らしすぎる。もう何と言うか、紙一重ですよ。シングルだけでは知りえないビートルズの真髄がこのアルバムにある気がします。
B00005GL0Rサージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド
ザ・ビートルズ
東芝EMI 1998-03-11

by G-Tools


コチラはBEATLLICAのアルバム…なんて、紹介できるワケがない。でも、公式サイトを見る限りインディーでアルバム出してるみたいですね。日本で手に入れるのはマズ不可能でしょうな。返す返すも21世紀は素晴らしい。こんな超ド級のマイナーバンドの音源でさえネットで聴けるんですからね。ビル・ゲイツとか、いろんな人に感謝感謝です。

スポンサーサイト
2006-03-23 03:01 | 音楽日記 | Comment(5) | Trackback(1)
(独唱)~結婚編

ええ…つつがなく、と申すにはあまりにも結果オーライなカンジではありましたが、とにかく無事にアレを終えるコトが出来ました。コレで僕もいよいよ家庭を持ったワケで、自分自身に対し、ますますのご発展ご栄達を願うばかりでございます。お集まりいただいた方にはホント、頭が上がりません。ありがとうございました。

で、まあせっかくなので、披露宴で使った曲を簡単に紹介いたします。ハッキリ言って何の参考にもならないと思いますし、別に皆さん興味も無いでしょうけど、ワザワザ考えたんだからちょっとくらい書き残しておいてもイイじゃないか。大変だったんですよ?曲を決めるの。基本的にウェディングに使えそうな曲なんて持ってませんからね。持っててもベタベッタなヤツばっかで、だったら自分で決めなくてもイイだろう、みたいな。「Love」っていうキーワードで自分の音楽ライブラリを検索してみたら、もうさんさんたる結果でしたよ。まあ、とにかくこんなカンジでした。

■迎賓
So Much For The City/The Thrills *アルバム
■入場
You Gotta Be/Des'ree
■プロフィール紹介
1979/The Smashing Pumpkins (新郎)
Isn't She Lovely/Stevie Wonder (新婦)
■ケーキ入刀
Somebody to Love/Queen
■乾杯
Tubthumping/Chumbawamba
■お色直し退場
Mass Pike/The Get Up Kids (新婦)
It's A Shame/Detroit Spinners (新郎)
■お色直し入場~キャンドルサービス
(Just Like) Starting Over/John Lennon
Sunday Morning/Maroon 5
Whatever (I'm Free)/oasis
■メインキャンドル点灯
Tonight Tonight/The Smashing Pumpkins
■祝電披露
I Just Called To Say I Love You/Stevie Wonder
■花束贈呈
Evil And Flowers (piano version)/Bonnie Pink
■送賓
世界はそれを愛と呼ぶんだぜ/サンボマスター
小さな恋のうた/モンゴル800
雨上がり/レミオロメン
あの鐘をならすのはあなた/和田アキ子

この他、歓談は1時間分くらい作りましたが割愛です。とりあえず上を見て、どうですかコレ?適当も適当、スマパンでメインキャンドルに火を付ける人達もなかなかいないでしょ。彼女の趣味も入ってるとはいえ、ホント何とも言いがたい選曲です。一応比較的メジャーな曲を選ぶようココロがけたのですが、昼の披露宴なのに“Tonight Tonight”だったり、電報なのに“I Just Called To Say I Love You”だったり、最後に流れた曲が“あの鐘をならすのはあなた”だったり、微妙なラインを綱渡りしておりますね。もっと時間をかけて、じっくり考えたかった…なんて思わないでもないんですが、でもまあ決して悪い曲は入ってないし、アレです。コレも思い出ですからね。書き残させてください。

まだ暫くバタバタしてたり、旅行に行ってしまったりするので、3月中は更新が滞ると思いますが、なにとぞソコはご納得いただいて、よろしくお願いいたします、と、そういうコトが言いたい。うん。

2006-03-21 01:03 | 音楽日記 | Comment(2) | Trackback(0)
ただいま悪戦苦闘中/レディオヘッド

苦闘してる。ずっと、わなにはまり続けてるような気がする。すごくイライラしてる。進むのが遅くて、プレッシャーを感じてる。みんながクレイジーになるのに十分だ。俺はポジティヴじゃなきゃいけないはずなのに。


彼らの評価を不動のものとした名作“OK Computer”の未収録曲のレコーディングが報じられるなど、今年の音楽界において大きな話題になるであろうレディオヘッドの新譜。タイトルやなんかは未だ不明ですが、夏前には発売される見通しというコトで、今年のFUJIかサマソへの参戦があるのではないかとひそかに期待しておるのですが、どうやら雲行きがちと怪しいようで。

BARKSの記事によれば、レディオヘッドのトム・ヨークはニュー・アルバムの制作に苦戦中らしく、オフィシャルサイトにその苦しい胸のうちを書き連ねているとのコト。冒頭の文章はその一部ですが、他にも「髪の毛をかきむしってる」「やることがあり過ぎる」「苦戦中だ」「全てのことが不明瞭」「こんなこと書くべきじゃないんだろ」と、怒涛の如く言葉を並べ立ててグチっております。まあ、彼らの新譜ともなれば、周囲の期待がエラいコトになっているであろうと思いますし、仕方無いっちゃあ仕方無いんでしょうが。どっちにしろ、我々にしてみれば「がんばれー」としか言えませんし、そんなコト言ったら「俺はそんなコト言われなくても頑張っている。お前らはクレイジーだ」とか言いながら髪の毛を掻き毟りそうなのでほっとくのが吉。黙って待ちましょう。

大体、「俺はポジティヴじゃなきゃいけないはずなのに」って、そうでもないだろうトム・ヨーク。基本的にネガティブだし、ネガティブだからネットでグチってるだろうに。うー・・ん、やっぱアレだ。期待はしつつもほっときましょ。うん。

彼らの、というか、ある意味ロックの集大成であり、一つの到達点とさえいえるアルバム。聴いておくべきです。
B000002UJQOk Computer
Radiohead
Parlophone 2003-02-03

by G-Tools

ほっときたいけど、ほっとけない。そんなあなたに楠瀬誠志郎。さんはい、♪ほぉとけないよぉお~
B000BDJ5DO楠瀬誠志郎 ベスト10
楠瀬誠志郎
ユニバーサルJ 2005-11-09

by G-Tools

2006-03-15 20:29 | 音楽日記 | Comment(0) | Trackback(0)
FUJIROCK'06、第二弾出演者発表!

いやあ、こうしてちゃんとしたカタチで更新するのは2月24日以来ですから、いったい何日ぶりでしょうか?とにかく、やっとネット環境も復旧し、再び駄文を世に垂れ流すコトが出来るようになりました。今までお世話になってた方も、初めて読んだって方も、今後ともひとつよしなにお願いいたしますよ。

さて、復帰一発目の記事ですが…何を書きましょうかね?この休止期間の間に起こった大きな出来事というと、やはりFUJIとサマソの出演者発表でしょうかね。もう余りにも時期を逸しているので詳細には触れませんが、FUJIにレッチリ、サマソには日本の夏フェスにおける「まだ観ぬ大物」の一つであるメタリカが!登場するコトに相成りましたな。まあ僕個人の興味でいえば、サマソのフレイミング・リップスとマッシヴ・アタックですわ。主催のクリエイティブマンにはくれぐれも言っておきたい。くれぐれも、くれぐれもこの二組を室内に配置するなよ。絶対マリンかビーチ、いや、ビーチ一択だ。この二組をビーチで観られるなら一日券に5万払ってもイイ。いや、しかしそれは…やっぱ3万…ごめんなさい、2万5000で何とか。

というコトで、今年もFUJIROCKとSUMMERSONICの国内二大フェスの情報を追っかけていく所存でございますよ。と、そんな折、FUJIROCK.org他にて、公式より先に第二弾の出演者が発表されておりますよ!なんてタイミングが良いのでしょうか。早速ご紹介いたしましょう。FUJIROCK'06、第二弾出演者はコチラ。

The Spinto Band
Mumm-ra
STRAIGHTENER
THE REFUGEE ALL STARS
Super Furry Animals
Trashcan Sinatras
CLAP YOUR HANDS SAY YEAH
Jason Mraz
Johnny A.
Kula Shaker
Mystery Jets
THE LIKE
Yeah Yeah Yeahs

さあさあさあ!本来なら一つ一つのバンドに触れたいところですが、そうはクリスピアンが許しませんよ!復活クーラ・シェイカーが苗場の地に降り立つうわあああああ!あの狂気のグルーヴが遂に!いやいやいや、コレ、うわ、超スゲえ。超観たい。だって、彼らが登場してきたときの興奮を覚えている方は20台も半ばになっていると思いますが、相当なもんでしたよ。でしょ?違いますか20台半ばの人?それこそ今年の夏フェスに参加するアークティック・モンキーズやらクラップ・ユア・ハンズ・セイ・ヤー!(カタカナで書くとダサく感じますね)とか、それどころじゃない盛り上がりだったと。近年だとストロークスのデビュー時と同じかそれ以上の衝撃と盛り上がりだった…とまで書くとさすがに大ゲサですかね。にしても、苗場の空にあのぶっといベースラインが鳴り響くと思うと…うっわ。うっわ!

そしてSuper Furry Animalsも久々の登場ですねー。前回FUJIに参加したのは“ゲリラ”あたりでしたか。あのトキはレッドマーキーでしたが、流石に空気が違い過ぎるので、フィールド・オブ・ヘブンあたりで観たいなあ。ベストはドラゴンドラで登ったトコ(名前忘れました)。デビュー以来、日本ではどうしても地味というか、好きな人は好きだけど、そうじゃない人は名前も知らないみたいな位置づけですが、イイ機会ですからもっともっと多くの人に聴いてもらいたい、触れてみて欲しいバンドですね。

はぁ…アレですね、やはり音楽は素晴らしい。第二弾発表の時点で、スデになんだかのぼせ上がっちゃってますわ。このまるめてポイ。ってのはホント大したコトの無いblogではありますが、あなたの音楽生活に少しでもお役に立てればと思って駄文を書き連ねて参りますので、繰り返しになりますが、何卒よしなにお願い致します。

以上

“ヘイ・デュード”、“グレイトフル・ホエン・ユア・デッド”の2曲を聴いて腰が動いてしまわない人とは永遠に分かり合えないかもしれません。“ハッシュ”もステキですね。
B00008454Aザ・ベスト・オブ・クーラ・シェイカー (通常盤)
クーラ・シェイカー
ソニーレコード 2003-03-05

by G-Tools


ホントにどのアルバムも素晴らしすぎる彼らですが、やはりイマイチ知名度が低い気がするので、とりあえず聴いてもらえるならベスト盤ですな。コレを聴いて顔がニヤけない人とは一生分かり合えないかもしれません。
B0002ZEYY6ソングブック・ザ・シングルスVOL.1
スーパー・ファーリー・アニマルズ
ソニーミュージックエンタテインメント 2004-11-17

by G-Tools

2006-03-14 00:07 | FUJI日記 | Comment(0) | Trackback(0)
(独唱)

ようやく、ようやく我が家にもネット環境が復旧いたしました。
つらい道のりでした・・・イロイロあった。うん、あった。
音楽の世界に目を向けても、FUJI&サマソの出演者発表があったり、
デジタル音楽の世界でざわわざわわしてたり、更新できないのが歯がゆかったですよ。
とりあえず、またちんまりと運営していきますので、まるめてポイ。をよしなにお願いいたします。

2006-03-11 15:11 | 音楽無関係 | Comment(0) | Trackback(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。