スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- --:-- | スポンサー広告
バカがきた!!!/あふりらんぽ

バカ族と、唄うわ、踊るわ、組立て体操&相撲は取るわ、虫さされるわ……(CDJournal)


コイツら絶対名前だけで合いに行ったでしょ。あふりらんぽの新作は「バカ族と2004年春に約1ヵ月間ともに暮らし、ともに唄って踊った音源」にして、「遠くアフリカの大地で繰り広げられたミラクルなコラボレーション」。もう何がなんだか全く分からん。

CDJournalの記事によれば、海外リリースとなった“Kore Ga Mayaku Da”以来1年ぶりのアルバムを自主レーベルよりリリースするんだそうで。まあソレだけなら「おっ、あふりらんぽの新作だね。期待大。」で終わるんですけど、その内容が…「アフリカ・カメルーン奥地の森でピグミーのバカ族と共演した、貴重でミラクルなアルバム『バカがきた!!!』」ときましたよ。なんじゃそりゃ。もちろん期待大には変わりませんが、にしても全く音が想像つかん。相当アヴァンギャルドなんだろうなあ、ってトコが精一杯。つーか、コレも言葉で逃げてるだけなんですが。

逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ、と三回繰り返してみても、やはりコイツらと真っ向勝負は分が悪い。そもそも「脳みそすっぽんぽんロック」を志向する彼女らですから、真っ向も何も、勝てるワケがないんですよ。ココは潔く引きましょう。とにかくですね、バカ族について。いかんせん、日本人としてはどうしても軽んじてしまいそうな名前ですが、ピグミーといえば知る人ぞ知る音楽の天才集団ですわな。実際僕はあまり詳しくないのですが、それでも、ピグミーってのはやたら合唱がスゲえという話は癒しブームの頃によく聞いた覚えがあります。しかも天然のアフロビートですしね。あふりらんぽもある意味天然ですが。

まあアレだ。CDJournalの記事からも分かってもらえると思いますが、コレね、結局ワケ分からんのです。自分たちでもワケなんて分からん!と開き直ってしまいそうなトコロがあふりらんぽの凄みでもありますが。何にせよ、「バカ族」っていう名前だけで決めたってのはガチでしょうな。

ジョン・ゾーンのレーベルから「This is poison」との紹介で発売された前作。メジャーデビュー作であった“URUSA IN JAPAN”より更にワケ分からん内容、というかもはや前衛音楽。自由度高すぎ。タイトル通り、軽い気持ちで手を出すととんでもないコトになりかねませんよ。
B0009J4OJKKore Ga Mayaku Da
Afrirampo
Tzadik 2005-06-21

by G-Tools
スポンサーサイト

2006-06-13 22:17 | 音楽日記 | Comment(0) | Trackback(0)
Comment
コメントを書く
#


管理者にだけ表示 
Trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。