スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- --:-- | スポンサー広告
楽器がひとつ弾けるようになるなら?/FC2 TB企画

昔から、6歳の6月6日から芸に関することを始めると上達すると言われているそうです。(FC2トラックバックテーマ)


FC2のトラックバック企画には初参加ですな。今回のお題はというと、「楽器がひとつ弾けるようになるなら?」 というコトで、♪もしもピアノが弾ぃけぇ~たぁ~ならぁ~と古くから歌われている通り、古来より楽器を弾けるようになりたいというのは人間の本能に根ざした欲求なのであります。かくいう私も同様。物心つくや否やピアノをたしなみ、長じてはバンドに参加、ギターにドラム、ベースとヴォーカル以外はほぼ手を出してまいりました。やっすいサンプラーやミキサー、リズムボックスも買いましたよ。まあ結局何一つまっとうに身についてはいませんが…

とはいえですね、やはり楽器を弾いて音を出すというのは非常にこう、端的に言えば快感でありまして、何というか、ガーッ!とくるものがあるワケですよ。ガーッ!と。ガーッ!が分かりにくければクヮーッ!でもよろしい。とくかく、楽しい。そうマサにね、音楽ってのは文字通り「音を楽しむ」のであって、楽器ってのはそのツールなワケです。楽しくなるための器具なのです。

じゃあ、コレを踏まえて考えてみましょう。もし「楽器がひとつ弾けるようになるなら」 、私甘木が弾けるようになりたいのは、ずばりテルミンですクワーッ!テルミン、ご存知ですか?映画もあるのでご存知の方も多いと思いますが、一応簡単にご説明。テルミンとは、ロシアのテルミン博士が作り上げた世界最古の電子楽器にして、恐らくは世界で唯一の楽器に直接触れることなく音を奏でる楽器ですよ。じゃあどう音を出すかというと、テルミン本体の周りでこう手をふわふわりと動かすのですね。そうすると、その手の動きに反応して電子音が流れるという…まあ、スゴいんです。そのテルミン、昔、楽器店の試奏用に置いてあった(というかお遊び用に置いてあった)のを見かけ、興味津々、恐る恐る手を寄せたり引いたりしてみたコトがあるんですが、僕が悪かったのか機械がショボかったのか、弱弱しくフネフネ音がしただけで、何だか肩透かしをくらったような気になった覚えがあります。

とまあ、そんなワケで楽器が一つ弾けるようになるなら、もう間違いなくテルミン一択。だって空中で手を動かしてるだけで演奏できるんですよ?オケなしの指揮者みたいなもん。その特質上、毎回きっちりと演奏することは至難の技とされ、また世界を見渡しても奏者そのものがホトンドいないので、頑張り次第で「世界的テルミン奏者」なんて道も開かれているワケですよ。カーリング日本代表以上にチャンスがあります。6歳から始めていなくても、26歳の僕でもまだ遅くない。あるいは子供が6歳になったら早速テルミンやらせて、天才少年現る!ってのもイイな。

↓こんなカンジで演奏するワケですね、テルミン。めちゃくちゃカッコ良くないですか、ビーチ・ボーイズのブライアン・ウィルソンも出演し、“グッド・バイブレーション”でテルミンを使ったコトについてコメントしてます。 テルミン云々以前に映画として秀作なので、一見の価値アリですよ。
B00005V2JBテルミン ディレクターズ・エディション
レフ・セルゲイヴィッチ・テルミン クララ・ロックモア ブライアン・ウィルソン
PI,ASM 2002-02-22

by G-Tools

2006-06-06 21:09 | 音楽企画モノ | Comment(2) | Trackback(0)
ヴァン・モリソン、プリンス、でもダメだった/FUJIROCK'06

「迷った。本当はヴァン・モリソンを考えてたんだが」「ひとつはプリンス。でも、ダメだった。」(FUJIROCKERS.org)


いやはや。ちょっと前の記事ですが、ヴァン・モリソンにプリンスだぁ?おいおい、そんなん超ステキじゃねえか!超ステキだけど、夢は夢のままで、結局かなうコトはありませんでした…。まあソレはソレとして、FUJIROCK'06第7弾出演者が正式に発表されましたねえ。今回の目玉はなんと言っても、なんと言おうと電気グルーヴでしょうなあ。

で、早速第7弾のご紹介…、といく前に、しばし冒頭のorgインタビューを。大トリ=ストロークスをフジ系列のスポーツ新聞&テレビにすっぱ抜かれたorg、事前に「すっぱ抜き返し」を予告していた通り、なかなか気合の入った内容ですね。中でも大トリ決定の裏話が興味深い。小粒だの新鮮味が無いだの言われている今年のFUJIですが、水面下ではイロイロやってたんですな。ヴァン・モリソンにプリンスですよ?更に2組ほど候補がいたようですが、ウワサの流れていたデビッド・ボウイも含まれているんでしょうかね。メンバー的には入ってた可能性も十分ありますな。うわあ、この3組が3日間やりゃあイイのに。イイのに、っつっても結局来ないんだから仕方ないですけど。んで、ストロークスに関しては、他候補からなかなか色好い返事を得られない中、悩んだ末に逆オファーに乗ったってカンジみたいですね。にしても、プリンスも観たいですが、ヴァン・モリソン来てたらねえ?キャリア40年にして、未だ来日経験ナシ、そして今後も恐らく来日ナシの「最後の大物」ですよ。カナリ話題になってたでしょうな。文字通りの一生ものだったんですけどねえ。

というコトで、かなわなかった夢をいつまでも語ったトコロで仕方あるめえ。第7弾出演者は以下の通りでございます。

電気グルーヴ
STORY OF THE YEAR
BAXTER DURY
FRONTIER BACKYARD
CONGO NATTY feat. REVEL MC
BIRDY NAM NAM
DJ BAKU
JENNY LEWIS
ハリー・ホソノ・クインテット
THE THRILL
Anais

電気グルーヴには期待がかかりますな。今年は6年ぶりの新譜を予定しているというコトで、確実にナイスステージを演出してくれるコトでしょう。レッチリ前のグリーン。ホワイトのトリあたりで観たい気もしますが、どこぞの何J.OZMAや何maru GTよりもアゲアゲで上々↑↑なライブをガッツリ決めて欲しい。

JENNY LEWIS、一瞬Jerry Lee Lewisかと思って↑↑ですよ。POSTAL SERVICEにヴォーカル参加してた人ですね。ソロ作は聴いてないんですが、声がステキって印象。ホント「柔らかい」という表現がシックリきます。苗場で観るにはもってこいでしょうな。晴れてさえくれてれば…

THE THRILL、一瞬THE THRILLSかと思って(´Д`;)ハァハァですよ。アイルランドのメロディーメーカーズじゃなくて、日本を代表するビッグ・ジャズ・バンドの方ですね。ソレはソレで(゜∀゜)ノキュンキュン!ですな。渋さ知らズもそうですが、苗場の開放的な空気にはこういうバンドが映えますよね。100%楽しいライブになるでしょうな。

Baxter Duryは知らない人でしたが、かのIan Duryの息子さんらしいですね。かの“Sex,Drags&Rock'n Roll”はこのパパDuryのアルバムですわい。パブロックの代表的存在であり、パンクの祖とも言われるパパの血を引いたBaxterさんですが、彼の音は浮遊感のあるサイケデリックなカンジみたいですね。ポーティスヘッドやパルプ、スピリチュアライズドといったバンドのメンバーが周辺にいるようで、それだけでも稀有の才能を持っているコトがうかがい知れます。個人的にはかなり気になる存在。

その他第7弾出演者に関してはそのうちorgで特集するでしょ、ってコトで割愛。今回は更にROOKIE A GOGO!15組も決定しています。我らがビイドロの名が無いのですが、どうなんでしょうか。まだ1枠空いているので、逆転ホームランに期待ですよ。ちなみにorgではROOKIE特集の予定もあるようなので、例年予備知識が薄くなりがちなROOKIE対策も今年は万全ですな。んで、その他プチ情報としてMoon Caravanが復活、しかもタダ!ってな話やホワイトステージのスクリーンに流す映像の募集なんかも発表されてます。まあね、誰がなんと言おうと、日本のフェスでいえばFUJIが最高なのは目に見えてますから、後は追加出演者に一喜一憂しつつ、指折り数えてその日を待つだけです。みなさん、準備はもう…出来てますよね?

電気グルーヴとはどんなミュージシャンか?と問われるトキが来たら、こいつを聴かせてやればよい。2枚組の2枚目の方を特に。聴かされた方は大いに悩むコトでしょう。
B0001FAAYKSINGLES and STRIKES (CCCD)
電気グルーヴ
ソニーミュージックエンタテインメント 2004-03-24

by G-Tools

JENNY LEWISのソロデビュー作。調べたらRilo Kileyのヴォーカルやってたんですね。って言うか、Rilo Kileyのヴォーカルがソロデビューって方が正しいのか。音はRilo Kileyよりもポップ寄りみたいですね。再度繰り返しますが、声がステキ。
B000CQQHPYRabbit Fur Coat
Jenny Lewis with the Watson Twins
Team Love 2006-01-24

by G-Tools

名盤との評価を受けるBaxter Duryの2nd。聴いてみたいなあ。
B0007L7TP6Floor Show
Baxter Dury
Rough Trade 2005-08-22

by G-Tools

2006-06-02 02:32 | FUJI日記 | Comment(0) | Trackback(0)
かっけー!で、誰?/マイケル・ジャクソン

同施設の職員、山本さんの話によれば、児童はマイケルのことをあまり知らず、楽曲もよく聞いたことがないが、奇抜なファッションと身辺を囲むボディガードなどから、誰もが「かっこいい!」と感想を口にしたという。(BARKS)


全然知らない人が来たけど、ヘンなカッコしてるしゴッツいボディーガードはべらせてるしマスコミは詰め掛けてるし…よく分かんないけど「かっけー!で、誰?」と、そういうコトですね。しかもこの後渋谷でジャクソン5時代の自分の絵が描かれたTシャツを買って帰ったそうですな、マイケル・ジャクソン容疑…もといマイケル・ジャクソンさん。ひっさびさの、しかも緊急来日ってコトもあり、話題性はなかなかのものでしたな。とはいえ今回は余りにも唐突で、さらに言えばMTV Video Music Awards Japanの“功労賞”受賞のための来日で、特にはっちゃけたステージをこなしたとか、そういうコトも無く…まあ久本雅美から功労賞を手渡されるマイケルっていう絵はかなりシュールな気もしますが、何と言うか、施設の職員、山本さんの率直かつ誠実なコメントに人柄の暖かさを感じました。

B000A3H6EAエッセンシャル・マイケル・ジャクソン
マイケル・ジャクソン
Sony Music Direct 2005-08-24

by G-Tools

2006-05-30 00:33 | 音楽日記 | Comment(0) | Trackback(0)
時間さえあればサンバ奉行/ロナウジーニョ

得意のパーカッションを駆使して、時間さえあれば“サンバ奉行”としてノリの良いリズムを叩き出す彼本人の楽曲を含め14曲で構成されている。(ORICON)


W杯まであと1ヶ月を切ったワケですが、サスガに地元開催だった前回に比べ、若干盛り上がりに欠けるような気がする今日この頃。僕はどっちかというと、というか単体で比べればブッチ切りで野球派なのですが、それ以上にお祭り大好きっ子なので、日本代表には大いにはっちゃけてもらって、日本中をドッカンドッカン盛り上げていただきたいワケですよ。で、その為にはまず予選突破が絶対条件ですが、ソコへ大きな壁として立ちはだかるのが、世界最強「カナリア軍団」ブラジルなワケですねえ。評論家やら世間の声を聞いていると、「ブラジルには勝てない。残りのクロアチアとオーストラリアには必勝すべし。」との論調ですが、なんのなんの。ブラジルにだって隙がありますよ。今大会で最も注目されるプレーヤーの一人、ロナウジーニョがまさにそれ。

冒頭の記事によれば何やらロナウジーニョ選曲&参加のコンピが出るらしく、カエターノ・ヴェローゾのカバーまでしてるとか。随分な大御所をもってきたなロナウジーニョ。ブラジルの女性誌が行った「出場選手中、最も醜い選手は誰?」というアンケートで堂々一位を獲得したという個性的な顔をガッツリとあしらった実に攻撃的なジャケットで、この大事な時期に音楽界に殴りこみをかけてきた、と。しかも「時間さえあれば“サンバ奉行”」ですよ?「世界に誇る天才プレーヤー」だと考えるから強敵なのであって、「ヒマさえあればサンバばっかり踊ってるヤツ」と考えれば、決して勝てない相手ではない気がしてきませんか?まあ、ソレはソレでなんかスゴそう、ってのがブラジル代表のやっかいなトコですが。

ともあれ、ミュージシャン兼スポーツ選手っていうとまずクロマティを思い出してしまう僕は、もう十分過ぎるほどおっさんなんでしょうな。ただ、クロマティのスゴいトコロは、手首の怪我でシーズンを棒に振ったにも関わらず、オフにはしっかり復帰してドラムを叩いてた根性。ロナウジーニョの場合、足を怪我してもパーカスは普通に叩けますが、クロマティの場合手首ですからね。バット振れないけどドラムは叩けるってどういう野球選手なのか。まあ、クロマティでググっても「魁!!クロマティ高校」ばっかり出てくる時代ですから、今更語っても仕方ない話題ではありますが。結局何を言いたかったかというと、ガンバレ、ニッポン!って、ソレだけです。

B000FGG01Wゴー!ゴー!ロナウジーニョ
オムニバス
ユニバーサルインターナショナル 2006-05-27

by G-Tools

B0009I8VJK魁!!クロマティ高校 THE☆MOVIE 漢気音楽編
サントラ
キングレコード 2005-07-06

by G-Tools

2006-05-25 23:48 | 音楽日記 | Comment(0) | Trackback(0)
i帝国の逆襲、再び?/iPod

すべての自由思考者、反対意見者、不満分子に告ぐ。
「i独裁」に対抗し、立ち上がる時が来た。(ITmedia)


かれこれ3ヶ月にわたり故障中のわがiPod。さすが時代の最先端を行くハイテク機器だけあって、叩こうがひっくり返そうがビクともしない壊れっぷり。以前炊飯器が故障したときは、3日たったら勝手に直ったのになあ…。しかもキュリーンカリカリカリという音を立てながらも「困り顔マーク」を表示してくれるiPodと違って、電源すら入らない完璧な壊れっぷりだったんですが、仕方ないから買い替えようと思って新しい炊飯器を物色してたらイキナリ直ってました。ヤツなりに身の危険を感じたんでしょうか?それ以来、機械が故障しても、いったんはサボってるだけじゃないかと疑ってかかるコトにしてます。もちろんiPodもしかり。しばらく様子を見てもキュリーンカリカリカリしか言わないので、「新しいの買っちゃおっかなー」なんておもむろに独り言をつぶやいてみても「あっそ」ってなもんでお高くとまってやがります。そんなこんなで3ヶ月。音楽欠乏症も限界に近くなってまいりました。

でもなー。新しいのを買うにも先立つものが必要だし、タイミング的にも新世代iPodがいつくるか分からんし…なかなか手を出せずにいるんですよ。決断力の問題だ、って言われたらソレまでですが。でももちろん考えないでもありませんよ。そんなにまでしてiPodに拘らなくてもイイんじゃないか、他のでもイイじゃんか、とは。拘りさえ捨てれば、今やMP3プレーヤーなんて、それこそ999円から買えますからねえ。選択肢はイロイロあるワケですよ。だからね、もうiPodじゃなくたって、白くなくたって、ホイールをクリクリできなくたって…なくたって…ダメだ。iPodがイイ。デザイン、機能、周辺パーツの充実度にiTunesにiTMS、全てにおいてやっぱり一枚上手の存在であるコトは否定できません。僕は本来あまのじゃくな人間なので、iPodの人気振りには多少なりとも辟易するトコロもあるのですが、それでも、少なくとも今買うならiPodしか考えられません。だってステキなんですもの。

なんて僕は、彼らから見れば「iSheep」(iPodを聞きながらメエーと鳴く羊)とか「iChimp」(君はiチンパンジー?)だってコトなんでしょうか。冒頭の記事、デジタル音楽の世界を支配する「i帝国」に対し、「立てよ国民!」とばかりに決意を促すサイト「iDon't」が立ち上げられたんだとか。iPod以外のデジタルプレーヤーに関するリンク集やAppleのパロディサイトへのリンク、メッセージTシャツの販売などが活動の内容だそう。そういえば、昔アップルストアで買いたてのiPodをその場で叩き壊すという「Smash My iPod」なるサイトを立ち上げたイェゴー・シンプソンさん(当時19歳)、今何やってんのかなーと思ったら、未だにnanoを叩き壊したりしてるみたいですね…この子、絶対「Smash My PS3」もやるんだろうなあ。iDon'tがゲリラだとすれば、この子はアナーキストでしょうか。

まあ、今のトコロ、ユーザレベルの反帝国活動はあまり規模が大きくないというか、帝国側からしてみればさほど気にする必要のない感じ。むしろ他の敵に目を奪われていて、こんな活動を気にしてる場合じゃないってトコでしょうな。実際問題、今後もi帝国が安泰かと問われれば、ソレは不明瞭この上ない。MicrosoftのWMP11とURGEが意外とイイ感じみたいですし、メーカーと協力してWMPとシームレスに連携するようなハードを増やせれば、i帝国の牙城をジワジワと切り崩す可能性もあります。i帝国の閉鎖性はユーザの突出した支持があるからこそ生きるワケで、気づいたらいつの間にか反帝国連合に周囲を取り囲まれていた、なんていう、過去にMacが犯した過ちを繰り返すコトは絶対に避けなければなりません。また、フランスみたいに単一ソースの規制に乗り出す国もあるかもしれません。そう、帝国の敵はiDon'tだけではないのです。いつドコからジェダイの騎士が現れるか、ソレは誰にも分かりません。

そんなApple「i帝国」。現在はようやくMacのIntel移行が一段落し、さあコレから、ってトコですね。徐々に高まりつつある反帝国の動きの中、昨年iTMS-Jに第五世代iPod、そして動画配信の開始で見せたような「帝国の逆襲」再び!もと行くんででしょうか。イチ消費者としては楽しみこの上ない展開。iPodを普通に修理しなくて良かった、と思わせてくれるような怒涛の攻勢を楽しみにしときましょう。まだまだ世は荒れていきまっせー!!

2006-05-24 00:53 | 音楽林檎印 | Comment(0) | Trackback(0)
<Prev | Next>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。